ダッフルコートのメンズブランドおすすめ20選!定番〜コスパ・高級別!

北欧発祥のダッフルコートは、冬に定番のアウターです。今回は、ダッフルコートのおすすめメンズブランドに加え、人気カラーやロング・ショートなどの丈についても紹介します。ダサいメンズコーデにならないための失敗しない選び方も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ダッフルコートのメンズブランド完全版!
  2. ダッフルコートの選び方&メンズコーデの秘訣
  3. ①落ち着いたカラーを選ぶ
  4. ②素材をチェック
  5. ③おすすめはロング丈
  6. ④子供っぽくならないようにする
  7. ⑤重くないメンズコーデを意識する
  8. メンズ向けダッフルコートのおすすめブランド【定番編】
  9. LONDON TRADITION(ロンドントラディション)
  10. Gloverall(グローバーオール)
  11. SHIPS(シップス)
  12. MONTGOMERY(モンゴメリー)
  13. nano・universe(ナノユニバース)
  14. BARK(バーク)
  15. Orcival(オーシバル)
  16. BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)
  17. メンズ向けダッフルコートのおすすめブランド【コスパ編】
  18. Nylaus (ナイラス)
  19. kutir(クティール)
  20. improves(インプルーブス)
  21. RAGEBLUE(レイジブルー)
  22. BEAMS(ビームス)
  23. WEGO(ウィゴー)
  24. メンズ向けダッフルコートのおすすめブランド【高級編】
  25. MACKINTOSH(マッキントッシュ)
  26. EMMETI(エンメティ)
  27. GRENFELL(グレンフェル)
  28. LAVENHAM(ラベンハム)
  29. Paul Smith(ポールスミス)
  30. scye(サイ)
  31. wearのメンズコーデランキングから見る人気のダッフルコート
  32. ダッフルコート×デニムジーンズ
  33. ダッフルコート×パーカー
  34. ダッフルコート×デニムシャツ
  35. ダッフルコート×ニット
  36. ダッフルコート×チノパンツ
  37. ダッフルコート×サングラス
  38. ダッフルコート×ハット
  39. ダッフルコート×ボーターシャツ
  40. ダッフルコート×タートルネックニット
  41. ダッフルコート×スキニージーンズ
  42. その他、ダッフルコートの人気アイテムもチェック
  43. 自分に合ったダッフルコートのブランドを見つけよう

ダッフルコートのメンズブランド完全版!

出典: https://wear.jp/fukiharu0804/16228951/

冬の定番アイテムとして人気の高いアウター、ダッフルコートは、元々は海軍兵の防寒具として開発されたアイテムです。ウールメルトン素材が主流でしたが、最近ではさまざまな素材を使用したダッフルコートが販売されており、多くのメンズがコーデに取り入れるようになりました。

今回は、ダッフルコートを販売しているおすすめのブランドを紹介するとともに、上手なダッフルコートの選び方やメンズコーデのコツについても説明します。

ダッフルコートの選び方&メンズコーデの秘訣

出典: https://wear.jp/oid3816/13541807/

ここでは、ダッフルコートに興味はあるけど、選び方が分からなかったり上手にコーディネートできないとお悩みのメンズに、参考にしてほしいポイントを紹介します。購入してから後悔しないように、しっかりとポイントを確認してからダッフルコートを選んでください。

①落ち着いたカラーを選ぶ

出典: https://zozo.jp/shop/unitedtokyo/goods-sale/33950970/?did=61628386

まず、ダッフルコートの購入で失敗しないためには、落ち着いたシックなカラーを選びましょう。おすすめはネイビーやブラックといった今期のトレンドカラーです。ダークカラーは他のアイテムを気にすることなく合わすことができるので、コーデを考えるのが苦手な方にも着こなししやすくおすすめです。

