ボディビルダーの寿命は短い?その理由〜早死で短命だった選手一覧も!

ボディビルダーの寿命は短いと言われますが本当でしょうか。なぜボディビルダーが短命と言われているのか、その理由を検証。また筋トレすることのメリットや、寿命が短かったボディビルダー達を紹介します。同じく短命と言われているアスリートにも焦点をあてていきます。

目次

  1. ボディビルダーの寿命は短い?
  2. ボディビルダーの寿命が短いと言われている理由
  3. 無理な体作り
  4. プロテインの飲みすぎ
  5. 筋肉増強剤(アナボリックステロイド)による副作用
  6. ボディビルダーというよりアスリート全般の寿命が短い?
  7. 無理な増量
  8. 活性化酸素の増加
  9. ドーピングによる副作用
  10. 人間の寿命は心拍数20億回
  11. ボディビルダーまで筋トレをするメリットも!
  12. 免疫力や体力アップ
  13. コリや冷え性の改善
  14. 筋肉量の減少をコントロール
  15. 成長ホルモンの分泌
  16. ストレス解消
  17. 寿命が短かったボディビルダー達
  18. マッスル北村
  19. リッチ・ピアーナ
  20. ゲント・ウェイクフィールド
  21. サム・スタンダーウィック
  22. ボディビルダーが寿命が短いという因果関係はなさそう

ボディビルダーの寿命は短い?

ボディビルダーは、「短命」「早死にする」と聞いたことはありませんか?なぜボディビルダーは寿命が短いと思われているのでしょうか?またボディビルダーと同じくアスリートも短命と言われている理由や筋トレするメリット、寿命が短かったボディビルダー達も紹介します。

(ストイック過ぎて死亡したボディビルダー達については以下の記事も参考にしてください)

ストイック過ぎて死亡したボディビルダー達|ステロイド・栄養失調などの原因も解説

ボディビルダーの寿命が短いと言われている理由

いつもトレーニングを行い筋肉作りをしているボディビルダー。トレーニングを行っていない人よりも健康な気がしますが、なぜ寿命が短いと言われているのでしょうか?その理由を詳しく解説していきます。

無理な体作り

一昔前のボディビルダーのトレーニングと言えば、「倒れるまで鍛えろ!」「吐くまで食べろ!」と言われる程過酷な体作りを行ってきました。筋肉をつけるために食べまくり、大会前は極限まで減量するという、不健康で体に相当な負担がかかる行為です。

急激に太ったり、極端に減量したりを繰り返しすという無理な体作りが、早死にするのではないかという原因になっています。

体脂肪の減少にはある程度の期間が必要である。
減らしたい体重量により減量期間が変わってくることを理解し、からだにかかる負担と危険度が大きい急速減量は避けるべきである。

日本スポーツ協会の「アスリートの栄養摂取と食生活」によると、体脂肪の減少には、一定期間必要で減量したい体重量によって減量期間は変わる、急激な減量は体への負担と危険度が大きいので避けるべきと書かれています。

プロテインの飲みすぎ

筋肉作りのためによく飲まれているのがプロテインですが、ボディビルダーはプロテインを飲み過ぎていて寿命を縮めているのではないか?と言われています。基本的にプロテインはタンパク質をメインとした飲み物なのでデメリットはありません。しかしプロテインを規定量よりも過剰に摂取してしまうと体に危険を及ぼしてしまいます。

プロテインの過剰摂取による唯一の副作用は腎臓への負担を重くすると言われています。

早稲田大学スポーツ科学学術院とオルト株式会社の共同研究によると、プロテインの過剰摂取は腎臓への負担を重くするとあります。

(プロテインの失敗しない選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

【プロテインの選び方】初心者でも失敗しない目的に合った買い方を解説!

