山本義徳を特集!身長・体重・年収・奥さん・全盛期・ステロイドなど!

山本義徳は伝説とも呼ばれるトレーナーで、現在ではYouTubeや書籍などでの情報発信を行っています。この記事では、全盛期である若い頃のベンチプレスの記録や、彼の生い立ちなどを紹介していきます。書籍や動画の内容なども紹介するので、参考にしてください。

目次

  1. 山本義徳の身長・体重などのプロフィール
  2. 後進の指導も積極的に行う
  3. 山本義徳の仕事・年収は?
  4. 山本義徳の筋トレを始めるまでの生い立ち
  5. ドラマの影響で高校のラグビー部に入部
  6. 大学入学後は本格的にウエイトトレーニングを始める
  7. 大会出場停止処分を機に海外へ
  8. 2005年の大会で優勝後、引退
  9. 山本義徳の若い頃の全盛期について
  10. 日本ボディビル選手権大会8位
  11. IFBBミスターアジア3位
  12. NPCアイアンマン・アイアンメイデン優勝
  13. NPCトーナメント・オブ・チャンピオンズ優勝
  14. ベンチプレスで260kgを持ち上げる
  15. 山本義徳のステロイド使用について
  16. 山本義徳のプロテイン・サプリメントに関する考え
  17. 山本義徳がプロデュースするプロテインの評判とは
  18. 山本義徳のサプリメントへの考え方もチェック
  19. 山本義徳が発信する本・ブログ・YouTubeが有益すぎる
  20. 炭水化物のすべて: 山本義徳 業績集1 Kindle版
  21. ウェイトトレーニング -実践編-
  22. 山本義徳オフィシャルブログ『カラダの改造、お任せあれ』
  23. 山本義徳 筋トレ大学
  24. 山本義徳は今後の活躍にも目が離せない!

山本義徳の身長・体重などのプロフィール

出典:https://muscle-history.net/yamamoto/

名前:山本義徳
生年月日(年齢):1969年3月25日(52歳)
身長:171cm
体重:約90kg
体脂肪率:ー
学歴:早稲田大学政治経済学部
職業:スポーツ・フィットネスインストラクター
SNS:TwitterInstagram

山本義徳は元ボディビルダーである経験を活かし、YouTubeの「山本義徳 筋トレ大学」にてさまざまな情報発信を行っているトレーナーです。体重などの基本情報については、上記の通りになります。また、結婚歴などについては公表されておらず、奥さんがいるかどうかについては不明となっています。

後進の指導も積極的に行う

ベンチプレスでかなりの重量を持ち上げ、ボディビル大会で優勝するなどの結果を残す山本義徳は、筋トレ界では伝説とも呼ばれています。

ダルビッシュ有や松坂大輔など有名選手の指導なども行っており、最近では筋トレYouTubeであるJinのコーチングを行ったことでも知られています。伝説とも呼ばれる山本義徳の指導を受けたこともあり、Jinは見事日本で3人目となるIFBBPROカードの取得者となりました。

山本義徳の仕事・年収は?

山本義徳は元ボディビルダーで、その経験を生かした活動を行っています。豊富な知識を生かして執筆活動なども行っていますし、2019年には一般社団法人パーソナルトレーナー協会の理事にも就任しています。また、2019年9月にはVALXというブランドをプロデュースしており、10月には株式会社レバレッジの社外取締役にもなっています。

また、YouTubeでの情報発信も行っており、若い世代のボディビルダーとの対談動画などもアップされています。年収については本人から公表されているわけではありませんが、山本義徳のYouTubeチャンネル「山本義徳 筋トレ大学」での年収は636万円ほどではないかともいわれています。

山本義徳の筋トレを始めるまでの生い立ち

続いて、山本義徳が筋トレを始めるまでの生い立ちについても紹介します。たくましい体を持つ彼が筋トレに目覚めるきっかけは何だったのか、順番に見ていきましょう。

ドラマの影響で高校のラグビー部に入部

山本義徳は、1969年に静岡県で生まれました。子供のころは特別スポーツは行っていませんでしたが、中学生のころは陸上部で、地区のブロック大会で入賞した経験などがあります。静岡高校に入学したころ、TVドラマのスクールウォーズを見たのがきっかけでラグビー部に入部し、部活のトレーニングの中でウェイトトレーニングを始めました。