②素材をチェック

出典: https://zozo.jp/shop/kutir/goods/53029631/?did=87948156

ダッフルコートの素材はウールメルトンが定番ですが、ナイロンなどの素材でデザインされたものも存在します。初心者の方におすすめなのは、着こなしを気にすることなく合わすことができ、昔から使用されている定番のウールメルトン素材です。保温性が高いダッフルコートは重くて着づらいと感じる方は、ナイロンのダッフルコートも試してみてください。

③おすすめはロング丈

出典: https://zozo.jp/shop/unitedtokyo/goods-sale/33950970/?did=61628386

裾丈の長さによって着こなしのイメージが変わるダッフルコートですが、今期の流行は膝にかかるくらいのロング丈です。ロング丈のダッフルコートはお尻や太ももなどの気になる部分を隠してくれるのに加え、きれいな縦長のシルエットをつくることができます。おしゃれ度も他の丈よりも高いので、着こなしが苦手な方にもロング丈はおすすめです。

④子供っぽくならないようにする

出典: https://zozo.jp/shop/hystericglamour/goods/2951905/?did=11204386

冬のアウターとして定番のダッフルコートですが、コーデやカラーによっては子供のように見えてしまいます。まず、ショート丈は避けたほうがいいでしょう。裾丈が短い分カジュアル感が増し、幼く見えるコーデになってしまいます。また、カラーは赤や白などの奇抜な色はNGです。チェックなどもダサいコーデになってしまうことが多いので注意しましょう。

⑤重くないメンズコーデを意識する

出典: https://wear.jp/aadgjmptwp0aaad/15853380/

保温性が高い分厚い生地でつくられているダッフルコートは、コーデが重くなりがちです。すっきりした着こなしを目指すなら、トグルを外し前を開くと良いでしょう。ちら見えするインナーがアクセントになり、爽やかなイメージをプラスしてくれます。また、スウェットやムートンブーツなど野暮ったいアイテムはダッフルコートとは合わずNGコーデとなります。

メンズ向けダッフルコートのおすすめブランド【定番編】

出典: https://zozo.jp/shop/urbanresearch/goods/52887614/?did=87187898

失敗しないダッフルコートの選び方やメンズコーデのコツを説明したところで、ここからはおすすめのダッフルコートの人気ブランドについて解説します。まずは定番ブランドのダッフルコートを紹介します。ダッフルコートを初めて挑戦する方は、こちらの定番から選ぶことをおすすめしますので、ぜひ参考にしてみてください。

LONDON TRADITION(ロンドントラディション)

出典: https://zozo.jp/shop/urbanresearch/goods/52887614/?did=87187898

ダッフルコートの定番メンズブランドとして1番におすすめしたいのが、英国ブランドのLONDON TRADITION(ロンドントラディション)。ロンドンを拠点としており、世界的にも有名なコートを主とするブランドの1つです。日本のファッションブランドとのコラボで別注モデルも販売しています。

LONDON TRADITION(ロンドントラディション)
LONDON TRADITION(ロンドントラディション)
LONDON TRADITION(ロンドントラディション)

Gloverall(グローバーオール)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/BP7046/?product_color_cd=01&s-id=brn_search_list

GLOVERALL(グローバーオール)はダッフルコートを軍事用からファッションアイテムへと変えた歴史を持つ老舗のイギリスブランドです。国内のファッションブランドのオーダーで別注のダッフルコートも製造しており、スタンダードなデザインで安定感があるダッフルコートが多数販売されています。

Gloverall(グローバーオール)
Gloverall(グローバーオール)
Gloverall(グローバーオール)

SHIPS(シップス)

出典: https://zozo.jp/shop/ships/goods/52747037/?did=86387838

ファッションブランド、SHIPS(シップス)のダッフルコートもまた定番メンズブランドとしておすすめです。SHIPSのダッフルコートはデザイン性が高く、日本人の体に合うサイズを計算されてつくられているので通販でも安心して購入することができます。海外の人気ブランドに別注オーダーをしているダッフルコートもあるので、ぜひチェックしてみてください。

SHIPS(シップス)
SHIPS(シップス)
SHIPS(シップス)

MONTGOMERY(モンゴメリー)

