ダウンジャケットの下に着るインナー特集!おしゃれ見え着こなしテクを解説!

ダウンジャケットの下に着るインナーは、どんなものがおすすめなのでしょうか?基本的には、ダウンジャケットよりも薄着というのはもちろんですが、着丈がどうなのかも気になるところ。そこで、インナー選びのポイントやおしゃれに見える着こなしテクをご紹介します!

ダイエット診断

目次

  1. ダウンジャケットの下に着るインナー特集!
  2. ダウンジャケットの下に着るインナー選びのポイント
  3. サイズは大きすぎないものを
  4. 生地のボリューム感を考える
  5. 首回りはボリューミーにならないようにする
  6. ダウンジャケットとの着丈バランスを考える
  7. ダウンジャケットの下に着るインナー【①ニット】
  8. 1.ダウンジャケット×ニット×シャツ×スラックス
  9. 2.ダウンジャケット×ニット×チノパン
  10. 3.ダウンジャケット×ニット×デニム
  11. 4.ダウンジャケット×ニット×シャツ×ブラックデニム
  12. 5.ダウンジャケット×ニット×スキニー
  13. ダウンジャケットの下に着るインナー【②シャツ】
  14. 1.ダウンジャケット×スウェット×シャツ×スキニーデニム
  15. 2.ダウンジャケット×シャツ×スキニー
  16. 3.ダウンジャケット×シャツ×カットソー×コーデュロイパンツ
  17. 4.ダウンジャケット×シャツ×コーデュロイパンツ
  18. 5.ダウンジャケット×シャツ×ブラックデニム
  19. ダウンジャケットの下に着るインナー【③パーカー】
  20. 1.ダウンジャケット×パーカー×カットソー×スキニー
  21. 2.ダウンジャケット×パーカー×Tシャツ×ブラックデニム
  22. 3.ダウンジャケット×パーカー×パンツ
  23. 4.ダウンジャケット×パーカー×スラックス
  24. 5.ダウンジャケット×パーカー×デニム
  25. ダウンジャケットの下に着るインナー【④カーディガン】
  26. 1.ダウンジャケット×カーディガン×シャツ×スラックス
  27. 2.ダウンジャケット×カーディガン×デニム
  28. 3.ダウンジャケット×カーディガン×シャツ×パンツ
  29. 4.ダウンジャケット×カーディガン×Tシャツ×チノパン
  30. 5.ダウンジャケット×カーディガン×シャツ×チノパン
  31. ダウンジャケットの下に着るインナー【⑤Tシャツ・カットソー】
  32. 1.ダウンジャケット×Tシャツ×ブラックデニム
  33. 2.ダウンジャケット×カットソー×スキニー
  34. 3.ダウンジャケット×カットソー×パンツ
  35. 4.ダウンジャケット×カットソー×パンツ
  36. 5.ダウンジャケット×カットソーレイヤード×パンツ
  37. ダウンジャケットはどんなインナーにも合って万能!

ダウンジャケットの下に着るインナー特集!

出典:https://zozo.jp/shop/rockymonroe/goods/52883616/?did=87163041&rid=1203

冬に大活躍するダウンジャケットですが、下に着るインナーはみなさんどうしていますか?なんとなくフィーリングで選んでいる…という方も多いのではないでしょうか?こちらでは、実際に着ることが多い、ニット・シャツ・パーカー・カーディガン・Tシャツ・カットソーを取り入れたおすすめの着こなしを厳選。

コーデをご紹介する前に、まずは、インナー選びのポイントを見ていきましょう。

ダウンジャケットの下に着るインナー選びのポイント

出典:https://zozo.jp/shop/alustandard/goods-sale/46912357/?did=84500002

下記では、ダウンジャケットの下に着るインナーを選ぶときに気を付けるポイントを解説します。どんなところに気を付ければよいのか?それぞれのポイントを押さえながらご覧ください。

サイズは大きすぎないものを

出典:https://zozo.jp/shop/remer/goods/52014779/?did=83921269

サイズは、インナー、ダウンジャケットともに大きすぎるサイズはNG。ボトムスと合わせて全体のコーデバランスがちぐはぐにならないように気を付けましょう。インナーの袖が、ダウンジャケットからはみ出ていたら、なんだか少しカッコ悪いですよね。こなれた印象に見せるには、ダボダボよりも、程よいサイズ感が肝心です。