彼はしっかりとした体格で骨太だったので、ラグビーではフォワードのプロップを務めました。運動のセンスがあったのか、山本義徳はトレーニングを始めたばかりのころからかなりの重量を挙げることができました。卒業するころには140kgのベンチプレスを挙げることができていたそうで、このときすでにしっかり体が鍛えられていたことが伺えます。

大学入学後は本格的にウエイトトレーニングを始める

高校を卒業したあとは1浪したのちに早稲田大学の政治経済学部に入学し、バーベルクラブにも所属しました。1991年には都のパワーリフティング大会に出場して優勝を収めていますが、体を鍛えるのはあくまでボディビルダーとして~を大きくするためであり、ウェイトリフティングはおまけ程度であったとのことです。

その後、彼はボディビルダーに転身します。ボディビルダーとしても結果を収めており、1994年に出場した日本ボディビル選手権大会では、8位という結果を残しています。

大会出場停止処分を機に海外へ

その後もボディビルの大会に出場した山本義徳ですが、1995年に開催されたJBBF主催の大会で、ドーピングの陽性反応が出てしまいます。これにより2年間の大会出場停止処分を受けた彼は、海外で活動を続けることになりました。

そして、同年に開催されたIFBBミスターアジアのライトヘビー級では3位に入賞、その後の1998年に開催されたNPC アイアンマン・アイアンメイデンのライトヘビー級では優勝という見事な成績を収めています。

2005年の大会で優勝後、引退

山本義徳は2005年に開催されたNPC トーナメント・オブ・チャンピオンズに出場し、ヘビー級にて優勝します。ボディビルダーとしてはこの大会で引退ということになり、その後はダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめとして多くの選手をトレーナーとして指導しました。

山本義徳の若い頃の全盛期について

ここからは、豊富な知識から筋肉博士とも呼ばれる山本義徳の、若い頃の全盛期について紹介していきます。記録や成績などを詳しく紹介していくので、過去の記録が気になる方はこちらをチェックしてみてください。

日本ボディビル選手権大会8位

山本義徳は、1991年にパワーリフティング大会で優勝したのちに、ボディビルダーに転身します。1994年には日本で一番レベルが高い大会として知られている日本ボディビル選手権大会に出場しており、8位入賞という記録を残しました。

(山本義徳の全盛期については以下の記事も参考にしてみてください)

山本義徳の全盛期を特集!ベンチなどの記録〜筋トレ&食事、画像集まで紹介!

IFBBミスターアジア3位

山本義徳は国内だけでなく、海外の大会にも出場しています。これは、1995年に国内で行われたJBBFの大会に出場し、ドーピングで陽性反応が出たことがきっかけとなっています。

抜き打ち検査で陽性反応が出た彼は2年間の出場停止処分を受けてしまい、海外の大会に出場するようになりました。同年、IFBBミスターアジアのライトヘビー級に出場し、3位入賞という好成績を残しました。

NPCアイアンマン・アイアンメイデン優勝

1995年にIFBBミスターアジアで3位という結果を残した山本義徳は、1998年にはアイアンマン・アイアンメイデンのライトヘビー級に出場し、見事優勝を果たしました。これまではライトヘビー級に出場していた彼ですが、優勝を期にヘビー級に出場していくようになります。

NPCトーナメント・オブ・チャンピオンズ優勝

2000年からヘビー級に転身してさまざまな大会に出場した山本義徳ですが、なかなかよい結果を残すことはできませんでした。

それでも大会への出場を続けた彼は、2005年にとうとうNPCトーナメント・オブ・チャンピオンズのヘビー級で優勝を果たしました。同大会のヘビー級での優勝は、日本人で初の快挙でもあります。そして、この優勝を期にボディビルを引退しました。