出典: https://www.magaseek.com/product/detail/id_502687501-mc_02Z-ms_031?cid=mgspla_grp149ladies&gclid=Cj0KCQjwoJX8BRCZARIsAEWBFMIl7Q9o7pkjQ6VVgRG65X4TkCgh0BPTsM0l4MeuHSe7nX2I4cKZ0J0aAjVREALw_wcB

MONTGOMERY(モンゴメリー)はコートをメインとするイギリスの老舗ブランド。国内の人気ファッションブランドとの別注品があるほど、ダッフルコート界では世界中で有名です。トレンドに左右されにくい典型的なデザインが多く、長期的に使用できるアウターウェアをお探しの方におすすめです。

MONTGOMERY(モンゴメリー)
MONTGOMERY(モンゴメリー)

nano・universe(ナノユニバース)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/BT7319/?product_color_cd=01&s-id=brn_search_list

日本の有名ファッションブランド、nano・universe(ナノユニバース)もまた定番のメンズブランドです。LONDON TRADITION(ロンドントラディション)との別注ダッフルコートもあり、コスパも良く今期用のアウターとして気軽に購入することもできます。

nano・universe(ナノユニバース)
nano・universe(ナノユニバース)

BARK(バーク)

出典: https://item.rakuten.co.jp/bighit/brk72b8005/

BARK(バーク)はファッションセンスが高いイタリアのブランドで、ダッフルコートの製造により知名度を挙げたブランドです。アウターとしての保温性にこだわりつつ、イタリアならではのファッション性を活かして、30代40代でも着ることができる安定のダッフルコートが魅力的です。

BARK(バーク)
BARK(バーク)

Orcival(オーシバル)

出典: https://item.rakuten.co.jp/u-oak/15139/

ORCIVAL(オーシバル)は上品で30代~40代からの人気が熱いフランスのファッションブランドです。カジュアルなダッフルコートでも上品に着こなしたい方におすすめです。シンプルなデザインのダッフルコートが多く、ロング丈のダッフルコートであれば、スーツの上に羽織ることもできます。

Orcival(オーシバル)
Orcival(オーシバル)

BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/BT9251/?product_color_cd=03&s-id=brn_search_list

日本の人気ファッションブランドのBEAMS LIGHTS(ビームスライツ)もまた、ダッフルコートを展開しているおすすめのメンズブランドです。BEAMS LIGHTSのダッフルコートは、別注モデルのものもあれば独自のデザインで作成されたものもあります。スタンダードなアウターよりも周りとは違うアウターをお求めの方は別注モデルがおすすめです。

BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)
BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)
BEAMS LIGHTS(ビームスライツ)

メンズ向けダッフルコートのおすすめブランド【コスパ編】

出典: https://zozo.jp/shop/beams/goods/52572415/?did=85459288

定番のダッフルコートを確認いただいた次は、コスパ重視のダッフルコートを紹介します。ファストファッションやプチプラがトレンドの近年では、ダッフルコートでさえ安く購入可能です。コスパが良くても失敗しないブランドを集めましたので、是非チェックしてみてください。

Nylaus (ナイラス)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/V67682/?product_color_cd=01&s-id=brn_search_list

低価格で高品質なアイテムが人気のNylaus (ナイラス)のダッフルコートはダッフルコートの定番素材、メルトンウールでデザインされているので、お手頃価格ですが安く見られることはありません。リーズナブルに加えて、カラー展開も多く、好みのカラーをセレクトできます。

Nylaus (ナイラス)
Nylaus (ナイラス)
Nylaus (ナイラス)

kutir(クティール)

出典: https://zozo.jp/shop/kutir/goods/53029631/?did=87948156

kutir(クティール)は学生や若者の間でプチプラブランドとして大人気のブランドです。kutirのロングダッフルコートは、ロング丈がおすすめです。ワイドパンツやスラックスなどのアイテムと相性がぴったりで、今期流行りのビックシルエットのコーディネートを楽しめます。お手頃な値段なので今冬専用のアウターとしてもいかがでしょうか。

kutir(クティール)

improves(インプルーブス)

