【画像】ダニエルクレイグの筋肉は努力の賜物!筋トレ&食事がストイックで凄すぎる!

映画『007』のジェイムズボンドとして有名なダニエルクレイグは演技だけではなく、筋肉も凄いと評判です。この記事では、ダニエルクレイグの身長・体重・体脂肪率だけではなく、彼のような筋肉を作る筋トレや食事・減量・ダイエットの方法について画像付きで紹介していきます。

目次

  1. ダニエルクレイグの筋肉がヤバすぎる!
  2. ダニエルクレイグの筋肉が凄い理由は?若い頃は細かった?
  3. 若い頃のダニエルクレイグ
  4. 役作りのため
  5. ダニエルクレイグは普段どんな筋トレをしている?
  6. 筋トレプラン
  7. 筋トレメニュー
  8. 1日目
  9. 2日目
  10. 3日目
  11. 4日目
  12. ダニエルクレイグは減量・増量時の食事も徹底?
  13. 水を1日2L飲む
  14. 野菜や果物を積極的に食べる
  15. 14時以降は炭水化物をとらない
  16. アルコール・加工食品を食べない
  17. 【画像集】ダニエルクレイグの筋肉を存分に拝もう!
  18. 007カジノ・ロワイヤルを演じた頃の筋肉
  19. 007スカイフォールの頃の筋肉
  20. 007スペクターの頃の筋肉
  21. ドラゴン・タトゥーの女の頃の筋肉
  22. たくましい大胸筋
  23. バランスのとれた筋肉
  24. 鍛えられた腹筋
  25. ムキムキの上腕
  26. 男らしい前腕屈筋群
  27. ダニエルクレイグの筋肉を目指して筋トレに励もう!

ダニエルクレイグの筋肉がヤバすぎる!

出典: https://www.pinterest.jp/pin/81275968264050483/

生年月日:1968年3月2日
身長:178cm
体重:78kg
体脂肪率:不明
SNS:無し

イギリス人俳優のダニエルクレイグは24歳の時にデビューして以来、ハリウッド映画を含めたくさんの映画やドラマに出演しています。SNSには興味が無いとコメントしており、今でもフェイスブックやインスタはしていません。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/500110733623058970/

ダニエルクレイグといえば『007』のジェームズボンド役で見れる色気を感じさせるかっこいいスーツ姿が印象的です。ダニエルクレイグの体型は178cm78kgと海外の男性としてはそれほど際立ったものではありません。しかし、服の下には素晴らしい筋肉があり、そのギャップが彼の人気の1つです。

ダニエルクレイグのスタイルに憧れている人向けに、筋トレや減量のトレーニング方法を画像と一緒に紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

(スパイ映画のスーツ姿が気になる人は以下の記事も参考にしてみてください)

スパイ映画の服装・スーツがイケすぎ。真似る際のアイテム〜コーデのコツを解説
筋肉画像集はこちら

ダニエルクレイグの筋肉が凄い理由は?若い頃は細かった?

出典: https://www.pinterest.jp/pin/228276274849217502/

バキバキに割れた腹筋を始め、素晴らしい筋肉をもっているダニエルクレイグですが、若い頃から筋肉質な体をしていたのでしょうか。それとも役作りのためにトレーニングを始めたのでしょうか。確認していきます。

若い頃のダニエルクレイグ

出典: https://www.pinterest.jp/pin/663155113879486069

ダニエルクレイグが若い頃に出演した映画の画像や動画を見ると、痩せた感じはありませんが、特に筋肉質というわけでもありませんでした。腕など見える部分は引き締まっていますが、スタイルの良い一般的な男性の筋肉といった印象です。

役作りのため

出典: https://www.pinterest.jp/pin/4785143334699632/

ダニエル・クレイグのは『007』の6代目ジェイムズボンドに抜擢されました。ジェイムズボンドを演じるには高い演技力だけではなく、身体能力と鍛えられた筋肉が必要です。ダニエルクレイグはかっこいいジェームズボンドを完璧に演じるために筋トレを始めたのです。

ダニエルクレイグは元々ストイックな役作りをする俳優として知られており、普段から役柄の内面だけではく外見もイメージに近づけるよう、筋トレや減量・ダイエットといったトレーニングを行っています。

ジェイムズボンドを演じるために肉体改造に挑んだダニエルクレイグの筋トレメニューは、壮絶な内容でした。その甲斐あってダニエルクレイグは9kgの筋肉増量に成功したと言われています。

ダニエルクレイグは普段どんな筋トレをしている?

