急な抜け毛は季節が問題かも!春秋が抜けやすい時期?原因&対策を解説!

「急に抜け毛が増えた」というとき、季節による問題が髪や頭皮に影響していることがあります。では、髪が抜けやすいのはどの季節なのでしょうか?この記事では春夏秋冬のうちの抜け毛が増えやすい時期やその原因、季節的なものによる抜け毛対策などについて解説していきます。

監修 |美容師 横井拓徹
Instagram(本垢)Instagram(芸能人ものまねヘアセット垢)美容師免許 Amoute(アムティ)恵比寿店に勤務。21歳で専門学校卒業と同時にスタイリストデビュー。美容業界最速。...
Instagram(本垢)Instagram(芸能人ものまねヘアセット垢)美容師免許Amoute(アムティ)恵比寿店に勤務。21歳で専門学校卒業と同時にスタイリストデビュー。美容業界最速。学内ウィッグコンテストでは優勝。24歳で店長に就任。SNSを駆使し、メディアでも多岐にわたって活躍している。インスタグラムでは100人以上の芸能人ものまねセットを投稿し、話題性を呼んでいる。

目次

  1. 抜け毛が増えやすい季節があるの?
  2. まずは抜け毛のサイクルについて理解しよう
  3. 抜け毛が増える季節は春秋の時期?原因は?
  4. 春に抜け毛が増える原因
  5. 秋に抜け毛が増える原因
  6. 夏の季節に抜け毛が増えてきたら要注意?
  7. 抜け毛が増える季節の前からすべき対策
  8. 紫外線から頭皮や髪を守る
  9. 花粉症対策をする
  10. 頭皮マッサージをする
  11. 正しい方法でシャンプーをする
  12. 頭皮に優しいシャンプーを使う
  13. 頭皮を保湿する
  14. パーマ・カラーを避ける
  15. 栄養バランスの良い食事を摂る
  16. ストレスを溜め込まない
  17. 睡眠時間を十分に確保する
  18. 抜け毛は季節が原因でもあるから気にしすぎない!

抜け毛が増えやすい季節があるの?

「季節が変わって、急に抜け毛が増えた気がする」と感じて不安になっている方はいませんか?実は、抜け毛と季節との間には関連性があり、抜け毛が増えやすい季節が存在しています。季節の影響による抜け毛であればそこまで心配する必要はなく、適切な対策を行えば抜け毛から薄毛への悪化を防ぐことが可能です。

では、抜け毛が増える季節がいつなのかを知るにあたって、まずは人間の抜け毛のサイクルについて押さえておきましょう。

(抜け毛が病気のサインかどうかについては以下の記事も参考にしてみてください)

抜け毛は病気のサインかも。正常・異常の見分け方は?対策〜受診の目安まで解説

まずは抜け毛のサイクルについて理解しよう

人間の髪は生えかわりを繰り返していくもので、同じ髪の毛が延々と伸び続けるわけではありません。髪の毛が生え変わるヘアサイクルについて、研究論文では以下のように説明されています。

毛にはヘアサイクルがあって1日に50~100本,平均64本の毛が自然に脱毛していく。そしてこの数を補うため,一方では同じ数の毛の新生を促進する必要があります。毛は一生のび続けるのではなく,一定期間成長を続けると(成長期),成長を中止し(移行期),ついで休止期となり毛は脱落します。

「毎日60本以上も髪の毛が抜けているの?」と驚いた方もいるでしょうが、ヘアサイクルは髪の毛ひとつひとつで異なっているため、一度にまとまって抜けてしまうことはありません。ヘアサイクルは「成長期」「移行期」「休止期」の3つの時期で構成されており、1周期は男性の場合が2~5年、女性の場合が5~6年です。

成長期は2~6年かけて1日におよそ0.3mmずつ髪が伸び、移行期になると毛根の成長が停止します。その後およそ2週間で休止期に入り、髪が抜け落ちる仕組みです。このヘアサイクルが乱れると成長期が短くなり、抜け毛が増えてしまいます。

ヘアサイクルが正常な状態であれば休止期の後2~3ヶ月ほどで新たな髪が生えてきますが、何か問題があると「新しい髪が生えてこない」「生えてきた髪にハリがない」といったトラブルが起こりがちです。抜け毛が増える時期を過ぎた後は、健康な髪が生えてきているか確認する習慣をつけると良いでしょう。続いて、抜け毛が増える季節について解説していきます。

(抜け毛の原因については以下の記事も参考にしてみてください)

抜け毛の原因は?すぐ防止できる5つの対策〜危険なサインの見分け方も!