出典: https://zozo.jp/shop/improves/goods-sale/26422233/?did=47932555

improves(インプローブス)は学生や若者のメンズから人気があるストリート系のファッションブランドです。普段、ゆるっとしたストリート系の着こなしが多い方はimprovesのダッフルコートがコーデにフィットします。スポーティーなコーデが好み方は、ロング丈のダッフルコートよりもショートやミドル丈がおすすめです。

improves(インプルーブス)
improves(インプルーブス)
improves(インプルーブス)

RAGEBLUE(レイジブルー)

出典: https://zozo.jp/shop/rageblue/goods/53039507/?did=87999613

RAGEBLUE(レイジブルー)はリーズナブルなアイテムを豊富に寄り揃える国内のファッションブランドです。古着っぽいデザインのダッフルコートがおすすめで、ロング丈でもカジュアルさを出せるおしゃれなデザインのダッフルコートを販売しています。

RAGEBLUE(レイジブルー)
RAGEBLUE(レイジブルー)
RAGEBLUE(レイジブルー)

BEAMS(ビームス)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/V74899/?product_color_cd=03&s-id=brn_search_list

BEAMS(ビームス)は日本のファッションブランドですが、海外の有名ブランドに別注オーダーをかけて、特別なダッフルコートも製造しています。ダッフルコートが初めての方でも着こなしやすいベーシックなものから、上級者でも楽しめるカラーバリエーションを展開しています。

BEAMS(ビームス)
BEAMS(ビームス)
BEAMS(ビームス)

WEGO(ウィゴー)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/V90218/?product_color_cd=01&s-id=brn_search_list

WEGO(ウィゴー)は低下価格で若い世代から人気が高いブランドです。WEGOは冬のアウターウェア―の1つとしてダッフルコートも販売しています。トレンドを抑えたデザインのダッフルコートで、今期のアウターとして役に立つこと間違いなしです。

WEGO(ウィゴー)
WEGO(ウィゴー)
WEGO(ウィゴー)

メンズ向けダッフルコートのおすすめブランド【高級編】

出典: https://wear.jp/teruyabuki/6140603/

こちらでは有名ブランドが手掛ける高級なダッフルコートを紹介します。高価なアウターは上質で長期間、使用できます。また、シルエットにもこだわりを持ってデザインされているので、コーディネートに安心感もプラスできます。ブランドアイテムを着こなして、周りと差のつくコーデをしたい方は、是非チェックしてみてください。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/BM1127/?product_color_cd=03&s-id=brn_search_list

MACKINTOSH(マッキントッシュ)はイギリスの有名ブランドです。スタンダードなスタイリングができるダッフルコートが多く、しっかりとした生地ですがさらりと羽織ることができます。セーターやスキニーパンツなどと合わせてもシックに決まります。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)
MACKINTOSH(マッキントッシュ)
MACKINTOSH(マッキントッシュ)

EMMETI(エンメティ)

出典: https://item.rakuten.co.jp/ikinakikonashi/emt2021001/

イタリアのブランド、EMMETI(エンメティ)はイタリアならではのおしゃれなデザインが特徴的です。他のダッフルコートとは違い、素材やデザインは独創的なものが多く販売されています。日本のファッションアイテムの好みが合わない方に試してほしいブランドです。

EMMETI(エンメティ)
EMMETI(エンメティ)
EMMETI(エンメティ)

GRENFELL(グレンフェル)

出典: https://item.rakuten.co.jp/realclothing/34192006052/

GRENFELL(グレンフェル)は英国のコートを主とするファッションブランドです。カラーバリエーションが多く、上品に着こなしすることができるロング丈のダッフルコートが多く販売されています。

GRENFELL(グレンフェル)
GRENFELL(グレンフェル)

LAVENHAM(ラベンハム)

出典: https://brandavenue.rakuten.co.jp/item/BR0363/?product_color_cd=01&s-id=brn_search_list