出典: https://www.pinterest.jp/pin/78109374772587691/

役作りのために行ったトレーニングのため、ダニエルクレイグの筋肉は見せる用ではなく実用的で動くための筋肉です。この筋肉を手に入れるため、ダニエルクレイグは2つのプランを立てて筋トレメニューをこなしています。ここではプランや筋トレの内容について紹介していきます。

筋トレプラン

ダニエルクレイグが行っているトレーニングプランの1つは、1日筋トレをしたら次の日は休むを繰り返すというものです。4日分の筋トレメニューを決めており、休日を挟んで8日間のプランになります。1周回ったら1日目に戻るというわかりやすいプランです。

トレーニングプラン2つ目は、7日間のプランになります。内容は1日目2日目を筋トレして3日目は休み。4日目5日目を筋トレして6日目と7日目を休みとなっています。生活に取り入れやすいプランです。ダニエルクレイグは自分の体調やスケジュールを考えてどちらかのプランを選んでいるそうです。

筋トレメニュー

ダニエルクレイグが行っている筋トレメニューを曜日別で紹介していきます。また、曜日毎のメニューとは別に週に2回ほど腹筋メニューを組み込んだり、休息日に走り込みを行ってスタミナをつけたりしています。

1日目

ダニエルクレイグが行っている1日目のトレーニングメニューはこちらです。胸や背中を鍛えるトレーニングがメインになっています。

・インクラインベンチプレス(10回×4セット)
・インクラインダンベルフライ(10回×4セット)
・インクラインプッシュアップ(10回×4セット)
・ケーブルローイング(10回×4セット)
・懸垂(10回×4セット)

インクラインとは斜めの状態で行うトレーニングの事です。インクラインベンチプレス・インクラインダンベルフライ・インクラインプッシュアップはベンチに座って頭の位置が高くなるよう角度をつけて行います。通常の筋トレよりも大胸筋を鍛えるのに高い効果があります。

他にケーブルローイングや懸垂は広背筋をはじめとした背筋や上腕二頭筋を、鍛えることができます。

(インクラインダンベルフライについては以下の記事も参考にしてみてください)

インクラインダンベルフライのやり方!角度・重量など大胸筋をデカくするコツをプロが解説

2日目

ダニエルクレイグが行っている2日目のトレーニングメニューはこちらです。下半身を鍛えるトレーニングがメインになっています。

・デッドリフト(10回×4セット)
・スクワット(10回×4セット)
・ダンベルランジ(10回×4セット)
・スタンディングカーフレイズ(10回×4セット)

デッドリフトは、床に置いたバーベルを腕を伸ばしたままで掴み、背筋が真っ直ぐになるまで持ち上げるトレーニング方法です。ウェイトリフティングの競技にもなっている人気の筋トレ方法で、僧帽筋・広背筋・脊柱起立筋・大臀筋・ハムストリングスと広い範囲の筋肉を一気に鍛えることができます。

スタンディングカーフレイズは、かかとを上げ下げするトレーニング方法で、ヒラメ筋をはじめとするふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

(スタンディングカーフレイズについては以下の記事も参考にしてみてください)

スタンディングカーフレイズのやり方!綺麗なふくらはぎを作るコツ!ダンベル・マシンなど種類も

3日目

ダニエルクレイグが行っている3日目のトレーニングメニューはこちらです。肩や腕を鍛えるトレーニングがメインになっています。

・サイドレイズ(10回×4セット)
・ディップス(10回×4セット)
・トライセプスエクステンション(10回×4セット)
・バーベルカール(10回×4セット)
・ショルダープレス(10回×4セット)


トライセプスエクステンションやバーベルカールはバーベルを使ったトレーニングになっていて、上腕三頭筋や上腕二頭筋を鍛えることができます。サイドレイズやショルダープレスは三角筋といわれる肩の筋肉を鍛える筋トレです。ディップスは自重トレーニングになっており、上腕三頭筋を鍛えるのに効果的といわれています。

