【2022最新】長谷部誠の年俸推移!デビューから現在・全盛期まで紹介!

長谷部誠は2018年から海外で活躍し続け、日本代表のキャプテンも長く務めたサッカー選手です。この記事ではデビューした浦和レッズ時代から、今なお全盛期といえる年俸を更新し続けている長谷部誠の年俸の推移を順を追って紹介していきます。

目次

  1. 長谷部誠の年俸はいくら!?
  2. 長谷部誠の年俸推移【Jリーグ時代編】
  3. 浦和レッズでの活躍
  4. 長谷部誠の年俸推移【海外編】
  5. ヴォルフスブルク
  6. ニュルンベルク
  7. フランクフルト
  8. 長谷部誠と他日本代表の年俸比較
  9. 鈴木啓太
  10. 大久保嘉人
  11. 川島永嗣
  12. 香川真司
  13. 岡崎慎司
  14. 長谷部誠の年俸は日本人選手トップレベル

長谷部誠の年俸はいくら!?

出典:https://twitter.com/maemukikotoba1/status/1411029411281862657

長谷部誠選手は2021年現在37歳。2008-2009シーズンから欧州4大リーグであるドイツ・ブンデスリーガで活躍を続けています。2014-2015シーズンから所属しているアイントラハト・フランクフルトでは2021-2022シーズンにキャプテンとなりました。リーグ2番目の高齢選手でありながら、「ピッチ内外で完璧なリーダー」と評価されています。

また2010年、2014年、2018年と日本代表のキャプテンを最も長く務め、歴代最長であり歴代最高のキャプテンといわれています、そんな長谷部誠の年俸はどう推移しているのでしょうか。長谷部誠のサッカー史とともに順を追って最新情報までみていきましょう。

長谷部誠の年俸推移【Jリーグ時代編】

2002年(浦和レッズ)370万円
2003年(浦和レッズ)400万円
2004年(浦和レッズ)1000万円
2005年(浦和レッズ)1500万円
2006年(浦和レッズ)2500万円
2007年(浦和レッズ)3600万円

上記がJリーグ時代の長谷部誠の年俸です。3歳でアニメ「キャプテン翼」に憧れてサッカーを始めた長谷部誠は、サッカーの名門校である藤枝東高校卒業後、浦和レッズに入団しました。ここからは、Jリーグ時代の長谷部誠を追っていきます。

浦和レッズでの活躍

出典:https://blog.goo.ne.jp/football_smile/e/6f4a1b052df3d5880a38c752eed31607

長谷部誠のプロ1年目は1試合のみの出場でしたが、2年目からはトップ下、ボランチでのプレーで活躍、レギュラーの座を獲得しました。この頃から鈴木啓太とコンビを組むことが増え、2004年にはダブルボランチでチームを支え2ndステージ優勝等タイトル獲得に貢献。ナビスコカップ・ニューヒーロー賞受賞、Jリーグ・ベストイレブンにも選ばれました。

2006年にはクラブ初のJ1リーグ優勝。長谷部誠は浦和レッズの「黄金時代」といわれるこの時期を共に駆け抜け、大きく成長を遂げたことでプロ6年目にして年俸が10倍にまで跳ね上がりました。

長谷部誠の年俸推移【海外編】

2008-2009年(ヴォルフスブルク)8000万円
2009-2010年(ヴォルフスブルク)9000万円
2010-2011年(ヴォルフスブルク)1億円
2011-2012年(ヴォルフスブルク)1億2千万円
2012-2013年(ヴォルフスブルク)2億円
2013-2014年(ニュルンベルク)3億円
2014-2015年(フランクフルト)5億2千万円
2015-2016年(フランクフルト)5億4千万円
2016-2017年(フランクフルト)5億5千万円
2017-2018年(フランクフルト)5億8千万円
2018-2019年(フランクフルト)6億円
2019-2020年(フランクフルト)6億円
2020-2021年(フランクフルト)6億円
2021-2022年(フランクフルト)6億円

上記が長谷部誠の海外移籍した2008-2009シーズンから現在までの年俸の推移です。成長のために環境を変えたいという思いから、浦和レッズという国内トップのチームにいた長谷部は必然的に海外移籍を決めました。浦和レッズとの契約期間終了に伴い、移籍金は発生していません。

サッカー選手の市場価値はおおむね24-25歳まで上がり、28-29歳まで維持、それ以降下がるといわれています。しかし長谷部誠は37歳の現在まで、Jリーグ時代を含め一度も年俸が下がったことがないのですから驚きです。ここからは長谷部誠にとってどんな時期であったか、在籍チーム毎に最新情報まで見ていきましょう。

ヴォルフスブルク

出典:http://nihonsoccer.doorblog.jp/archives/23072199.html

移籍後初の2007-2008シーズンは途中での加入にも関わらず16試合に出場しました。翌シーズンの2008-2009シーズンでは25試合に出場し、中盤センターまたは右サイドのレギュラーとしてチームに貢献。日本人としては奥寺康彦依頼31年ぶり、ヴォルフスブルクとしては初のリーグ優勝を果たしました。

2011-2012シーズンは23試合へ出場はしましたが、本職ではない右サイドバックでした。翌2012-2013シーズンはポジションに不満もあり移籍活動をしていたことで、当時のマガト監督から「干された」状態で前半戦8試合がベンチ外という状態に追いやられました。

マガト監督解任後公式戦への復帰はしますが、ボランチでの起用はされず、右サイドバックでの出場のままでした。そして2013-2014シーズンには中盤の中央のポジションを必要としているニュルンベルクへ移籍。希望と異なるポジションでプレーした時期でしたが年俸は下がるどころか上がっており、長谷部誠の評価の高さが伺えます。

(サッカーの監督については以下の記事も参考にしてみてください)

サッカー名監督ランキング15選!史上最高の名将達の戦術・エピソードまで!

ニュルンベルク

出典:https://ameblo.jp/webstyleking/entry-11620375450.html