LAVENHAM(ラベンハム)は高級志向なブランドで日本のブランドとも別注のダッフルコートを製造しています。スーツやビジネスライクなコーデとも簡単にレイヤードできます。別注のダッフルコートは周りと差が付くコーデをしたい方におすすめです。別注モデルでもたくさんのカラーバリエーションがあるので、ぜひチェックしてみてください。

LAVENHAM(ラベンハム)
LAVENHAM(ラベンハム)

Paul Smith(ポールスミス)

出典: https://zozo.jp/shop/paulsmith/goods/52926609/?did=87403047

Paul Smith(ポールスミス)はイギリスの高級ブランドで、財布やバッグが世界的に有名ですが、ダッフルコートの販売も行っています。上質な素材と上品なデザインで、スーツにもよく馴染みます。

Paul Smith(ポールスミス)

scye(サイ)

出典: https://zozo.jp/shop/arknets/goods/32970011/?did=57273563

SCYE(サイ)は動物のサイのロゴが特徴的なブランドです。別注モデルのダッフルコートも製造しており、おしゃれなファッショニスタの間では有名なブランドです。ベーシックなデザインながら、細部までこだわってデザインされているので、ユニークさも演出できます。

scye(サイ)
scye(サイ)

wearのメンズコーデランキングから見る人気のダッフルコート

出典: https://wear.jp/pn_ressaca/15827561/

おすすめのダッフルコートのメンズブランドをご確認いただけた次は、ダッフルコートの上手な着こなし方について写真と一緒に解説します。こちらでは、wearでのダッフルコートを着こなしたメンズコーデのランキング上位から紹介していきます。ダッフルコートでコーデにお悩みの方も、まだ購入するか決めかねている方も、是非チェックしてみてください。

ダッフルコート×デニムジーンズ

出典: https://wear.jp/shinsuxxx/17842167/

ファッションサイトのwearにて、ダッフルコートを取り入れたメンズコーデの1番人気がこちらのコーデです。ダークグレーのダッフルコートにゆったりめのテーパード型ジーンズを組み合わせた着こなし。ブラウンの革靴や小ぶりのハットがこなれ感を演出している、おしゃれでかっこいいメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:UNIQLO
・デニムパンツ:UNIQLO(¥3,990)
・シューズ:RED WING(¥45,650)

ダッフルコート×パーカー

出典: https://wear.jp/bioferminkun/17841635/

ブラウンのダッフルコートに、白のパーカーを着こなしたメンズコーデです。分厚い生地のダッフルコートにパーカーを合わせると重くなってしまいそうですが、このコーデのように明るいカラーのパーカーをセレクトすることできれいなバランスをとっています。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:L.L.Bean
・スニーカー:adidas(¥14,300)

ダッフルコート×デニムシャツ

出典: https://wear.jp/ohtaki/17867397/

こちらは、デニムシャツにダッフルコートをアウターとしてレイヤードした着こなしです。インディゴブルーのデニムシャツと明るいブラウンのダッフルコートのカラーが捕色ならではの、きれいなコントラストをつくっています。パンツはシンプルなブラックで、上半身のカジュアル感を程よく抑えています。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:HYSTERIC GLAMOUR(¥107,800)
・デニムジャケット:HYSTERIC GLAMOUR(¥107,800)

ダッフルコート×ニット

出典: https://wear.jp/aadgjmptwp0aaad/15892947/

ネイビーのダッフルコートも白のニットを合わせることで、程よくカジュアルで落ち着いた大人のメンズコーデが完成します。白ニットはカジュアルさを演出できる一方で、清潔感のある爽やかなコーデにも仕上げてくれる着回し力の高いアイテムです。ダッフルコートで着こなしに迷ったら、白ニットを合わせてみることをおすすめします。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:UNION STATION(¥19,800)
・ニット:DOOPZ(¥9,900)
・スキニーパンツ:ADRER(\6,600)
・シューズ:Dr.Martens(\33,000)