生地のボリューム感を考える

出典:https://zozo.jp/shop/kutir/goods/52837150/?did=86909978

インナーの生地のボリューム感も重要です。せっかく着こなしが決まっても、着膨れしていては残念なコーデになってしまいますよね。そうならないためにも、ダウンジャケットと合わせて着た時のボリューム感は大丈夫なのかもチェックしてください。特に、ニットやパーカーなどは、ボリュームが出やすいので、体型と合わせて実際に着て確認しましょう。

首回りはボリューミーにならないようにする

出典:https://zozo.jp/shop/wego/goods-sale/45064458/?did=78801118

首回りがボリューミーにならないようにすることも肝心。上下のコーデバランスが整っていても、首回りにボリュームが出過ぎてしまうとちょっと残念なコーデになってしまいます。特にフード付きのパーカーを合わせる際は、フードなしのダウンジャケットを合わせるようにしましょう。

パーカーもダウンジャケットもフード付きのもので合わせる着こなしもありますが、女子ウケがイマイチであまりおすすめではないです。

ダウンジャケットとの着丈バランスを考える

出典:https://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods-sale/49322735/?did=80233297

ダウンジャケットもそうですが、着丈のバランスも重要です。特にインナーは、だらしないコーデと思われてしまうことがあるので、ダウンジャケットとのバランスを意識しましょう。ダウンジャケットよりもはるかに長い丈のインナーは、どちらかというとだらしない印象になりがち。

合わせ方によって上手にまとめられる方法もあるので、これから解説するコーデを参考にしてみてくださいね。

ダウンジャケットの下に着るインナー【①ニット】

出典:https://zozo.jp/shop/beams/goods/49828351/?did=80906378&rid=1203

ダウンジャケットの下に着るインナー「ニット編」をご紹介します。こちらでご紹介する着こなしは、レイヤード(重ね着)やカラーバランスなども参考になるので、そこにも注目してみてください。

1.ダウンジャケット×ニット×シャツ×スラックス

出典:https://wear.jp/sensenakajima/16087228/

こちらは、ダウンジャケットにブルーのニットを合わせたメンズコーデです。ニットの下には、白シャツをレイヤードして爽やかなコーデを演出。スラックスと靴を同系色でまとめると、こなれ感が引き立つ着こなしに。ブラックコーデの中に、ブルーのニット持ってくることで程よい差し色がプラスされ、華やかできれい目なスタイルが完成します。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:ZIP FIVE(¥9,900)
・ニット:KUUUPY(¥5,940)
・シャツ:INTER FACTORY(¥8,140)
・スラックス:Casper John(¥5,500)
・靴::Dr.Martens(¥24,200)

スラックス私服メンズコーデ特集。春夏秋冬別の着こなしテクを解説

2.ダウンジャケット×ニット×チノパン

出典:https://wear.jp/taka0915/11555839/

ダウンジャケットに、ニットとチノパンを合わせたメンズコーデ。インナーのニットは、グレーをチョイスして、全体をモノトーンコーデにまとめています。ダークな印象になりがちのコーデも、足元に白のスニーカーを合わせることで、一気にライトな雰囲気に。大人の色気漂う大人カジュアルスタイルです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:CANADA GOOSE(¥113,300)
・ニット:TOMORROWLAND(¥17,600)
・チノパン:SHIPS JET BLUE

チノパンのメンズコーデ特集。ダサ見えNG例〜季節別の着こなし術を徹底解説

3.ダウンジャケット×ニット×デニム

出典:https://wear.jp/bunichi/16197825/

黒のダウンジャケットにベージュのインナーを合わせたメンズコーデです。ボディバッグを斜めがけで取り入れることで、トレンド感がプラスされた着こなしに。バッグと同系色のスニーカーで統一感をプラスしています。デニムは濃いブルーのものをチョイスし、裾をロールアップすることで、靴下のレッドカラーがアクセントになりこなれ感がUP。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(¥35,200)
・ニット:PUBLIC TOKYO(¥8,910)
・ボディバッグ:PUBLIC TOKYO(¥13,200)
・デニム:GU
・スニーカー:VANS(¥7,150)

