坊主にするなら頭皮ケアは必須!薄毛・抜け毛対策にも!臭いやフケの改善法も解説

坊主は、薄毛・抜け毛対策に効果的な髪型だとされています。しかし、坊主にするのならば頭皮ケアをしっかりと行わなければなりません。坊主にするメリットと共に、臭いやフケなどといった坊主ならではの悩みにを改善するための頭皮ケアについてもご紹介していきます。

目次

  1. 薄毛に悩む人必見!坊主にするメリット
  2. 薄毛が目立ちにくくなる
  3. 頭皮の状態が良くなる
  4. 化粧水や育毛剤が浸透しやすい
  5. 坊主にしたら気を付けるべき3つのこと
  6. しっかり乾燥をするべし
  7. 頭皮の臭いを気にするべし
  8. フケが出ないように頭皮をケアすべし
  9. フケが出ないようにするには?
  10. 坊主でもフケが出る理由
  11. フケが出ないようにするケア方法を紹介
  12. 頭皮が臭わないようにするには?
  13. 何故頭皮が臭くなるのか
  14. 頭皮の臭いを抑えるケア方法を紹介!
  15. 坊主の頭皮ケアのおすすめルーティーンを紹介!
  16. ①頭を洗う
  17. ②髪をしっかり乾かす
  18. ③頭皮に化粧水をする
  19. 坊主の頭皮の為のおすすめシャンプー&化粧水を紹介!
  20. 1.チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプー
  21. 2.ナプラ ケアテクトHBスキャルプシャンプー
  22. 3.ENZ-SQ エンザ エスキューfor スカルプ&ヘア
  23. 華密恋 ヘッドマッサージローション
  24. 坊主の頭皮に対するよくあるQ&Aを紹介!
  25. Q:帽子を被るのは頭皮に良くないですか?
  26. Q:日焼けのケアはどうしますか?
  27. Q:頭皮がかゆい時はどうしたらいいですか?
  28. 坊主にするなら頭皮を大事に!

薄毛に悩む人必見!坊主にするメリット

抜け毛が増え、薄毛の悩みを抱えている人におすすめなヘアスタイルが坊主です。例えばお笑い芸人には、坊主やスキンヘッドといったヘアスタイルの人が多くみられます。個性を出すためにそのような髪型にしていると思われがちですが、実は円形脱毛症やM字剥げといった薄毛を隠すことがきっかけだという人も多いのです。

それではなぜ、薄毛対策には坊主がよいのでしょうか。坊主にするメリットについて、それぞれご紹介します。

薄毛が目立ちにくくなる

坊主にする1番のメリットは、何といっても薄毛が目立ちにくくなるということでしょう。抜け毛が増え、薄毛になってくるとどうしてもその個所が気になり、周囲の髪を伸ばすなどして隠したくなります。しかし、風などでヘアスタイルが乱れたり、不自然さから余計に注目を集めてしまったりすることも多々あります。

思い切って丸刈りにして坊主になってしまえば、薄毛となっている個所が目立ちにくいです。また、薄毛を隠しているというストレスから解放されるということもメリットとして挙げられます。中には、坊主にしてストレスから解放されたことで、抜け毛が解消したというケースもあります。

頭皮の状態が良くなる

坊主には、頭皮の状態が良くなるというメリットもあります。髪型で薄毛の個所をカバーしようとした場合、どうしても整髪料を多く使用しがちです。しかし、整髪料が頭皮に詰まってしまうと、抜け毛の原因となってしまいます。また、薄毛を隠すために帽子を常に着用していると、頭皮が蒸れやすく頭皮にとってあまりよくありません。

坊主にしてしまえば、整髪料を使用する必要も、薄毛を隠すために帽子をかぶる必要もありません。また、髪の長さがない分蒸れにくく、頭皮の皮脂対策にもなります。そのため、坊主にしたことで頭皮の状態が良くなり、抜け毛が少なくなるということも期待できます。

化粧水や育毛剤が浸透しやすい

坊主にすることで、化粧水や育毛剤が浸透しやすいというメリットがあります。化粧水や育毛剤を頭皮につけたい場合、髪の毛の長さによってはしっかりと育毛剤を馴染ませることができません。

坊主であれば髪の毛が短く、邪魔にならないため、化粧水や育毛剤をしっかりと頭皮に浸透させることができます。

坊主にしたら気を付けるべき3つのこと

抜け毛が増えたから、薄毛になったからと坊主にして終わり、という訳ではありません。坊主にしたら気を付けるべきことを3つご紹介します。

しっかり乾燥をするべし

坊主にしたら頭皮をしっかりと乾燥させることに気を付ける必要があります。坊主は髪が短く、髪の毛が早く乾くイメージがあります。中には髪の毛を拭かないという人もいるのではないでしょうか。