抜け毛が増える季節は春秋の時期?原因は?

抜け毛が増える季節は、一般的に春と秋だと言われています。春と秋は季節の変わり目であり、さまざまな環境の変化からヘアサイクルが乱れやすい時期です。

また、動物には快適に生活できるよう毛量を調節する「換毛期」というものが3月と11月にあり、そのふた月に毛が生え変わります。夏になると毛量が減ってすっきりし、冬になると毛量が増えてもこもこになる動物をイメージするとわかりやすいでしょう。人間も動物の一種であるため、換毛期に当たる春の3月と秋の11月に毛が抜けやすいとも考えられています。

ただ、ヘアサイクルや換毛期とはまた違った原因で、春や秋の季節に抜け毛が増えるケースも少なくありません。そこで、ここからは春と秋に抜け毛が増える原因をそれぞれ解説していきます。

春に抜け毛が増える原因

春に抜け毛が増える原因としては「花粉の飛散」「環境の変化によるストレス」が挙げられます。まず花粉についてですが、花粉症と毛髪内のミネラル濃度との関連性を調べた研究によって以下のような結果がみられました。

花粉症の発症と毛髪中ミネラル濃度との間に関連性が認められ,花粉症患者において,男性では鉄が低下し,女性ではカルシウム,クロム及びカドミウムの低下,セレンの上昇が認められた。

花粉症を発症すると、男性は毛髪内の鉄が低下してしまうことが明らかになっています。花粉の影響で髪の栄養が不足し、抜け毛につながっている可能性があると言えるでしょう。

環境の変化によるストレスについては、春が新生活をスタートさせる季節であることが関係しています。新生活が始まって環境が大きく変わるとさまざまな場面でストレスを感じ、ホルモンバランスの乱れや頭皮の血行不良を引き起こすケースも少なくありません。

また、新生活に慣れるまでは疲れや忙しさから栄養バランスが整った食事を摂りづらい方も多く、頭皮や髪への栄養も不足しがちです。そういった面からも、春には抜け毛が増えやすいと考えられています。

秋に抜け毛が増える原因

秋に抜け毛が増える原因としてまず挙げられるのが「夏に蓄積していたダメージの顕在化」です。夏の紫外線などによる髪へのダメージは浴びてすぐではなく、季節が変わる秋になってから現れ始めます。では、夏の時期にはどういったことで髪や頭皮がダメージを受けてしまうのでしょうか?

まず、梅雨のイメージもあり意外に感じる方もいるでしょうが、紫外線が最も強力なのは夏の始まりでもある6月ごろです。それに加えて夏休みシーズンの7月や8月には、海水浴などのアウトドアで髪や頭皮が直射日光を浴びる時間が長くなります。室内のプールでも、少なからず塩素によるダメージを受けるでしょう。

また、これらのすさまじいダメージを受けた後の秋の時期にヘアサイクルの移行期・休止期が重なった場合、新たな成長期に向けた毛根の働きが低下する恐れもあります。

秋に抜け毛が増える原因には「気温の低下による自律神経の不調」といったこともあります。秋には夏の暑さによる疲れが溜まっているところに急に気温が下がり、身体が適応できず自律神経が乱れがちです。そして「交感神経」「副交感神経」の2つから成る自律神経は血管の拡張や収縮をつかさどり、その血管の動きは髪の毛にも影響を及ぼします。

では、自律神経が乱れるとどういった状態になってしまうのでしょうか?自律神経が乱れてしまうと、血管を収縮させる交感神経のほうが優位となり、頭皮の血行不良を引き起こします。その結果、毛根や髪に栄養が行き届かなくなると抜け毛や薄毛につながってしまうのです。また、交感神経が優位な状態では汗や皮脂の分泌が過剰になり、頭皮環境も悪くなります。

さらに、自己免疫疾患のひとつである円形脱毛症と自律神経との関連を調べた研究では以下のような結果がみられました。

本症患者は健常人に比し正常型以外の自律神経失調型(とくに交感神経緊張型)を示す割合が有意に高かつた。このことは本症において, その準備性, 素因, 遷延化の原因に何らかの自律神経的要因が働いている可能性を示唆するものであると思われる。

円形脱毛症の患者は交感神経が緊張するタイプの自律神経の不調も起こしている割合が高く、交感神経優位の状態が続く自律神経の乱れが円形脱毛症の原因などに影響していることが明らかになっています。

(病気の可能性がある抜け毛については以下の記事も参考にしてみてください)

抜け毛は病気のサインかも。正常・異常の見分け方は?対策〜受診の目安まで解説

夏の季節に抜け毛が増えてきたら要注意?

