遠藤保仁の息子にプロ注目!?ガンバユース昇格で親子共演が実現?

元日本代表でジュビロ磐田で活躍している日本サッカーのレジェンド、遠藤保仁の長男がすごいと大注目されています。その息子の遠藤楓仁は高校1年生。小学生のころからトレセンに選ばれ活躍を見せる楓仁について、プロフィールやポジションを画像とともに紹介します。

ダイエット診断

目次

  1. プロ注目の遠藤保仁の息子『遠藤楓仁』のプロフィール
  2. 遠藤保仁の息子『遠藤楓仁』のサッカー経歴・実績
  3. 小学生の頃からトレセンに参加
  4. 中学生時代にはガンバ大阪ジュニアユースへ
  5. ガンバ大阪ユース
  6. 遠藤保仁と息子『遠藤楓仁』の親子共演はある?
  7. 遠藤保仁の経歴
  8. 遠藤保仁のジュビロ磐田への移籍
  9. Jリーグでの親子共演の可能性は?
  10. 過去のサッカー選手の親子共演は?
  11. 遠藤保仁と息子『遠藤楓仁』の活躍には今後も目が離せない

プロ注目の遠藤保仁の息子『遠藤楓仁』のプロフィール

出典:https://ameblo.jp/pico2015futsal/entry-12653487401.html

フリガナエンドウフウト
生年月日(年齢)2005年11年25日(15歳)
出身地大阪府豊中市
身長175cm
体重61kg
ポジションMF(ミッドフィルダー)

遠藤保仁の息子、遠藤楓仁は2021年に高校に入学し15歳です。遠藤保仁の公式プロフィールには身長178cmと書かれていますが、楓仁は高校1年生ですでに175cmと、父のDNAをしっかりと引き継ぎ体格にも恵まれ、将来トップチーム入りも期待されています。遠藤保仁には4人のお子さんがいて、楓仁には姉のせな、妹の心菜、弟の仁翔がいます。

遠藤保仁の息子『遠藤楓仁』のサッカー経歴・実績

出典:https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/18/gazo/G20151018011341390.html

遠藤楓仁が注目を浴びているのは、日本サッカーに貢献し続ける名選手の息子だから、というだけではありません。その背中に追いつけ追い越せと言わんばかりの高い技術を持っているからです。ここでは画像を交えながら、楓仁について紹介します。

小学生の頃からトレセンに参加

遠藤保仁の息子である遠藤楓仁は小学生時代、U-12の大阪トレセン、関西トレセンに選ばれており、年代別の日本代表候補も期待される実力を持っていました。トレセンとはトレーニングセンターの略であり、チームではなく個人の力を高めることを目的とした日本型発掘育成システムです。個人の能力を伸ばす指導を中心に、世界と戦える人材を育てています。

地区から都道府県、地域、全国と、規模別でトレセンシステムを形成しており、範囲が大きくなればなるほど選考が厳しく、入るのも難しくなります。遠藤楓仁はそんな選ばれし者の中でも、目立つ存在と言われていました。このころからすでに父親譲りの才能を生かし、努力を続けていました。

中学生時代にはガンバ大阪ジュニアユースへ

出典:https://blogkanbee.info/archives/2064

楓仁は中学生の間、ガンバ大阪ジュニアユースに所属していました。ガンバ大阪のサッカースクールは、ガンバ大阪ジュニアという名前で大阪府内にいくつかありますが、ジュニアユースは年に一回行われるセレクションに合格した人しか所属できません。名前が似ているので混同しやすいですが、ジュニアユースは確かな実力のある選ばれたメンバーの集まりです。

小学生の頃から引き続きトレセンにも選ばれ、2018年にはJFAエリートプログラムU-13フューチャーキャンプ東西に、2019年にはJFAエリートプログラムU-14フューチャーキャンプに選出されています。そこでは各試合にしっかり先発出場していました。日本の名選手の幼少期と比較しても、楓仁君の将来への期待がさらに高まります。

(内田篤人のエピソード!幼少期〜小中学など子供時代については以下の記事も参考にしてみてください)

【画像】内田篤人の高校時代のエピソード!幼少期〜小中学など子供時代を徹底調査!

ガンバ大阪ユース

出典:https://www2.gamba-osaka.net/academy/member_youth.html

遠藤楓仁は2021年現在高校1年生、中学を卒業した今はガンバ大阪ユースに所属しています。ジュニアユース時代も活躍し、将来を有望視されていますので、今後の活躍も大いに期待できます。U-17日本代表など、さらなる高みに向かっていくでしょう。

(中田英寿の高校時代のエピソードについては以下の記事も参考にしてみてください)

【画像】中田英寿の高校時代のエピソード!幼少期〜小中学など子供時代を徹底調査!