しかし、例え坊主であってもしっかりと髪と頭皮を乾燥させなければなりません。拭き残しがあり、水分が残ったままになっていると頭皮の湿度が高くなります。すると、カビが繁殖してしまい臭いの原因となってしまうのです。

頭皮の臭いを気にするべし

坊主にしたら頭皮の臭いにも気を付ける必要があります。坊主は髪が短い分、整髪料を使用しません。そのため、整髪料の香りがしないことで、頭皮の臭いが際立ってしまうのです。

また、皮脂は毛穴から分泌され、髪や頭皮の潤いを保ちます。しかし、しっかりと頭皮が洗浄できず、毛穴に詰まった状態で放置されると臭いやニキビ、抜け毛などのトラブルの原因となってしまいます。

皮脂は本来、毛先までいきわたるものです。坊主にして髪が短くなったことで、それまで分泌されていた皮脂が余ってしまい、頭皮に皮脂が留まりやすくなってしまう可能性があります。

フケが出ないように頭皮をケアすべし

坊主にしたらフケが出ないように頭皮をケアする必要があります。フケは白いため、肩に落ちた際、洋服の色によってはかなり目立ってしまいます。また意外にも、坊主の人の悩みで多いのがこのフケなのです。

坊主は髪の毛が短い分、頭皮の状態が目に入りやすいです。特にスキンヘッドにしている場合はさらに目立つでしょう。フケがでないように、頭皮をしっかりとケアしておくことが大切です。

フケが出ないようにするには?

元々フケが多く、坊主にしたことで余計目立つ人もいれば、坊主してからフケに悩み始める人も多いです。見た目にも不潔な印象を与えてしまうフケは、どうして出てしまうのでしょうか。フケが出る原因や対策についてご紹介します。

坊主でもフケが出る理由

頭皮は皮脂の分泌が多く、環境や生活習慣などの影響を受けやすい個所でもあります。また、この皮脂がフケやかゆみを引き起こす原因となりうるのです。頭皮には汗や皮脂を栄養にするマラセチア菌がおり、この菌のバランスが崩れてしまうと角質がフケとして大量に剥がれ落ちてしまいます。

粉っぽくサラサラとした乾性フケは、皮脂が足りない場合に発生します。原因としては洗浄力の強いシャンプーなどによって皮脂が減少してしまうことなどが挙げられます。坊主、特にスキンヘッドの人は頭皮が乾燥しやすいです。そのため、これまでのシャンプーが強すぎてしまったり、部屋の空調で頭皮が乾燥してしまったりすることが要因として考えられます。

油のようにベタっとした脂性フケは、皮脂が過剰に分泌されている場合に発生します。原因としては頭髪の洗浄不足や、脂っこい食事が多いことなどが挙げられます。皮脂が頭皮に残るとマラセチア菌が増加。皮脂が過剰分泌状態となり、ベタっとしたフケが増えるのです。

フケが出ないようにするケア方法を紹介

粉っぽくサラサラとした乾性フケの場合、頭皮の乾燥が原因であることが考えられます。シャンプーを何度もしている場合は回数を減らし、洗浄力の強いシャンプーを使用している場合にはノンシリコン、無添加、アミノ酸配合などといった低刺激のシャンプーに変更してみましょう。

また、頭皮に化粧水や頭皮用のローションを使用することもおすすめです。特にスキンヘッドの場合は頭皮が乾燥しやすいため、フケ対策としてぜひ取り入れましょう。

油のようにベタっとした脂性フケの場合、食生活を見直します。ファーストフードやスナック菓子などといった脂っぽい食事は避け、皮脂の過剰分泌を抑制するといわれるビタミンBの摂取を心がけましょう。ビタミンBは、ほうれん草・小松菜・レバー・納豆に多く含まれます。さらに、シャンプーの際は地肌をしっかりと意識することが大切です。

頭皮が臭わないようにするには?

髪を坊主にすることで、頭皮の臭いが際立ってしまうことがあります。その理由は個人によって異なりますが、坊主にしたことがきっかけとなる場合があります。

それでは、坊主にしても頭皮が臭わないようにするには、どのような対策をとればよいのでしょうか。なぜ頭皮が臭くなるのか、その原因と臭いを抑えるためのケア方法をご紹介します。

何故頭皮が臭くなるのか

頭皮が臭くなる要因は皮脂の量にあります。皮脂は本来、髪を滑らかにしたり、頭皮を守ったりという働きをしていますが、頭皮の毛穴に溜まってしまう性質があります。さらには、皮脂が必要以上に分泌されてしまうと、その皮脂やフケを栄養分とする雑菌が繁殖。この雑菌によって頭皮が臭くなってしまいます。

坊主にすると、それまで髪を潤すために分泌されていた皮脂が余分となってしまうことがあります。また、それまで使用していたシャンプーでは洗浄力が強すぎてしまい、必要な皮脂も洗い流してしまうことになります。そして、それを補おうと皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

頭皮の臭いを抑えるケア方法を紹介!