4.ダウンジャケット×ニット×シャツ×ブラックデニム

出典:https://wear.jp/komabakko61/16406308/

ベージュ系のダウンジャケットのインナーには、ホワイトのニットをチョイス。チェックシャツをレイヤードして首元にポイントをプラスしています。ブーツはダウンジャケットと同じカラーで統一。ボトムスには、ブラックカラーのデニムをロールアップして取り入れることで、アクティブなニュアンスが溶け込みますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:R.NEWBOLD
・ニット:UNIQLO(¥3,289)
・シャツ:NEWYORKER
・ブラックデニム:UNIQLO
・ショートブーツ:Timberland(¥26,400)

5.ダウンジャケット×ニット×スキニー

出典:https://wear.jp/zakki527/16039201/

カーキのダウンジャケットにホワイトのニット、黒スキニーを合わせたシンプルコーデです。足元は、スニーカーでカジュアルダウン。ボディバッグを斜めがけで取り入れれば、こなれ感と旬な装いが増す着こなしに仕上がりますね。カラーバランスも上品なきれい目スタイルです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:ADAM ET ROPE'(¥37,400)
・ニット:DOOPZ(¥6,930)
・ボディバッグ:PUBLIC TOKYO(¥13,200)
・スキニー:LIDNM(¥6,600)
・スニーカー:Reebok(¥19,800)

黒スキニーのおすすめブランド完全版!特徴&魅力〜メンズコーデ例まで紹介!

ダウンジャケットの下に着るインナー【②シャツ】

出典:https://zozo.jp/shop/edifice/goods/52737821/?did=86336788

ダウンジャケットの下に着るインナー「シャツ編」のご紹介です。合わせ方にワザが光る着こなしが満載なので、「シャツを持っているけれど、着こなし方がわからないのであまり着ていない…」という方も参考にしてくださいね。

1.ダウンジャケット×スウェット×シャツ×スキニーデニム

出典:https://wear.jp/yuto0427/15978366/

ダウンジャケットのインナーにシャツを合わせるなら、レイヤードコーデがおすすめ。白シャツに黒のスウェットをレイヤードして、シャツの裾を出して着こなせば、一気におしゃれな装いになります。全体をブラックカラーでまとめているので、シャツの裾だけでなく、足元もロールアップで抜け感を作るとグッドです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:FEKETE(¥11,000)
・ニット:NEON SIGN(¥25,300)
・シャツ:INTER FACTORY(¥8,140)
・スキニーデニム:LIDNM(¥6,600)
・靴:Casper John(¥9,900)

スウェットおすすめブランド25選!定番〜高級品の選び方&コーデを解説!

2.ダウンジャケット×シャツ×スキニー

出典:https://wear.jp/kouki1980/17395489/

グレーのダウンジャケットのインナーに合わせるのは、ブルーカラーのシャツやデニムシャツもアリ。ボトムスも黒のスキニーでダークな分、インナーのカラーの明るさがアクセントになりますね。足元は、スニーカーで大人カジュアルに着こなして。海辺の装いにもピッタリなメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:CANADA GOOSE(¥99,000)
・シャツ:ZARA
・スキニー:American Eagle(¥6,589)
・スニーカー:adidas(¥15,400)

3.ダウンジャケット×シャツ×カットソー×コーデュロイパンツ

出典:https://wear.jp/subclutch1/16625967/

ダウンジャケットに合わせるシャツは、小ワザを効かせるのもポイント。シャツのボタンをあえて外して着こなしTシャツをチラ見せすることで、レイヤードコーデも思いのままです。ボトムスは、ホワイトカラーを取り入れているので、足元はジャケットと同じ黒を合わせてコーデを引き締め。シャツのピンク系の明るい色が映える大人のメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:PUBLIC TOKYO
・シャツ:PUBLIC TOKYO(¥14,300)
・Tシャツ:PUBLIC TOKYO(¥5,280)
・コーデュロイパンツ:PUBLIC TOKYO(¥16,500)