筋肉増強剤(アナボリックステロイド)による副作用

筋肉増強剤などのステロイドの副作用のために、早死にしたということも考えられます。筋肉増強剤などのステロイドを使用すると、強靭な筋肉が手に入れられますが、多くの副作用が伴います。ボディビルダーはステロイドを使用しているのでは?と思われて、早死にすると言われているのです。

筋肉の増強作用は顕著であるものの、多くの副作用が知られており、例えば肝障害、肝臓癌、前立腺癌、高コレステロール血症、高血圧症、心筋梗塞、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、性腺刺激ホルモン分泌低下性機能低下症、体液性免疫異常、ニキビ、筋断裂、毛髪の消失、しゃがれ声化あるいは金切り声化などです。

酪農学園大学 動物薬教育研究センターによると、筋肉増強剤の仕様は、肝臓癌・前立腺癌・高血圧症・心筋梗塞などの多くの副作用が知られているとあります。命にかかわる危険な副作用です。

ボディビルダーというよりアスリート全般の寿命が短い?

寿命が短いと言われているのはボディビルダーだけではありません。みんながそうではありませんが、アスリート全般に短命だと言われています。実際、データーによるとお相撲さんやプロレスラーなどのアスリートは、一般の人よりも平均寿命が短いことがわかっています。なぜなのか、その理由について見ていきましょう。

無理な増量

アスリートの中でもお相撲さんは、厳しい稽古や大量の食事など体の負担は相当なものです。体を大きくするために摂る食事の量は半端ではなく、ほとんどは無理をして食べているのかもしれません。番付があがると精神的なストレスも伴ってきます。相撲は心身共に大きな負担がかかるスポーツと言ってもいいでしょう。ちなみに最近の横綱の平均寿命は58.6歳です。

肥満との関係でもっとも注目されているのが、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病です。動脈硬化を引き起こします。その結果、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へと進む原因ともなります。

オムロンの健康コラムによると、肥満は糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病や、心筋梗塞、脳卒中など、直接命にかかわる重大な病気につながる危険性があるとあります。

活性化酸素の増加

アスリートは厳しいトレーニングやハードなスポーツに、日々励んでいます。目標に向かってトレーニングをしすぎたり、体に負荷をかけすぎたりしている選手も多くいるでしょう。そんな過度なトレーニングや負荷のかけすぎ、また瞬発力が試される競技は、活性酸素(フリーラジカル)を大量に発生させてしまう危険があります。

活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となります。

厚生労働省のeヘルスネットによると、活性酸素の過剰な産生は、体の細胞を損傷してガンや心血管疾患ならびに生活習慣病などの危険な疾患をもたらす要因になるとあります。また活性酸素は体の細胞や組織を酸化させて、老化現象を引き起こしてしまうとも言われています。

ドーピングによる副作用

ボディビルと同じく、アスリートもドーピングを行い、その副作用で寿命が短いのではないかともささやかれています。実際に元競輪選手がドーピングを行って優勝を勝ち取ったとの告白もありました。ドーピングにより、寿命を縮めてしまっているということも考えられるでしょう。

人間の寿命は心拍数20億回

「人間の寿命は心拍数20億回」と言われています。スポーツをすると心拍数が上がり、その分心拍数も上がります。常にスポーツを行っているアスリートは、心拍数を人より多く消耗しているのではないか?と言われてきました。

しかし成人の人の心拍数が60~80/分に対し、アスリートは60よりも低い人が多いので、心拍数が多いという理由はアスリートには当てはまりません。

ボディビルダーまで筋トレをするメリットも!

無理な体作りやプロテインの過剰摂取などで、寿命を縮めてしまいますが、ボディビルダーを目指すために行う筋トレにはメリットもあります。筋トレを行うメリットも見ていきましょう。

免疫力や体力アップ

筋トレすると、筋肉量が上がります。筋肉量が上がると運動やトレーニングをした時に、体温が上がり血行が良くなります。そのため体全体に酸素や栄養が行き渡り免疫力がアップするのです。また筋力が上がると疲れにくくなったり、重いものを持てたりと体力もアップします。

適度な運動は免疫能を高め,感染症や癌の予防に有効
適度な運動習慣がストレスや感染に対する抵抗力(防衛体力)を強化する

日本補完代替医療学会誌の論文によると、適度な運動は免疫能を高めて、ストレスや感染による抵抗力を強くするとあります。

(免疫力アップする筋トレのコツについては以下の記事も参考にしてみてください)

【コロナ撃退】筋トレで免疫力アップ!逆に低下するNG例〜上がるコツまで解説!