坊主にしてから頭皮の臭いが強くなったという場合、シャンプーの洗浄力が強すぎる可能性が高いです。低刺激のシャンプーに変えたり、シャンプーを複数回行っていれば回数を減らしたりしてみましょう。

また、シャンプーの際には髪を十分に濡らし、お湯だけで予洗いを行ってからシャンプーに取り掛かりましょう。坊主だからとすすぎをおろそかにせず、しっかりと洗い流すことも大切です。さらに、頭皮が生乾きの状態にあると雑菌が繁殖しやすくなります。しっかりとタオルドライをして頭皮を乾燥させましょう。

シャンプーを変えたり、洗い方に気を配っても改善が見られない場合、生活習慣が大きく影響している可能性があります。脂っぽい食事や、肉を食べることが多ければなるべく控えるようにし、睡眠時間が少なければしっかりと睡眠をとることを心がけましょう。

坊主の頭皮ケアのおすすめルーティーンを紹介!

坊主は髪の毛が短い分、ヘアケアがおろそかになってしまいがちです。そんな坊主の頭皮ケアはどのように行っていけばよいのでしょうか。おすすめのルーティーンをご紹介していきます。

①頭を洗う

まず、頭をシャンプーで洗う前に予洗いを行います。お湯だけで髪と頭皮を丁寧に洗いましょう。その際、耳の後ろや生え際といった個所も忘れないようにしっかりと洗います。

シャンプーをする際は、そのままシャンプーをつけるのではなく、手で泡立ててからつけることが大切です。シャンプーを手にとり、両手でこすって泡立てます。泡立てた泡を頭に乗せたら、髪と頭皮を指の腹で優しく揉みこみ、マッサージします。この時に決して爪を立ててはいけません。爪を立ててしまうと、頭皮に傷がつき、炎症などの原因となっていまいます。

また、泡をすすぐ際は生え際や耳の後ろなど、洗いにくい場所を意識してしっかりと洗い流します。特に坊主の場合は、髪がない分洗い流せているだろうと適当になりがちです。鏡で確認するなどして、洗い残しのないように注意しましょう。

②髪をしっかり乾かす

髪をしっかりと洗い終えたら、今度はしっかりと乾燥させることが大切です。濡れた髪・頭皮は雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

まずは、頭皮の水分を抑えるようにタオルで拭いていきます。強くこすりすぎると髪や頭皮を痛めてしまうので、力加減には注意しましょう。面倒ではありますが、ここでしっかりとタオルドライすることでドライヤーの時間を減らすことができ、頭皮へのダメージを軽減させることができます。

タオルドライができたら、今度はドライヤーを使い完全に乾かします。その際、ドライヤーを当てる位置には注意が必要です。地肌に近い状態で熱風を浴び続けると頭皮が乾燥し、頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

③頭皮に化粧水をする

髪が乾いたら、頭皮に化粧水をつけます。化粧水は主に顔だけに使用するものというイメージがありますが、頭皮に使用しても問題はありません。化粧水を使用してしっかりと保湿することで、肌と同じく乾燥から頭皮を守り、雑菌の繁殖を防ぎます。

手のひらに適量を取ったら頭皮につけ、シャンプーをする時のように指の腹を使って頭皮に刷り込みましょう。

坊主の頭皮の為のおすすめシャンプー&化粧水を紹介!

坊主は髪が短いため、シャンプーの洗浄力が強すぎると頭皮トラブルが起きてしまいます。それでは、坊主の頭皮にはどのようなシャンプー・化粧水がよいのでしょうか。おすすめのシャンプー・化粧水をご紹介します。

1.チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプー

チャップアップ シャンプー1本
5,300円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

無添加・天然成分にこだわったシャンプーで、頭皮を健康な状態に保ちます。ノンシリコンのオーガニックスカルプケアシャンプーのため、頭皮のべたつき、乾燥によるフケが気になる人におすすめのシャンプーです。

また、ノンシリコンなだけではなく、サルフェートフリー、パラベンフリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー、合成着色料フリーと、低刺激なシャンプーとなっています。

Amazonレビュー

★★★★★

このシャンプーはフケに関して非常に効果てきめんでした。1回目の使用で頭皮についているフケがごっそりと目に見えて落ちました。今のところ痒みや刺激感は特に感じません。

2.ナプラ ケアテクトHBスキャルプシャンプー

ナプラ ケアテクトHB スキャルプシャンプー (青) 300ml
1,100円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

低刺激性の洗浄成分を使用しており、頭皮の汚れを落としながらも、頭皮に強い刺激を与えません。また、6種類のハーブエキスと加水分解ケラチンを配合。さらに、弱酸性のため、髪や頭皮に負担をかけずに洗い上げることができます。