4.ダウンジャケット×シャツ×コーデュロイパンツ

出典:https://wear.jp/taurusho/16060680/

黒のダウンジャケットに黒のシャツ、ブラウンのコーデュロイパンツを合わせたメンズコーデ。上下ともにダークなカラーでまとめて、大人カッコいいカジュアルコーデに仕上げています。シャツは、裾をボトムスにインせず出して着こなすことで、程よい抜け感が。足元もスニーカーではなく、レザーシューズを取り入れて、さらに大人の印象が引き立ちますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:GALLIS ADDICTION(¥24,200)
・シャツ:nano・universe(¥6,600)
・コーデュロイパンツ:green label relaxing(¥9,790)
・靴:Dr.Martens(¥23,100)

5.ダウンジャケット×シャツ×ブラックデニム

出典:https://wear.jp/11131819/16326401/

黒のダウンジャケットに、グレーのシャツ、ブラックデニムを合わせたコーデ。程よくゆとりのあるインナーをチョイスすることで、大人の余裕のある着こなしになります。ダウンジャケットはパーカーが付いているので、インナーのシャツは、オープンカラーのものを合わせてしっかりとボリュームダウン。白のTシャツのレイヤードも上手くマッチしていますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:ALU STANDARD(¥8,910)
・シャツ:GU(¥2,189)
・Tシャツ:UNIQLO(¥1,100)
・スキニーデニム:UNIQLO(¥4,389)
・靴:Dr.Martens(¥23,100)

ダウンジャケットの下に着るインナー【③パーカー】

出典:https://zozo.jp/shop/mono-mart/goods-sale/47602355/?did=77932537

次は、ダウンジャケットの下に着るインナー「パーカー編」です。カジュアルな印象が強いパーカーですが、「女子ウケするような大人カッコいいコーデがしたい!」という方にもおすすめのコーデをご紹介します。

1.ダウンジャケット×パーカー×カットソー×スキニー

出典:https://wear.jp/hellokeisuk/15783621/

こちらは、黒のダウンジャケットに、ブラウンのパーカーを合わせたメンズコーデです。パーカーを合わせるとボリュームのある着こなしになりがちですが、薄手の生地のものを選んでそこを軽減。ボトムスにスキニーデニムを取り入れてYラインを作ることで、メリハリのある着こなしに仕上がっています。レイヤードした白Tシャツがいいアクセントになっていますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:BASQUE magenta(¥8,800)
・パーカー:GU
・スキニー:ADRER(¥6,600)
・スニーカー:ADRER(¥14,850)

2.ダウンジャケット×パーカー×Tシャツ×ブラックデニム

出典:https://wear.jp/fourone41/16003823/

上下のカラートーンがメリハリのあるモノトーンコーデ。こちらもYシルエットを意識して上手にまとめています。パーカーに白のTシャツをレイヤードして裾から出せば、コーデバランスも絶妙。足元にもモノトーンカラーのスニーカーをプラスすることで、アクセントにもなりますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:GU
・パーカー:GU
・Tシャツ:003 J.FERRY(¥4,389)
・デニム:ZOZO(¥3,870)
・スニーカー:VANS(¥9,350)

パーカーのメンズコーデ33選|人気ブランドでおしゃれに着こなすテクも紹介

3.ダウンジャケット×パーカー×パンツ

出典:https://wear.jp/tarochin1228/16677460/

黒のダウンジャケットに、ブルーのパーカー、ベージュパンツを合わせた爽やか大人カジュアル。素材は、しっかりと温かさをキープしつつも、カラー使いが鮮やかです。ボトムスのベージュの明るいトーンが、コーデの幅をぐんと引き立てています。全体が明るめなので、足元は黒のスニーカー取り入れてコーデを引き締めて。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:UNIQLO(¥8,789)
・パーカー:GU
・パンツ:GU
・スニーカー:NEW BALANCE

4.ダウンジャケット×パーカー×スラックス

出典:https://wear.jp/2kaketa/16316782/

韓国ファッションをベースに、ブラックとホワイトのモノトーンコーデを組み立てた着こなし。ダウンジャケットとパーカーは、黒で統一し、スラックスとスニーカーは白でまとめています。全体的にビッグシルエットのコーデですが、大きすぎず程よいサイズ感ですね。ジャケットがドロップショルダーになっているので、パーカー合わせも違和感なく着こなせますよ。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:M.P Studios(¥16,980)
・パーカー:ADER error
・スラックス:M.P Studios(¥10,800)
・スニーカー:NERDY