(トライセプスエクステンションについては以下の記事も参考にしてみてください)

トライセプスエクステンションのやり方!上腕三頭筋に効くコツをダンベル・バーベル別に解説

4日目

出典: https://www.pinterest.jp/pin/54746951704164444/

ダニエルクレイグは4日目はサーキットトレーニングを行っています。

・クリーン&プレス(10回)
・プルアップ(10回)
・インクラインプッシュアップ(10回)
・スプリント(10回)

サーキットトレーニングとは、無酸素運動と有酸素運動を交互に取り入れたトレーニングのことです。1度のトレーニングで筋トレと脂肪燃焼の2つの効果を得ることができます。

(サーキットトレーニングについては以下の記事も参考にしてみてください)

サーキットトレーニングの効果&やり方!筋トレ・有酸素運動メニューまで紹介!

ダニエルクレイグは減量・増量時の食事も徹底?

出典: https://www.pinterest.jp/pin/763149099355159208/

ダニエルクレイグは役作りのため、筋トレなどで体重管理を行っています。例を挙げるとジェイムズボンドを演じるのにベストの体重は78kg~81kgと考え、撮影中はこの範囲に入る用体重をキープしています。他にも食事にも徹底的に管理していました。そして、筋肉をつけるために口にする食べ物についても徹底的に管理しています。

特に栄養バランスにこだわりをもっており、たんぱく質・炭水化物・脂質の三大栄養素をバランスよく摂取するようにしていました。他にダニエルクレイグが行っていた食事管理方法について紹介していきます。

水を1日2L飲む

ダニエルクレイグは肉体加増中は1日に2Lも水を飲んでいたと言われています。水を飲むことで基礎代謝のアップ、疲労回復、美肌効果などが期待されます。運動効率も上がり、筋トレにも効果的です。

野菜や果物を積極的に食べる

ダニエルクレイグは野菜や果物を積極に食べることで、食事管理を行っています。野菜はさまざまな栄養素の補給源になり、健康な体づくりには欠かせません。果物はミネラルやビタミンが豊富で俳優に大切な美肌を作ります。

14時以降は炭水化物をとらない

ダニエルクレイグは14時以降は炭水化物を摂らないようにしていました。炭水化物は筋トレを行うのに大切なエネエルギー源となりますが、摂りすぎは体重増加の原因となります。時間を14時と区切ることで、摂取した炭水化物のエネルギーを筋トレで消費していました。

アルコール・加工食品を食べない

映画の撮影中、ダニエルクレイグはアルコールや加工食品を一切口にしなかったと言われています。厳しい食事制限を設けて体型の維持に努めていました。ダニエルクレイグの役作りに対するストイックさが伝わります。

【画像集】ダニエルクレイグの筋肉を存分に拝もう!

出典: https://www.pinterest.jp/pin/70437481647505/

ここからはダニエルクレイグのかっこいい筋肉の画像をたっぷり紹介していきます。割れた腹筋やバランスのとれた美しい筋肉美を思う存分堪能してください。

007カジノ・ロワイヤルを演じた頃の筋肉

出典: https://www.pinterest.jp/pin/40954677851836381/

ダニエルクレイグは2006年に公開された『007カジノ・ロワイヤル』で初めてジェイムズボンドを演じました。映画の中にある海から登場するシーンの画像です。厚い胸板や鍛え上げられた腹筋がかっこいいです。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/715579828279895863/

同じシーンを別の角度から見た画像です。横腹の腹筋である腹斜筋もバキバキに仕上がっているのがわかります。ヒラメ筋といわれるふくらはぎの筋肉も盛り上がっていてかっこいいです。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/4292562132111324/

同じ映画内のワンシーンです。盛り上がった上腕二頭筋や上腕三頭筋をみることができます。腕に浮かぶ筋がたくましく男の色気を感じさせてくれて、ドキドキしますね。

出典: https://www.chatwork.com/#!rid200403701

こちらも同じ映画内のワンシーンになります。モノクロ画像のおかげで並ではなく盛り上がった僧帽筋がよく見えます。首から大胸筋鎖骨部にかけての筋肉もきれいに見えており、セクシーな画像ですね。