ここまで春と秋の抜け毛について解説してきましたが「自分は夏の時期の方が抜け毛が多い気がする」という方もいるのではないでしょうか?一般的に抜け毛が増えるのは春・秋だと言われているものの、夏にも抜け毛が増える要因がいくつかあります。

梅雨が明けて夏が始まる時期は気温も湿度も高く、汗や皮脂の分泌過多によって頭皮が不衛生な環境になりがちです。頭皮にはもともと菌や微生物が常在していますが、環境が悪い状態が続くと常在菌や微生物が異常に繁殖して炎症を起こす恐れがあります。その結果、頭皮だけでなく毛根までダメージを受け、抜け毛が進行して薄毛につながる可能性も否定できません。

研究論文においても、頭皮の環境と常在菌・微生物について以下のように説明されています。

皮膚には,常在微生物とよばれる表皮ブドウ球菌,ニキビ桿菌や酵母などの微生物が常に住みついています。頭皮をからだの他の皮膚と比較した時の特徴は,皮脂腺の数が多く皮脂量が多いこと,毛が太く長く密生しており乾燥しにくく,発生したフケが脱離しにくいことにあります。このような頭皮の環境は,頭皮の常在微生物にとって繁殖するに非常に良い環境です。このため洗髪を怠たると常在微生物の働きにより分解生成した刺激物質が頭皮に作用してカユミを感じさせるとともに,衛生上も好ましいものではありません。

「皮脂腺がたくさんあるため皮脂の量が多い」「髪の毛が密集していて乾燥しづらい」「発生したフケが剥がれ落ちにくい」といった特徴から、常に頭皮は常在菌や微生物が繁殖しやすい状態であるということです。シャンプーがしっかりできていないと、常在微生物の働きで頭皮にかゆみが発生することについても触れています。

また、頭皮の環境が悪化すると常在している皮膚ダニも必要以上に増殖しがちです。皮膚ダニは皮脂が好物なので基本的には毛穴の皮脂を取り除いてくれる良い存在なのですが、増殖し過ぎると毛根周辺の栄養まで吸収してしまいます。抜け毛や薄毛の進行につながることもあるため、ダニの増殖にも注意しなければなりません。

夏に抜け毛が増えて頭皮にもかゆみや刺激を感じるようであれば、頭皮が清潔な状態を保てているか見直してみてくださいね。シャンプーの方法や頻度に誤りがある可能性もあります。では最後に、抜け毛が増える季節よりも前からすべき対策について押さえておきましょう。

(抜け毛はどれくらいが異常かについては以下の記事も参考にしてみてください)

枕の抜け毛はどれくらいが異常?本数の平均〜原因&対策〜体験談まで紹介!

抜け毛が増える季節の前からすべき対策

季節性の抜け毛を悪化させないためには、抜け毛が増える季節よりも前に対策をしておくことが重要です。そこで、ここからは抜け毛が増える季節の前からすべき対策を多数紹介していきます。簡単に実践できるものばかりですので、日常生活のなかに取り入れて季節性の抜け毛の増加に備えましょう。

紫外線から頭皮や髪を守る

抜け毛が増える季節よりも前にすべき対策としてまず挙げられるのが、紫外線から頭皮や髪を守ることです。先ほども触れたように、紫外線は頭皮や髪にダメージを与えながらどんどん蓄積されていきます。また、対策が十分にできていないと紫外線が毛根まで到達してしまうため、抜け毛や薄毛の進行にもつながりかねません。

髪を紫外線から守るUVカットスプレーが販売されていますが、紫外線が毛根まで到達するのを防ぐためには帽子をかぶって紫外線を遮るのがより適切な対策法だと言えるでしょう。

花粉症対策をする

春の本格的な花粉シーズンに入る前から、花粉症対策をすることも重要です。スギ花粉のピークは2~3月、ヒノキ花粉のピークは4~5月前までだとされています。外出の際は帽子をかぶり、マスクを着用すると良いでしょう。また、帰宅時には服や帽子に付着した花粉を落としてから部屋に入るのがおすすめです。