5.ダウンジャケット×パーカー×デニム

出典:https://wear.jp/reishi2552/16417538/

黒のダウンジャケットに、グレーのパーカー、デニムを合わせたリラックス感漂うコーデ。パーカーのフードはダウンジャケットにインして、首回りのボリュームを押さえています。トップスとボトムスのカラーを優しい色合いに抑えることで、大人の余裕のある着こなしに。足元のスニーカーは、白をチョイスして差し色を取り入れましょう。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:UNIQLO
・パーカー:GU
・スニーカー:adidas Originals(¥15,400)

ダウンジャケットの下に着るインナー【④カーディガン】

出典:https://zozo.jp/shop/bminglifestore/goods/7108070/?did=19509788

ダウンジャケットの下に着るインナー「カーディガン編」のご紹介。アウターとして着ることが多いカーディガンですが、ダウンジャケットの下のインナーとしても大活躍するんです。防寒対策としてはもちろん、おしゃれのアクセントにもなるので、チェックしてみてください。

1.ダウンジャケット×カーディガン×シャツ×スラックス

出典:https://wear.jp/hiro869/16438408/

ダウンジャケットに、カーディガン、シャツ、スラックスを合わせたメンズコーデ。カーディガンをインナーにするのは難しそうですが、シャツをレイヤードすることでこなれ感漂うコーデに。スラックスをボトムスに組み込むことで、おしゃれなカジュアル感を引き出せます。足元は、ドレスシューズをチョイスして全体のテイストをまとめましょう。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:THE NORTH FACE(¥60,500)
・カーディガン:Thom Browne(¥233,200)
・スラックス:UNIQLO
・靴:THOM BROWNE(¥91,300)

カーディガンが人気のメンズブランド15選!安い物〜高級品までおすすめを紹介!

2.ダウンジャケット×カーディガン×デニム

出典:https://wear.jp/09082315744/16194704/

黒のダウンジャケットに、同系色のカーディガン、デニムを合わせたメンズコーデ。かっちりとしたイメージのカーディガンも、ライトカラーのデニムと合わせれば、カジュアルダウンした印象になります。カーディガンのボタンは、下の方を留めずに合わせるのがおしゃれに着こなすポイントです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:ZARA
・カーディガン:BEAUTY&Youth
・デニム:URBAN RESEARCH
・スニーカー:CONVERSE

3.ダウンジャケット×カーディガン×シャツ×パンツ

出典:https://wear.jp/edifice30/10549415/

ロング丈のダウンジャケットに、グレーのカーディガン、ギンガムチェックシャツを合わせて。ボトムスに合わせたデニムとの相性も抜群です。アウターにボリュームがあるので、薄手のトップス同士をレイヤードしてコーデ。洗練されたこなれ感がサマになりますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:CANADA GOOSE(¥101,200)
・カーディガン:EDIFICE(¥17,600)
・靴:EDIFICE(¥14,300)

4.ダウンジャケット×カーディガン×Tシャツ×チノパン

出典:https://wear.jp/hyskyoto000/16201937/

ダウンジャケットに合わせたカーディガンは、スタッズ付きでコーデのちょっとしたポイントに。Tシャツをレイヤードしてプラスすることで、より引き立ちます。黒のチノパンと合わせればカッコいい大人カジュアルコーデの完成です。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:HYSTERIC GLAMOUR(¥107,800)
・カーディガン:HYSTERIC GLAMOUR(¥30,800)
・チノパン:HYSTERIC GLAMOUR(¥21,780)
・Tシャツ:HYSTERIC GLAMOUR(¥16,280)

5.ダウンジャケット×カーディガン×シャツ×チノパン

出典:https://wear.jp/repopoo/16035854/

ダウンジャケットのインナーに、カーキカラーのカーディガンと白シャツを投入。黒のチノパンをボトムスに取り入れて、カラーバランスが程よいメンズコーデになっています。足元には、ローファーとスニーカーの中間のようなアイテム「レザースポックシューズ」をプラスし、全体の雰囲気を上手にまとめたメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:MR.OLIVE(¥40,700)
・カーディガン:crepuscule(¥22,000)
・シャツ:MHL.(¥13,200)
・チノパン:order(¥9,350)
・靴:SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(¥8,800)

