スロージョギングは消費カロリーが高い?ウォーキングの2倍?計算方法まで解説!

ゆったりとマイペースでスロージョギングを楽しむ人は多いものです。しかし、スロージョギングというとカロリーの消費が少ないような気がしますね。そこで今回は、スロージョギングで消費できるカロリーが意外と高いことや計算方法について説明しましょう。

目次

  1. スロージョギングは消費カロリーが高い!
  2. スロージョギングの消費カロリーはウォーキングの2倍?
  3. ウォーキングとスロージョギングの消費カロリーを計算して痩せよう
  4. スロージョギングの消費カロリーをセルフで計算する方法
  5. 消費カロリーの基準となる基礎代謝量の出し方
  6. 安静時代謝量は基礎代謝量の1.2倍
  7. METs値を用いた計算式で表す消費カロリー
  8. 数字を入れて時速4kmの場合の消費カロリーを計算してみよう
  9. 1時間で食パン1枚分の消費カロリー
  10. スロージョギングで効率よくカロリー消費を狙おう!

スロージョギングは消費カロリーが高い!

スロージョギングとは、その名のとおりにゆっくり走ることを言います。つまり、ウォーキングよりもゆっくりとした苦しさのない走り方です。こうした走り方で果たしてダイエットになるのか、カロリー消費につながるのかと疑問に思う人は多いでしょう。

しかし、そんな心配はいりません。実はスロージョギングは高い運動効果が得られるため、消費カロリーが高く、メタボ予防やダイエットに効果大です。さらに脳の活性化や体力増強、アンチエイジング効果もあるので、老若男女や体力のない人におすすめのトレーニングになります。

スロージョギングの消費カロリーはウォーキングの2倍?

実はスロージョギングのカロリー消費はウォーキングの約2倍なので、体に優しく脂肪燃焼効果も大きいという痩せたい人に適したスポ―ツと言ってよいでしょう。下記で簡単な計算を使ってウォーキングとスロージョギングの消費カロリーの違いを示します。

ウォーキングとスロージョギングの消費カロリーを計算して痩せよう

ここで、ウォーキングとスロージョギングのカロリー消費をざっと計算してみましょう。たとえば、時速3~6kmのウォーキングのカロリー消費を見てみると、1km移動するのに消費するカロリーは体重1kgにつき0.5kcalです。一方、同じ時速、同じ1kmのスロージョキングだと体重1kgあたりで消費カロリーは1kcalになります。

上記を実際の数値にしてみましょう。たとえば、体重70kgの人に当てはめてみると、時速3~6kmで1kmウォーキングした場合の消費カロリーは0.5kcal×70kg=35kcal。同じ時速、同じ距離をスロージョギングした場合は、1kcal×70kg=70kcalです。痩せるための適度な運動になるでしょう。

スロージョギングの消費カロリーをセルフで計算する方法

ここでは、あなた自身のデータを元にスロージョギングの消費カロリーを出してみましょう。セルフの数値を知ることでダイエットや健康づくりに役立てることができます。健康的に痩せたい人におすすめです。

消費カロリーの基準となる基礎代謝量の出し方

まずはあなたの基礎代謝量を理解したうえで、実際の数字を計算して出してみましょう。

基礎代謝量とは、生きていくために最低限必要なカロリーとなっています。年齢、体重、肥満度によって求められる数値で、計算の仕方は国立健康・栄養研究所によって決められています。

1日あたりの男性の基礎代謝(kcal)=(0.1238+0.0481×体重(kg)+0.0234×身長(cm)-0.0138×年齢(歳)-0.5473×1【女性であれば2】)×1000÷4.186

30歳で身長170cm、体重70kgの男性を上記の式にあてはめてみましょう。
(0.1238+0.0481×70+0.0234×170-0.0138×30-0.5473×1)×1000÷4.186=1554.586717kcal

安静時代謝量は基礎代謝量の1.2倍

上記で出した基礎代謝量に1.2をかけた数値が安静時基礎代謝量です。

安静時基礎代謝量とは、その名のとおりじっとしているときの代謝量で、体を動かさずに椅子に座っているときに消費されるカロリーと考えて良いでしょう。下記で実際の数値を出してみます。

たとえば、上記の計算式で出した1日当たりの身長170cm、体重70kgの30歳男性の基礎代謝量は1日約1555kcalです。1時間あたりにすると1555÷24で約65kcalなので、安静時代謝量は1.2倍にして約78kcalです。

METs値を用いた計算式で表す消費カロリー

METs値とは、運動により消費されたカロリーが安静時代謝量の何倍であるかを示した数値です。つまり、運動の強度をわかりやすく数値化したのがMETs値という係数。

このMETs値をスロージョギングの時速から求めて、消費カロリーを計算してみましょう。少々細かい数字ですが、計算機を使えば、そんなに大変な計算ではないです。公式は以下。

METs値= -0.045367 × 時速[km/h]³ + 0.895446 × 時速[km/h]² - 4.314348 × 時速[km/h] + 8.830635 

数字を入れて時速4kmの場合の消費カロリーを計算してみよう

では、時速4kmのスロージョギングでMETs値を計算します。
-0.045367 × 4³ + 0.895446 × 4² - 4.314348 × 4 + 8.830635=2.997275


続いて、このMETs値を使って消費カロリーを出します。
消費カロリー=METs値×運動時間(h)×安静時消費カロリーの公式を使いましょう。


安静時消費カロリーは上記で出した30歳、170cm、70kgの男性の78kcal、運動時間は1時間とします。
2.997275×1×78=233.80656
上記の式により、1時間のスロージョギングで約234kcalの消費です。

1時間で食パン1枚分の消費カロリー

スロージョギングはMTs値を使った計算によると30歳、170cm、70kgの男性の時速4kmの速さだと1時間で食パン1枚分くらいの消費カロリーです。

ものすごいカロリー消費というわけではありませんが、無理なく続けられるので最終的には身体にも良い痩せる運動になるでしょう。自分の身長、体重、時速で計算してみると自分自身の消費カロリーが分かるので、運動のモチベーションも上がります。

スロージョギングで効率よくカロリー消費を狙おう!

無理なくマイペースで続けられるスロージョギングで効率よくカロリー消費をしましょう。スロージョギングだと体力の限界に挑むことなくできるので、仕事や生活にも支障のないマイペースなダイエットが可能です。食事でカロリー制限をするよりも、健康的なダイエットで痩せたいという人はスロージョギングがおすすめ。彼女や奥さんと一緒に走るのも楽しいですよ。

関連する記事