007スカイフォールの頃の筋肉

出典: https://www.pinterest.jp/comandantewustenfuchs/pins/

ダニエルクレイグが2012年に公開された『007スカイフォール』でジェイムズボンドを演じた時の画像です。腕を後ろの置くポーズのため肩甲骨周辺の筋肉の盛り上がりがよく見えます。広背筋などの背筋はもちろん、三角筋や上腕三頭筋の仕上がりも見事。スーツ姿がかっこいいのも納得の筋肉です。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/54817320453358326/

同じく『007スカイフォール』の画像です。ダニエル・クレイグの盛り上がった大胸筋が横からだと一層際立って見えますね。大きく鍛え上げられた三角巾や僧帽筋の厚みが見えます。

007スペクターの頃の筋肉

出典: https://i.pinimg.com/564x/49/3c/b8/493cb8cf418d07e0c12612929f9a56cf.jpg

ダニエルクレイグが2015年に公開された『007スペクター』でジェイムズボンドを演じた時の画像です。体にフィットした服を見つけているので、その下の筋肉をはっきりとみることができます。膨らんだ大胸筋や分厚い腹筋がかっこいいですね。

ドラゴン・タトゥーの女の頃の筋肉

出典: https://www.pinterest.jp/pin/663155113879486022/

ダニエルクレイグが2011年に公開された『ドラゴン・タトゥーの女』に出演した時の筋肉画像です。上半身を絞ってておりシックスパックに割れた腹筋や横腹の腹斜筋の筋がかっこいいですね。

たくましい大胸筋

出典: https://www.pinterest.jp/pin/54817320454125642/

ダニエルクレイグが上半身を鍛え上げているのがよくわかる画像です。鍛え上げた大胸筋でシャツのボタンが飛びそうになっており、上腕部分や腹筋の辺りもシャツがパツパツになっています。

バランスのとれた筋肉

出典: https://www.pinterest.jp/pin/365706432235154976/

ダニエルクレイグが全身をしっかりと鍛え上げていることがわかる画像です。厚い胸板やバキバキに割れた腹筋がみえる上半身。下半身はふくらはぎが大きく、しっかりと筋肉がついているのがわかります。

鍛えられた腹筋

出典: https://www.pinterest.jp/pin/449093394096743295/

上半身の筋肥大を良く見ることができる画像です。腹筋が割れていてかっこいいですね。上腕二頭筋の大きさもよくわかります。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/449093394096321435/

斜め横からダニエルクレイグの筋肉を見ることができる画像です。横腹から発達した大胸筋がみえます。体を支えている腕の上腕二頭筋部分も大きく膨らんでいます。

ムキムキの上腕

出典: https://www.pinterest.jp/pin/38843615520423792/

大きく膨らんだ上腕二頭筋がかっこいい画像です。肩の部分の三角筋がTシャツを着ていてもわかるくらい大きく、首の太さで僧帽筋の発達もよくわかります。

出典: https://www.pinterest.jp/pin/449093394090770583/

こちらも上腕筋の盛り上がりがよくわかる画像です。キュートな笑顔から想像できないくらい腕の太くかっこいいですね。

男らしい前腕屈筋群

出典: https://www.pinterest.jp/pin/Afg21Qm3c7tru2Th14KdaJyald9Z7VbqdLd2hsHEli9eMDViyeyzUbc/

前腕部分の筋肉を見ることができる画像です。血管の筋が走っているのがセクシーで力強く支えてくれそうです。

元の場所に戻る

ダニエルクレイグの筋肉を目指して筋トレに励もう!

出典: https://www.pinterest.jp/pin/8444318029780888/

6代目ジェイムズボンドとして有名なダニエルクレイグの筋肉について紹介してきました。50代と思えない彼の筋肉はストイックな役作りによるものです。曜日毎にメニューを決めてバランスよくトレーニングを行うことが筋肉美を作り出すコツでした。記事内の筋トレメニューを参考にダニエルクレイグのような筋肉を目指してください。

関連する記事