【2021最新】乾貴士の年俸!デビューから現在までの推移まで紹介!

乾貴士は、現在もなお全盛期に引けをとらない活躍を見せるプロサッカー選手です。今回は、Jリーグでデビューした頃から海外チーム移籍後までの、乾貴士の歴代の年俸推移を時系列で分かりやすく紹介します。さらに、各シーズンごとの成績も詳しく解説していきます。

目次

  1. 乾貴士の年俸はいくら!?
  2. 乾貴士の年俸推移【Jリーグ時代編】
  3. 横浜F・マリノス
  4. セレッソ大阪
  5. 乾貴士の年俸推移【海外編】
  6. ボーフム
  7. フランクフルト
  8. エイバル(第1次)
  9. ベティス
  10. エイバル(第2次)
  11. 乾貴士と他日本代表の年俸比較
  12. その他、乾貴士に関する記事もチェック!
  13. 乾貴士の奥さんを紹介!不倫疑惑についても
  14. 乾貴士の年俸は日本人選手トップレベル

乾貴士の年俸はいくら!?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/302374562482041189/

乾貴士と言えば、横浜F・マリノスでのJリーグデビュー以降、移籍した数々の海外チームで輝かしい業績を残してきたプロサッカー選手です。現在もなお、凄まじい活躍を見せる乾貴士ですが、気になるのはその年俸です。そこで今回は、乾貴士のデビューから現在までの歴代の年俸推移を紹介します。見逃せない最新情報もありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

(中田英寿の年俸については以下の記事も参考にしてみてください)

【2021最新】中田英寿の年俸!デビューから全盛期の推移〜サッカー外まで!

乾貴士の年俸推移【Jリーグ時代編】

出典:http://beaglemi.blog31.fc2.com/blog-entry-318.html

2007年(横浜F・マリノス)360万円
2008年(セレッソ大阪 レンタル移籍)480万円
2009年(セレッソ大阪)1,000万円
2010年(セレッソ大阪)1,800万円

上記は、Jリーグ時代の乾貴士の年俸推移です。年を追うごとに年俸が右肩上がりになっており、チームの中心的存在として成長していることが分かります。どういうシーズンだったのか、各チームごとに確認していきましょう。

横浜F・マリノス

出典:https://ameblo.jp/anc53564856144/entry-11478605050.html

乾貴士は地元の滋賀県立野洲高等学校を卒業後、2007年に横浜F・マリノスへと入団を果たします。前年の2006年にはU-21日本代表へ選出されて、2試合の出場経験もある実力派でした。しかし、横浜F・マリノスの選手層は厚く、2007年の乾貴士の成績は公式戦10試合へ出場、0得点という結果になりました。

ちなみに2007年の入団時の年俸は、360万円です。Jリーガーの新人選手の年俸上限が480万円であることを考慮すると、乾貴士に対する周囲の期待が大きかったということが、この年俸から分かります。

セレッソ大阪

出典:https://cerezonishinaka.blogspot.com/2009/05/j2-17-c4vs1.html

2008年に入っても、横浜F・マリノスでの乾貴士の公式戦への出場回数は3試合にとどまり、2008年6月よりセレッソ大阪へレンタル移籍という形で移ることが決まりました。当時セレッソ大阪には香川真司も在籍しており、乾貴士は香川と息の合ったプレーを見せて、公式戦22試合へ出場、6得点という好成績を残しています。

2009年に入っても乾貴士の勢いは衰えることなく、公式戦48試合へ出場して、24得点という絶好調の成績でチームに貢献しました。さらに翌2010年も、公式戦41試合へ出場、5得点という好調な成績でした。年俸に関しても、2008年が480万円でしたが、2009年には大台の1,000万円、2010年は1,800万円と右肩上がりの年俸推移を見せています。

そして乾貴士はいよいよ日本を飛び出して、2011年より海外サッカーチームへの移籍を決めます。乾貴士の全盛期時代の到来です。次の項目でチェックしていきましょう。

(内田篤人の年俸推移については以下の記事も参考にしてみてください)

内田篤人の年俸推移【デビューから引退後】サッカー選手〜芸能のギャラを網羅!

乾貴士の年俸推移【海外編】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/152981718575955223/

2011-2012年(ボーフム)3,000万円
2012-2013年(フランクフルト)1億5,000万円
2013-2014年(フランクフルト)1億5,000万円
2014-2015年(フランクフルト)1億5,000万円
2015-2016年(エイバル)1億円
2016-2017年(エイバル)1億円
2017-2018年(エイバル)1億円
2018-2019年(ベティス)3億円
2019-2020年(エイバル)3億円
2020-2021年(エイバル)3億円

続いてこちらは、海外チームに移籍して以降の乾貴士の歴代年俸を表にしたものです。2011-2012年のシーズンこそ3,000万円の年俸ですが、それ以降は億単位の年俸となっています。海外チームにおいて、乾貴士がいかに必要とされていたのかが分かります。各シーズンの詳しい解説に加えて、乾貴士の最新情報も紹介するので、ぜひチェックしてみて下さい。

ボーフム