ベンチプレスで260kgを持ち上げる

先ほど紹介した通り、山本義徳は高校時代に入ったラグビー部のトレーニングでベンチプレスを始めました。初めて持ち上げた重量でも80kgというかなりの記録を残しており、当時からすでにかなりのセンスを見せつけています。ベンチプレスの才能を自覚した彼は、その後本格的にベンチプレスのトレーニングを始めたようです。

ベンチプレスの練習で活用したのは、ベンチプレスの世界記録保持者であるテッド・アーシティの筋トレ方法です。そのとき見た雑誌に紹介されていた彼の筋トレ方法を半分の量にしてトレーニングに打ち込み、高校を卒業するころには140kgのベンチプレスを挙げられるまでになりました。

留年時代、大学時代も変わらずトレーニングに打ち込み、体育祭ではとうとう165kgものベンチプレスを持ち上げました。20歳で200kg、25歳で250kg、30歳で300kg持ち上げるという目標を掲げ、26歳ではついに260kgものベンチプレスを挙げることに成功します。その後、彼はベンチプレスからボディビルへの道へ進んでいくことになりました。

(山本義徳がベンチプレス260kgを挙げた方法については以下の記事も参考にしてみてください)

山本義徳がベンチプレス260kg挙げた方法|学生時代から記録更新の時系列まで紹介

山本義徳のステロイド使用について

ステロイドは筋肥大の効果が期待できる一方、服用すると副作用があることでも有名です。日本の大会ではステロイドの使用は禁止されており、抜き打ち検査なども行われています。ステロイドについては使用を否定しているトレーニーが多い中、山本義徳はステロイドの使用を認めています。

彼がステロイドを使用するきっかけとなったのは、オリンピアの優勝を目指したことです。海外の大会はステロイドを使用しないと渡り合えないようなアンフェアな世界で、オリンピアでの優勝を目指すためにしかたなくステロイドを使用しました。使用したのはアナボリックステロイドという筋肉増強剤で、肉体を作り上げる一助となりました。

もちろん、現在のような鍛え上げられた体になったのはステロイドだけでなく、日々の筋トレに励んだ結果でもあります。また、大会当日の検査が通ればステロイドの使用も問題はない、といった見解も語っています。ただ、積極的にステロイドの使用を勧めている訳ではないようです。

(山本義徳のステロイド使用については以下の記事も参考にしてみてください)

山本義徳はステロイドの使用を認めている?ドーピングを肯定する理由まで解説

山本義徳のプロテイン・サプリメントに関する考え

筋トレを行う上で、プロテインやサプリメントは欠かせないという方は多いでしょう。山本義徳もプロテイン・サプリを摂取しており、なんと『VALX』というブランドからオリジナルのプロテインも発売しています。VALXはアパレルなども展開されていますが、やはり人気が高いのがプロテインです。

また、筋肉をつけるためには、体重1kgにつき2g以上タンパク質をとるのがよい、とされています。食事だけでは摂取できないタンパク質を補うのに、プロテインが役立つでしょう。

VALXのプロテインはタンパク質含量率が高く、おいしくて値段も安いと多くの方に支持されています。朝・昼・トレーニング前後、などさまざまなタイミングでサプリの摂取を推奨しています。例えば就寝前にはテアニンを摂取し、リラックスして睡眠することで少ない時間でも目覚めをよくしているそうです。

山本義徳がプロデュースするプロテインの評判とは

山本義徳がプロデュースするフィットネスブランドの「VALX」からは、アパレルやサプリメント、プロテインなどが展開されています。ラインナップや口コミなどについては、下記の記事をチェックしてみてください。

山本義徳のプロテイン『VALX』の評判は?成分比較〜口コミまで紹介!