すでに花粉症を発症している場合はできるだけ外出を控え、薬を服用するなどの対処を忘れず行いましょう。

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは、手軽にできる抜け毛対策のひとつです。頭皮をマッサージして血行を良くし、髪に栄養がしっかりと行き届く環境づくりをしておきましょう。マッサージの前に頭皮を清潔な状態にしておくのが効果を高めるポイントです。頭皮マッサージは以下の手順で行ってみてくださいね。

▼頭皮マッサージの手順

①指の腹で髪の生え際を押し上げ、2秒間キープ
②同様に髪の生え際を押し下げて2秒キープ
③手順①②を数回繰り返す
④頭部の両サイドを指の腹でつかむ
⑤円を描くようにしてほぐす
⑥頭頂部の方向へ頭皮を引き上げる
⑦頭頂部から下の方向へ頭皮を引き下げる

正しい方法でシャンプーをする

正しい方法でシャンプーをすることも、抜け毛が増える季節よりも前にすべき重要な対策として挙げられます。シャンプーの頻度や洗い方を見直して、頭皮や髪を健康な状態に保ちましょう。シャンプーの頻度については、基本的に1日1回で問題ありません。シャンプーのし過ぎは頭皮を乾燥させ、さまざまなトラブルを引き起こします。

また、シャンプーをする際のお湯の温度にも注意しなければなりません。お湯の温度が高すぎると皮脂を必要以上に流してしまい、頭皮の乾燥につながります。以下の正しい手順を参考に、頭皮や髪を傷つけないシャンプーを続けていきましょう。

▼シャンプーの手順

①ぬるま湯で丁寧に汚れを落とす
②シャンプー剤をしっかりと泡立てる
③指の腹で優しく頭皮と髪を洗う
④ぬるま湯でしっかりとすすぐ
⑤タオルドライで水分を取る
⑥15cmほど離してドライヤーで乾かす

(お湯を使うシャンプーについては以下の記事も参考にしてみてください)

湯シャンの効果は?フケ・抜け毛・白髪改善?やり方〜逆効果NG例も!

頭皮に優しいシャンプーを使う

頭皮に優しいシャンプーを使うことも、抜け毛が増える季節よりも前にすべき対策のひとつになります。シャンプーは毎日行うことなので、できる限り頭皮に優しく刺激が少ないものを選ばなければなりません。しかし、刺激が少なくても洗浄力が弱すぎると、頭皮の汚れが残ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

頭皮に優しいシャンプーの選び方のポイントとしては「洗浄成分がアミノ酸系であるもの」「化学成分などの添加物が含まれていないもの」「植物由来の天然成分が含まれているもの」といったことが挙げられます。また、植物由来成分については、頭皮トラブルに関する研究において以下のような結果がみられました。

頭皮トラブルに伴い炎症性因子が亢進し,毛髪形成が遺伝子レベルで阻害されて新たに作られる毛髪のハリ・コシなどが低下することが示唆され,また,それを防ぐ植物由来成分の可能性を提示した。

こちらの研究結果から、植物由来成分には新たに作られる髪の毛のハリ・コシの低下を防ぐ可能性があることが示唆されました。最近では植物由来の天然成分にこだわった製品も増えていますよね。ただ、天然成分が含まれたものであっても「自分に合っていない」と感じたときはすぐに使用を中止しましょう。

(坊主でもシャンプーが必要かどうかについては以下の記事も参考にしてみてください)

坊主でもシャンプーは必要?臭い・乾燥など悩み別のおすすめ〜体験談まで紹介!

頭皮を保湿する

抜け毛が増える季節よりも前に行う対策として、頭皮の保湿も取り入れてみましょう。先ほども触れたように頭皮の乾燥はトラブルの素であり、頭皮の環境が悪いと健康な髪が育ちません。また、薄毛と頭皮の水分量・硬さの関連を調査するために行われた研究では、以下のような結果が出ています。

「薄毛グループ」は「薄毛でないグループ」と比較し、有意差をもって頭皮が硬く、「薄毛の程度」と「頭皮の硬さ」は相関していました。また、両グループの「頭皮の水分量」を測定したところ、「薄毛グループ」は、「薄毛でないグループ」よりも頭皮の水分が少なく、乾燥していました。つまり、「薄毛グループ」は、「頭皮が乾燥して、硬い状態である」ことがわかりました。