コリや冷え性の改善

筋トレ行うと毛細血管が発達、体全身の血行が良くなります。体中に血液が運ばれて循環。足先や手先などの冷えを改善し、肩や首のコリを改善するというメリットがあります。体がポカポカと温かくなるので、冷え性や寒がりの人におすすめです。

筋肉量の減少をコントロール

40代の中年期になると「毎年筋肉の1%脂肪へ変換現象」という現象が起こります。今ついている筋肉が毎年1%づつ脂肪へ変わってしまうという恐ろしい現象です。また脂肪の中でも内臓脂肪が増える傾向にあると言われています。しかし筋トレを行うことで筋肉を維持し、基礎代謝もアップ。基礎代謝が上がると、痩せやすく太りにくい体を作ることができます。

成長ホルモンの分泌

筋トレを行うと、成長ホルモンを分泌させる効果があります。成長ホルモンが分泌されると、骨や筋肉の生成、病気への抵抗力アップや脳の疲労回復を促してくれます。成長ホルモンは発育時に分泌されて、年齢とともに少しづつなくなっていき、やがて消失。しかし筋トレを行うことで、年齢問わずに成長ホルモンが分泌されます。

ストレス解消

運動すると気分がスッキリするように、筋トレも行うことで気分がスッキリします。腕立て伏せや腹筋、重い重量を持ち上げるなど、きついトレーニングを行った後の達成感や疲労感が心地よく、ストレス解消につながります。気持ちが上がらないときなどの気分転換にも、筋トレや運動はおすすめです。

うつ病や不安障害の治療として運動が薬物療法と同等の効果を有することが示された

「抑うつ改善に及ぼす運動の効果」の論文によると、運動はうつ病や不安障害の治療としても薬と同等の効果があるということです。

(筋トレのストレス解消できる理由については以下の記事も参考にしてみてください)

筋トレはストレス解消に効果的!論文を元に軽減できる理由〜体験談まで紹介!

寿命が短かったボディビルダー達

ここで若くして亡くなったボディビルダー達を紹介します。筋肉を成長させるために、並々ならぬ努力した肉体美の持ち主ばかりです。

マッスル北村

出典:https://ameblo.jp/toukatomosibi/entry-12533185246.html

2000年8月に享年39歳という若さで死亡したマッスル北村。東大に合格するという頭脳を持ちながら、数十キロのダンベルをロープで括り付けてトレーニングするという高重量トレを行い、極限の食事制限を笑顔で行う伝説のボディビルダーです。

(マッスル北村の死因については以下の記事も参考にしてみてください)

マッスル北村の死因は餓死ではない?食事制限による低血糖?噂の真相を解明

リッチ・ピアーナ

出典:https://twitter.com/sameoradio/status/1253331689343840262

ユーチューバーとしても活躍していたボディビルダー、リッチ・ピアーナは2017年8月25日、46歳で死亡しています。アメリカの一部コンテストではアナボリックステロイドの使用が認められていますが、彼もステロイドを使用していたと公言しています。

(リッチ・ピアーナの死因については以下の記事も参考にしてみてください)

リッチピアーナとは?死因は薬物?生い立ち〜筋トレ・食事・私生活〜画像集まで紹介!

ゲント・ウェイクフィールド

出典:https://www.pinterest.jp/pin/443745369526843174/

ハンサムボディビルダーと言われていたゲント・ウェイクフィールドは、2016年12月に35歳という若さで死亡しました。亡くなる数年前に上腕二頭筋を怪我する前は、「WWE」のレスラーとして活躍していました。薬物などの噂はありますが、死因はわかっていません。

サム・スタンダーウィック

出典:https://chikyu-jack.com/?p=21042

イギリスのボディビルダー、サム・スタンダーウィックは25歳の若さで亡くなっています。ほとんど毎日トレーニングを行い、健康的な食事療法を行っていたサム・スタンダーウィック。冠状動脈の70パーセントが閉塞していたことが死因だったということです。

(早死にしたボディビルダーについては以下の記事も参考にしてみてください)

ボディビルダーが寿命が短いという因果関係はなさそう

ボディビルダーは寿命が短いと言われていますが、過酷過ぎる体作りやプロテインの飲みすぎ、ステロイドの副作用が要因になったと考えられます。反対に、適度な筋トレや運動は免疫力アップや筋力向上とメリットが多くあります。ボディビルダーの寿命が短いという因果関係はないでしょう。