ダウンジャケットの下に着るインナー【⑤Tシャツ・カットソー】

出典:https://zozo.jp/shop/alustandard/goods-sale/46912357/?did=84500004

ダウンジャケットの下に着るインナー「Tシャツ・カットソー編」をご紹介します。薄着の定番アイテムでもあるTシャツやカットソーは、ダウンジャケットのインナーにも欠かせないアイテム。着丈やカラーバランスにも注目してみてくださいね。

1.ダウンジャケット×Tシャツ×ブラックデニム

出典:https://wear.jp/b2nd605/17644557/

ダウンジャケットに、白のTシャツ、黒のリメイクデニムを合わせたモノトーンメンズコーデ。どことなくエレガントな雰囲気のダウンジャケットのインナーに、Tシャツを加えることでカジュアルな印象に。ダメージが施されたデニムの質感と程よく合いますね。足元に、メタリックカラーのスニーカーを取り入れて、スパイスの効いた着こなしに仕上がっています。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:EMMETI(¥187,000)
・Tシャツ:junhashimoto(¥13,200)
・ブラックデニム:surt(¥41,800)
・スニーカー:B'2nd(¥53,900)

2.ダウンジャケット×カットソー×スキニー

出典:https://wear.jp/btsaic/16283668/

アウターからボトムスに至るまで、黒一色のオールブラックコーデ。ダウンジャケットは、丈が少し長めのものを合わせています。カットソーの上に、デニムジャケットをレイヤードしておしゃれ感UP。黒のスキニーデニムを合わせれば、メリハリのある着こなしが叶います。足元のブルーのスニーカーが、ちょっとしたワンポイントになっていますね。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:UNIQLO
・デニムジャケット:UNIQLO
・カットソー:GU
・スキニー:WEGO(¥4,389)

3.ダウンジャケット×カットソー×パンツ

出典:https://wear.jp/kriffmayer/16249691/

カーキでスタイリッシュな装いのダウンジャケットに合わせるのは、黒のプリントTシャツ。落ち着きのある程よいカラーのクライミングパンツと合わせて、大人カジュアルな印象を醸し出しています。足元のスニーカーは、パンツのカラーと色味を合わせて統一感UP。リラックスした雰囲気漂うメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:KRIFF MAYER(¥53,680)
・Tシャツ:KRIFF MAYER(¥4,290)
・パンツ:KRIFF MAYER(¥8,690)

4.ダウンジャケット×カットソー×パンツ

出典:https://wear.jp/hirokuni92/16243054/

黒のダウンジャケットに、ロング丈の白のカットソー、黒のスキニーパンツを合わせて。シンプルなモノトーンコーデですが、靴にローファーを持ってくることでこなれた印象に。ジャケットにボリュームがある分、ボトムスはスキニーで引き締めています。Yラインを上手に意識したメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:FREAK'S STORE(¥129,800)
・カットソー:RAGEBLUE(¥2,090)
・パンツ:UNIQLO(¥2,189)
・靴:Dr.Martens

5.ダウンジャケット×カットソーレイヤード×パンツ

出典:https://wear.jp/1031yu10/16216418/

ダウンジャケットに、心地よいグレーカラーのカットソーを合わせて。グレーのカットソーの下には、白のカットソーをレイヤードしてコーデしています。ボトムスは、ブルーカラーのパンツをチョイス。白のスニーカーがいいアクセントになっていますね。全体のコントラストが絶妙なコーデです。

▼着用アイテム

・ダウンジャケット:STUDIOUS(¥30,250)
・カットソー上:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(¥4,950)
・カットソー下:RAGEBLUE(¥2,750)
・パンツ:niko and...(¥3,850)
・スニーカー:adidas(¥13,200)

ダウンジャケットはどんなインナーにも合って万能!

出典:https://zozo.jp/shop/rockymonroe/goods/52883618/?did=87163058&rid=1203

ダウンジャケットの下に着るインナーは、選び方のポイントや合わせ方次第で何通りもの着こなしが可能。Tシャツからニットまで、着る時の気温に合わせて調節しましょう。ボトムスと合わせた時のシルエットを意識するのがポイントになるので、全体のコーデバランスに迷ったら、こちらの着こなしテクを参考にしてみてくださいね!

ダイエット診断