ダッフルコート×チノパンツ

出典: https://wear.jp/knr7113/16036090/

ブラックのロング丈ダッフルコートは、コーディネートに上品さをプラスしたいときにおすすめです。また、黒のダッフルコートは全身ブラックコーデができたり、どんな色ともうまく着こなしが可能なので、組み合わせに悩む心配がありません。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:HARE
・チノパンツ:HARE
・シューズ:UNIQLO(¥2,990)

ダッフルコート×サングラス

出典: https://wear.jp/hanasei/14128913/

夏の定番であるサングラスですが、冬の人気アイテムダッフルコートとも合わせることができます。冬場でもサングラスをかけるのが主流になってきている昨今で、サングラスをコーディネートのアイテムとして活用してるファッショニスタは多くいます。冬でもサングラスを上手く取り入れたいと思っている方におすすめのメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:OURET(¥77,000)
・パンツ:nano・universe(\7,150)
・シューズ:\21,000(REGAL)

ダッフルコート×ハット

出典: https://wear.jp/hsujinwei/5267829/

ロング丈のダッフルコートとハットのカラーを同系色でまとめ、濃いめのデニムジーンズを合わせたメンズコーデ。靴下とロールアップしたデニムジーンズの間から見える白の靴下が差し色となっているおしゃれな着こなしです。小物使いが非常に上手でお手本になるコーディネートです。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:URBAN OUTFITTERS
・デニムパンツ:CHEAP MONDAY
・シューズ:Dr.MARTENS(\13,500)

ダッフルコート×ボーターシャツ

出典: https://wear.jp/llpokkg/9246701/

こちらの方は、少し上級者向けの白のロング丈ダッフルコートを着こなしています。ダークカラーではないダッフルコートは子どもっぽさが出てしまうこともありますが、ロング丈をチョイスすることで大人な雰囲気を演出できています。カジュアルなコーデが好みの方におすすめしたいメンズコーデです。

▼着用アイテム

・カットソー:UNIQLO(\2,189)
・シューズ:CONVERSE(\13,200)

ダッフルコート×タートルネックニット

出典: https://wear.jp/sensenakajima/15883637/

冬の定番、タートルネックニットはダッフルコートとも相性が良いアイテムです。細めのスラックスとスニーカーを合わせてカジュアルにまとめたメンズコーデです。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:UNION STATION(¥19,800)
・ニット:GU
・パンツ:Casper John(\5,500)
・スニーカー:CONVERSE(\5,280)

ダッフルコート×スキニージーンズ

出典: https://wear.jp/yasuyasu39/15892343/

最後に紹介するのは、ネイビーのダッフルコートをアウターに、パンツや靴をブラックにまとめたシンプルなメンズコーデです。ツーカラーのニットは重ね着のような色調がおしゃれですが、1枚のニットなので着ぶくれすることはありません。

▼着用アイテム

・ダッフルコート:UNION STATION(¥19,800)
・ニット:Casper John(\6,600)
・パンツ:WHEIR Bobson(\11,000)
・シューズ:Dr.Martens(\30,800)

その他、ダッフルコートの人気アイテムもチェック

出典: https://wear.jp/yoshz/15983838/

ダッフルコートはカジュアルでもビジネスでもさまざまなメンズコーデに合わすことができます。裾丈もロング・ミドル・ショートと種類が多く、まだまだたくさんの種類が展開されています。もっと他のダッフルコートを見てみたい方は、こちらをチェック!ブランドやカラーなどじっくり検討してみてください。

その他、ダッフルコートの人気アイテムもチェック
その他、ダッフルコートの人気アイテムもチェック
その他、ダッフルコートの人気アイテムもチェック

自分に合ったダッフルコートのブランドを見つけよう

出典: https://wear.jp/haruki0607/15893924/

今期のトレンドでもあるロング丈やダークカラーを取り入れることができるダッフルコートは、今年の冬に必要不可欠なアイテムです。ダッフルコートは丈夫なアウターなので、1着持っていれば、私服にも仕事着にも着まわせることができます。アウターの購入に悩んでいる方は、是非、ダッフルコートをチェックしてみてください。

関連する記事