山本義徳のサプリメントへの考え方もチェック

筋肉によい効果が期待できるサプリメントにはさまざまなものがありますが、山本義徳はどのような考えを持っているのでしょうか。摂取タイミングや目的などに加え、彼のオリジナルブランドである「VALX」から展開されているサプリについても紹介します。

山本義徳のサプリメントに関する考え|必要な物・タイミングなど

山本義徳が発信する本・ブログ・YouTubeが有益すぎる

山本義徳はYouTubeで動画配信を行ったりブログで情報発信をしたりするだけでなく、多くの本を出版しています。本はペーパー書籍・電子書籍の両方があり、その数は両方合わせて20冊以上にもなります。伝説と呼ばれる彼が書いた書籍をチェックして、知識を深めてみてはいかがでしょうか。

(山本義徳の本の全種の要約については以下の記事も参考にしてみてください)

山本義徳の本がタメになりすぎ!全種の要約〜人気ランキングまで紹介!

炭水化物のすべて: 山本義徳 業績集1 Kindle版

出典:https://www.amazon.co.jp/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6-%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%BE%B3-%E6%A5%AD%E7%B8%BE%E9%9B%86%EF%BC%91-%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%BE%B3-ebook/dp/B01MF5ZCUX

こちらはKindle版の電子書籍となっており、業績集の第1弾として、これまでに発表してきた内容を加筆訂正したものです。低価格なのに簡潔な文章でためになる、と好評で、筋トレを行っている方にはためになる情報が詰まっています。

内容は専門的になるので初心者の方には難しいかもしれませんが、筋トレで栄養面での知識を深めたい方にはおすすめです。山本義徳は多くの本を出版していますが、Amazonのランキングではこちらの本が最も人気があります。

炭水化物のすべて: 山本義徳 業績集1 Kindle版

ウェイトトレーニング -実践編-

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%B7%A8-%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E5%BE%B3/dp/B07JJRBPKC

こちらは2018年11月に出版された本で、電子書籍版の業績集10、11をまとめた内容となっています。胸や背中、肩、腕、脚などのウエイトトレーニングについて紹介されているので、効果的に筋肉を鍛えたいといった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

こちらもかなり中身が充実しており、かなりリーズナブルであるといった口コミもあります。インターネットのみの情報収集に物足りなくなったときにも、読みたい一冊です。

ウェイトトレーニング -実践編-

山本義徳オフィシャルブログ『カラダの改造、お任せあれ』

2014年4月10日には、山本義徳のオフィシャルブログがオープンしました。カーボドリンクの選び方やワークアウトドリンクに入れる糖質の量、などさまざまなテーマで記事が執筆されており、筋トレに対する知識を深めることができます。専門用語を使用した解説記事などもあるので、気になるタイトルがあればチェックしてみてはいかがでしょうか。

カラダの改造、お任せあれ

山本義徳 筋トレ大学

筋肉博士とも呼ばれるほど知識豊富な山本義徳は、YouTubeにて動画配信も行っています。特定の箇所をパンプアップさせるのにおすすめのトレーニング種目や、バルクアップするために最適な食事などが紹介されており、筋トレに必要な知識を得ながら筋トレを行うことができます。

また、コンビニで買える最強の筋肉飯やプロテインの意味のない飲み方なども紹介されており、筋トレ初心者の方にとって役立つ情報も満載です。山本義徳のベンチプレスの最大重量である260kgを挙げるための1日のルーティーンを紹介した動画などもあるので、本格的に筋トレを極めたい方にもピッタリの内容となっています。

そして、かっこよく健康的に体を絞るための食事法やリバウンドしてしまう人の共通点をまとめた動画などは、トレーニーだけでなくダイエッターの方に役立つ内容でもあるでしょう。動画の公開数も多く、サムネで動画の内容が端的に書かれているので必要な動画を見つけやすいのも魅力です。

山本義徳 筋トレ大学

山本義徳は今後の活躍にも目が離せない!

この記事では、筋トレ界の伝説と呼ばれる山本義徳の生い立ち、全盛期の成績などについて紹介しました。初めてのベンチプレスで80kgを持ち上げたという彼は、MAXで260kgのベンチプレスを持ち上げたという記録を持っています。筋肉博士とも呼ばれるほどの豊富な知識は動画や書籍などで公開されているので、知識を深めたい方はチェックしてみてください。

関連する記事