ダントンは流行りすぎでダサい?偽物も?失敗しない最新アイテム&コーデを紹介!

人気ブランドであるダントンは、流行りすぎてダサいといった声もあります。この記事ではダントンがダサいと思われる理由をはじめ、インナーダウン、コート、Tシャツ、リュックなどのおすすめアイテムを紹介します。2021年最新の春夏秋冬別おすすめアイテムも要チェックです。

目次

  1. 大人気ブランド『ダントン』は流行りすぎてダサい物に?
  2. ダントンがダサいと言われる理由は?流行りすぎ?
  3. なんとなくダサいから
  4. 男性がダントンを着るのはダサい
  5. 着ている人が多いから
  6. ダントンのアイテムがダサいと思われない為の対策
  7. 着ぶくれ感のないものを選ぶ
  8. サイズ感に注意する
  9. ロゴが目立たないようなコーデを考える
  10. ダントンは偽物に要注意?見分け方は?
  11. ダントンのアイテムを使用した女子ウケ最新コーデ
  12. シルエットがきれいなコートのコーデ
  13. ブルーのジャケットコーデ
  14. ダントンのキャップを被った軽装コーデ
  15. ダントンのTシャツを着用したコーデ
  16. ストライプのTシャツコーデ
  17. シックなステンカラーコートのコーデ
  18. ダントンのチノパンツを使用した秋コーデ
  19. メルトンコートの冬コーデ
  20. シックなステンカラーコートを使用したおしゃれコーデ
  21. スッキリシルエットの落ち着きコーデ
  22. ダサいを回避!2021年に買うべきダントンのアイテム!
  23. インナーダウン クルーネックジャケット
  24. ナイロンストレッチ タフタジャケット
  25. 2WAY キャンバスリュック
  26. SC DANTON ロゴ ポケット Tシャツ
  27. ポケットTシャツ
  28. コーデュロイショートパンツ
  29. フリース スナップ カーディガン
  30. Vネック インナーダウンベスト
  31. フード付きダウンジャケット
  32. ウールモッサ シングルジャケット
  33. ウールモッサ 2WAYフードコート
  34. その他、ダントンの人気アイテムもチェック!
  35. ダントンのアイテムは流行りすぎてもダサい訳なし!

大人気ブランド『ダントン』は流行りすぎてダサい物に?

出典:https://wear.jp/smile3016/18411153/

ダントンはフランス生まれの老舗ブランドで、シンプルながら機能的なデザインで人気のブランドです。なかでもウールモッサシリーズのコートは定番人気で、高い保温性とシンプルなデザインが特徴です。

そんなダントンは人気であるゆえに流行りすぎてダサいと言われることもありますが、そんなことはありません。この記事では、ダントンはダサいとされる理由や、ダサいと思われないための対策などを紹介します。最新コーデなども記載するので、ダントンが気になる方はぜひ参考にしてください。

ダントンがダサいと言われる理由は?流行りすぎ?

出典:https://wear.jp/mascat/18410949/

ダントンのおすすめのアイテムやコーデを紹介する前に、まずはダサいと言われる理由について見ていきましょう。原因は、やはり流行りすぎのせいでしょうか。

なんとなくダサいから

こちらの口コミの方は、「ダントンがダサい」と感じつつも、あまりはっきりとした理由はないようです。「着ている人に太っている人が多い」と語っていることから、一種の思い込みに近いものとも考えられます。

男性がダントンを着るのはダサい

続いては男性からの口コミですが、「男性がダントンを着るのはダサい」といった内容が書かれています。性別によって、ダサいかそうでないかが変わると考える方もいることが分かります。

着ている人が多いから

ダントンを着て街を歩いていると、同じくダントンを着ている人とすれ違って恥ずかしい、といった口コミです。着ているものが被ると、ダサいと感じてしまう人がいるのも確かです。ダントン自体がダサいといった内容ではありませんが、人気があるブランドならではの理由といえるでしょう。

ダントンのアイテムがダサいと思われない為の対策

出典:https://wear.jp/repopoo/18396741/

ダントンを着用してダサいと思われるのが嫌なら、あらかじめその対策方法を知っておきましょう。下記の方法をチェックして、ダントンを活用したかっこいいファッションを目指してみてください。

着ぶくれ感のないものを選ぶ

ダントンはウールモッサシリーズも人気ですが、インナーダウンも人気が高いアイテムです。インナーダウンは寒い時期には心強いアイテムですが、分厚いものを選ぶと着ぶくれしてしまい、ダサいと言われる原因になってしまいます。インナーダウンを服の下に着用する場合には、シルエットがすっきりとなるような薄手のものを選びましょう。

関連する記事