Amazonレビュー

★★★★★

坊主でも泡立って気持ち良いです。短髪の方はリンス不要です。

3.ENZ-SQ エンザ エスキューfor スカルプ&ヘア

ENZ-SQ エンザ エスキューfor スカルプ&ヘア
6,199円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

頭皮や肌、髪を美しく健康な状態に導く酵素ローションで、洗い流して使用します。肝臓で作られる酵素、カタラーゼと同じ酵素によって、頭皮に残るケミカル物質や活性酸素を取り除き、頭皮をより生き生きとさせます。また、毛穴に残る過酸化脂質を分解。頭皮の臭いの原因を取り除きます。

Amazonレビュー

★★★★★

頭皮の臭いが気になっていたのですがこちらスゴく良いです
髪の毛もまとまり良くなる感じです
主人も使ってみて頭皮の臭いがなくなりました。

華密恋 ヘッドマッサージローション

華密恋(カミツレン) ヘッドマッサージローション 130ml カミツレ研究所
2,750円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

カミツレエキスとわさび葉エキスの天然成分だけでケアする頭皮用ローションです。カミツレエキスが頭皮を保湿し、健康な頭皮を育てます。また、わさび葉の効果によってしっかりと頭皮を洗浄。

さらに、合成界面活性剤フリー、合成香料フリー、タール系色素フリー、鉱物油フリー、パラペンフェノキシタエタノール等合成保存料フリー、合成溶剤無添加フリーと、安心して使用することができます。

Amazonレビュー

★★★★★

暑い時には、汗をかいて頭皮の痒みを感じやすいので、ワサビエキスとカミツレエキスでスッキリ爽やかになります。

坊主の頭皮に対するよくあるQ&Aを紹介!

坊主にした際に気を付けることや、ケアの方法などをご紹介してきましたが、まだまだ気になる点はたくさんあります。帽子や日焼けについてなど、坊主の頭皮に対するよくあるQ&Aについてもご紹介していきます。

Q:帽子を被るのは頭皮に良くないですか?

帽子は、被ると頭皮が蒸れやすくなるため、基本的には被らない方が良いとされています。しかし、坊主は髪が長い状態に比べると頭皮が露出しており、紫外線がより当たりやすくなっています。そのため、日差しが強い日の外出時には帽子を被るなどといった日焼け対策が必要です。

単にファッションとして被るのであれば長時間の着用は避け、日焼けが懸念される夏の外出時など、本当に必要な場面で着用をするように心がけるとよいでしょう。

Q:日焼けのケアはどうしますか?

髪も頭皮も、紫外線によってダメージを受けてしまいます。特に坊主の場合は髪の毛が短い分、頭皮に紫外線が多く当たることも懸念しなければなりません。紫外線を浴びて日焼けした頭皮は新陳代謝が低下し、老化が進むなど大きな負担がかかります。

日焼けのケアで簡単なのは、帽子をかぶることです。帽子は頭皮が蒸れてしまうというデメリットがあります。しかし、坊主の場合は蒸れの原因となる髪が短いため、日焼け対策ができるというメリットの方が大きいのです。

また、帽子が似合わない、帽子が苦手という人には日傘もおすすめです。これまで日傘は女性のものというイメージが強く、男性からは敬遠されていました。しかし、ここ数年の気温の高さから、日焼け対策として日傘を使用する男性も増えてきています。

Q:頭皮がかゆい時はどうしたらいいですか?

頭皮のかゆみの原因は、人それぞれです。まずは、何が原因となっているかを特定することが大切です。坊主になったとたんにかゆみが出てきた場合には、頭皮の乾燥や皮脂汚れなどといった原因が考えられます。髪の毛が短くなったことで、それまで使っていたシャンプーが合わなくなったり、洗髪や洗髪後の乾燥がおろそかになったりするケースが多いです。

そのような際には、洗髪の仕方や乾燥の方法を改めてみて、それでも効果がなければシャンプーを低刺激のものに変えるなどの対策をとってみてはいかがでしょうか。

また、坊主にしてしばらくたってからかゆみが出てきた場合は、生活習慣や感染なども疑われます。水分不足やストレス、脂っぽい食事や睡眠不足も原因となりますので、それらを見直してみましょう。小さなお子さんにかゆみがでている場合には、アタマジラミという頭髪に寄生する寄生虫の可能性も懸念しておくといいでしょう。

坊主にするなら頭皮を大事に!

薄毛の人にとってメリットの多い坊主。坊主は、髪の毛の生え方や薄毛といった個人差に関係なく試せる髪型で、さらには頭皮にとってもメリットが多いことがわかりました。特に、抜け毛に悩んでいる人にはおすすめの髪型であるといえます。薄毛に悩んでいる人は、まず一度坊主にトライして、伸びるまでに頭皮を徹底的にケアしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事