日本代表の年俸ランキング!2021最新〜歴代レジェンドの報酬額を比較!

実力の評価でもある年俸ですが、日本代表の選手たちはどのくらいの金額なのか気になるところです。この記事では、Jリーグや海外リーグなどで活躍するサッカー日本代表選手の最新の年俸について紹介します。さらに歴代レジェンドの報酬額とも比較していきます。

目次

  1. サッカー日本代表の年俸を徹底調査!
  2. サッカー日本代表の年俸ランキング【2021最新】
  3. 10位板倉滉
  4. 9位谷口彰悟
  5. 8位昌子源
  6. 7位冨安健洋
  7. 6位西川周作
  8. 5位吉田麻也
  9. 4位酒井宏樹
  10. 3位大迫勇也
  11. 2位久保建英
  12. 1位南野拓実
  13. その他、最近選ばれているサッカー日本代表選手の年俸
  14. サッカー日本代表の年俸【歴代レジェンド編】
  15. サッカー日本代表の年俸は毎年変動があるので注目しよう

サッカー日本代表の年俸を徹底調査!

サッカー日本代表の年俸は、いったいどのくらいなのでしょうか。日本代表選手には、Jリーグで活躍するサッカー選手や海外リーグで活躍するサッカー選手がいます。日本のサッカー選手は、年々クオリティが高くなっていることから選手の年俸も上昇傾向がみられます。

サッカー日本代表に選ばれると、日給・勝利給が支払われるシステムです。2011年のJFA公式サイトでは、日当1万円勝利ボーナス10万円~200万円(ランクによる)引き分けの場合は半額、大会ボーナスは25万円~5,000万円と公表されています。大会ボーナスは、大会によって金額が異なりワールドカップが高額となっています。

一般の年収と比較すると、サッカー日本代表選手の年俸は高い気がしますが勝負に負けてしまった場合、日当1万円のみと考えると勝たなければ高収入にはつながらないというわけです。

サッカー日本代表の年俸ランキング【2021最新】

サッカー日本代表選手最新年俸をランキング形式で紹介します。Jリーグや海外リーグで活躍する有名選手は、どのくらいの年俸をもらっているのでしょうか。日本代表サッカー選手2021最新の年俸についてみていきましょう。

※年齢は2021年6月現在のものです

10位板倉滉

出典:https://www.pinterest.jp/pin/661466264008099792/

生年月日(年齢)1997年1月27日(24歳)
出身地神奈川県横浜市
身長187cm
体重75kg
近年5年の年俸・2017年川崎フロンターレ(500万円)
・2018年ベガルタ仙台(800万円)
・2019年フローニンヘン(7900万円)
・2020年フローニンヘン(7900万円)
・2021年フローニンヘン(7,900万円)

現在オランダのフローニンヘンに所属する板倉滉は、24歳のサッカー日本代表選手です。川崎フロンターレに入団したときの年俸は480万円で、べガルダ仙台移籍時は800万円にアップしています。板倉滉の転機は、2019年にマンチェスター・シティへの移籍が決まったことです。

ただ、ワークパーミットが降りないというトラブルがあり、オランダのフローニンヘンにレンタル移籍となってしまいました。しかしそのとき年俸が一気にアップして7,900万円に上がり、2021年までキープしています。

9位谷口彰悟

出典:https://www.pinterest.jp/pin/164592561358993519/

生年月日(年齢)1991年7月15日(29歳)
出身地熊本県熊本市
身長183cm
体重75kg
近年5年の年俸・2017年川崎フロンターレ(3,000万円)
・2018年川崎フロンターレ(6,000万円)
・2019年川崎フロンターレ(8,000万円)
・2020年川崎フロンターレ(8,000万円)
・2021年川崎フロンターレ(8,000万円)

川崎フロンターレで活躍する谷口彰悟は、29歳のサッカー日本代表選手です。プロ入りを果たしたのは、2014年で川崎フロンターレに入団しました。翌年の2015年には、日本代表選手のバックアップメンバーに選ばれフル出場を果たしています。

入団当時の年俸は480万円、日本代表の翌年には2,000万円と年々アップしていきました。2020年よりキャプテンに就任しています。2021年度の年俸は、前年同様8,000万円です。

8位昌子源

出典:https://www.pinterest.jp/pin/714313190869205102/

生年月日(年齢)1992年12月11日(28歳)
出身地兵庫県神戸市
身長182cm
体重76kg
近年5年の年俸・2017年鹿島アントラーズ(3,000万円)
・2018年鹿島アントラーズ(4,000万円)
・2019年鹿島アントラーズ(6,000万円)
・2020年ガンバ大阪(1億円)
・2021年ガンバ大阪(8,700万円)

現在ガンバ大阪に所属している昌子源は、28歳のサッカー日本代表選手です。ポジションはディフェンダーでJリーグ入りしたのは2011年で、鹿島アントラーズへの入団でした。入団当初の年俸は360万円でスタートし、3年後の2014年にはJリーグ優秀選手賞を獲得しています。

2015年の年俸がグンと上がり2,000万円、年々年俸がアップしていきガンバ大阪への移籍の年は、1億円まで上がりました。2021年度の年俸は、前年度より下がりましたが8,700万円となっています。

7位冨安健洋

出典:https://www.pinterest.jp/pin/661466264019399276/