こちらの研究結果から、頭皮の水分量が不足して乾燥した状態になっていると薄毛につながりやすいことが明らかになりました。頭皮が潤った状態を保てるよう、保湿ローションなどを使用してたっぷりと水分を与えましょう。「保湿ローションを使ってもまだ頭皮が乾燥している」という方は、シャンプーの頻度や手順に誤りがないか確認してみてくださいね。

また、頭皮の皮脂の分泌が多めな方はベタつきなどの頭皮トラブルを防ぐため、必要以上に保湿を行わないよう注意しましょう。

パーマ・カラーを避ける

パーマやカラーを避けることも、対策のひとつとして挙げられます。これらの施術は髪や頭皮に大きなダメージを与えるため、春や秋の季節性の抜け毛をさらに増加させてしまう可能性も否定できません。紫外線による髪へのダメージに関する研究でも、パーマやカラーの薬剤による影響が以下のように明らかになっています。

UVエネルギーによるシスチン結合の開裂およびシステイン酸の増大による損傷, またその上にパーマや染毛などの薬剤処理が加わるとタンパク溶出が促進され, 更に内部タンパク構造まで変化を受け,これが更に物性変化を促進する可能性が示された。

こちらの研究では紫外線によるダメージを受けた髪にパーマやカラーを行うことで、髪からタンパク質が失われるだけでなく内部のタンパク質の構造にまでダメージを受けるという結果が出ました。このことから、特に紫外線の強い夏の時期のパーマやカラーは、秋の抜け毛の増加や薄毛につながる恐れがあると言えます。

頭皮や髪が健康な状態で抜け毛が増える季節を迎えられるよう、可能な限り夏・冬の時期のパーマやカラーの施術は避けましょう。

栄養バランスの良い食事を摂る

季節性の抜け毛対策として、栄養バランスの良い食事を摂ることも非常に重要です。栄養を摂取することで季節性の抜け毛をなくすことはできませんが、頭皮や髪を健康な状態に保つためには栄養バランスの整った食事が欠かせません。頭皮や髪の健康の維持に必要な栄養素と、摂取が可能な食材は以下の通りです。

・亜鉛(レバー、肉類、魚介類、アーモンド、チーズなど)
・ビタミンB2(卵、乳製品、大豆、レバー、うなぎ、青魚など)
・ビタミンB6(鮭、まぐろ、肉類、ナッツ類など)
・ビタミンC(レモン、キウイなどの果物など)
・ビタミンE(ごま、マーガリン、マヨネーズ、魚介類など)

食材からの摂取がどうしても困難な場合は、サプリで補うのも良いでしょう。また、栄養バランスのとれた食生活は抜け毛が増える季節前のみに限らず、1年を通じて継続していくことが大切です。

ストレスを溜め込まない

季節性の抜け毛の増加を防ぐために、ストレスを溜め込まないよう注意しましょう。ストレスは自律神経の不調にもつながり、頭皮や髪の毛の健康状態にも影響を及ぼす恐れがあります。日頃からこまめにストレスを解消し、引きずらないようにすることがポイントです。

「趣味や好きなことをする時間を持つ」「人に話を聞いてもらう」など、自分なりのストレス発散法を見つけておくと良いでしょう。心の健康は、髪や頭皮の健康にもつながります。

睡眠時間を十分に確保する

睡眠時間を十分に確保することも、季節性の抜け毛対策のひとつです。睡眠時間は頭皮や髪の健康に大きく影響します。成長ホルモンが分泌されて頭皮や髪の修復・成長が行われるのは夜中の22~2時であるため、この時間帯に眠っておくことがまず欠かせません。この時間帯すべてを確保できなくても、最低7時間以上は眠るようにしましょう。

また、より質の良い睡眠時間にすることも大切です。「寝る前にスマホなどのブルーライトを浴びない」「自分に合った枕を使用する」「部屋の温度を適温にする」といったことを意識して、頭皮と髪に良い睡眠時間を確保しましょう。

抜け毛は季節が原因でもあるから気にしすぎない!

季節が原因となっている抜け毛は、抜け毛が増えるシーズン前から対策を行って頭皮や髪の健康を維持していれば特に問題はありません。季節の変わり目に「抜け毛が増えた」と感じても気にしすぎないようにしましょう。その後の新たな髪の生え方に問題があるようであれば、原因を見つけて適切な対処を行ってくださいね。