遠藤保仁と息子『遠藤楓仁』の親子共演はある?

出典:https://biznot.xsrv.jp/post-2165-2165

気になる親子共演実現の可能性を見ていきましょう。まずは、遠藤保仁の経歴を簡単に紹介します。

遠藤保仁の経歴

出典:https://www.jleague.jp/player/2243/#attack

元日本代表の遠藤保仁は、言わずと知れた日本サッカー界のレジェンドです。鹿児島県桜島町で生まれ、鹿児島の高校を卒業した後は横浜フリューゲルスでプロデビューしました。その後は京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)、ガンバ大阪に所属し、2021年現在はジュビロ磐田でプレーしています。

ガンバ大阪では20年近く中心選手としてチームを引っ張ってきたことから、マスターオブガンバという愛称までついていました。アジア年間最優秀選手やJリーグMVPにも選ばれたことがあり、41歳の現在も現役で活躍、楢崎正剛が打ち立てた631試合出場という記録を更新し、J1史上最多の出場回数、史上初の21年連続開幕戦先発の単独記録を築きました。

(【2021最新】遠藤保仁の年俸推移!については以下の記事も参考にしてみてください)

【2021最新】遠藤保仁の年俸推移!デビューから現在・全盛期まで紹介!

遠藤保仁のジュビロ磐田への移籍

遠藤保仁は2020年10月からガンバ大阪からジュビロ磐田へ期限付き移籍をしています。当初は2021年1月31日までの予定でしたが、期間を延長し、2022年1月31日までとなりました。この移籍は遠藤保仁がガンバでは減ってしまった試合の出場機会を求めたことで実現しています。まだまだ選手としてやりたいという意志を強く感じます。

ガンバ大阪からの移籍でサポーターの間には大きな衝撃が走りましたが、ガンバ側は遠藤保仁に戻ってきてもらいたい、将来は監督など、指導する側での活躍も願っていると話しています。

Jリーグでの親子共演の可能性は?

出典:https://biznot.xsrv.jp/post-2165-2165

遠藤保仁は2021年現在41歳ですが、怪我や故障もなくピッチで活躍しています。サッカー選手はキングカズこと三浦知良のように50代の選手もいましたし、40代前半までプレーを続けた選手もいます。またJリーグにプロ入りできる年齢は16歳となっており、息子の遠藤楓仁は15歳です。

高校を卒業してからプロ入りとしても、あと3年経ったころにはJリーガーになっているかもしれません。ポジションは親子ともにミッドフィルダーですので、もし2人ともガンバ大阪にいればポジション争いをする関係になります。同じピッチで走る姿や、遠藤選手から遠藤選手への交代、なんていう場面もありえるかもしれません。

また、過去の日本サッカー界での親子共演は、コーチと選手、監督と選手という立場で何度か叶ったケースがありますが、選手同士という立場ではまだ前例がないようです。遠藤保仁も親子共演については視野に入れているようで、親子で同ピッチに立つ夢の実現に前向きに考えているということです。

(三浦知良の長男『三浦獠太』を特集!については以下の記事も参考にしてみてください)

三浦知良の長男『三浦獠太』を特集!俳優になった理由〜サッカー歴まで!

過去のサッカー選手の親子共演は?

出典:https://www.jleague.jp/news/article/12402/

サッカーの歴史が長い欧州では選手同士での親子共演が叶ったケースもいくつかありますが、まだ歴史の浅い日本サッカーでは指導者と選手という立場での親子共演があります。ここで過去の親子共演、親子対決の一例を紹介します。

・ハーフナー・ディド、マイク親子
・高木琢也、利弥親子
・風間八宏、宏矢親子

また、現ガンバ大阪の監督である宮本恒靖の息子、恒凛もガンバ大阪ジュニアユースに所属していました。日本サッカー黄金期を築いたスタープレイヤーの子供たちが同じ道を進み育っていくことは、ファンにとっても感慨深いものがあります。遠藤保仁と息子の親子共演も多いに期待したいところです。

遠藤保仁と息子『遠藤楓仁』の活躍には今後も目が離せない

出典:https://kun-2.blog.ss-blog.jp/2014-06-13

40歳を超えてもなお現役としてピッチに立ち続ける遠藤保仁、そして現在ガンバ大阪ユースで父の背中を追い実力を伸ばし続ける息子の遠藤楓仁。日本サッカー界のレジェンド達の2世がこれからの時代を支えるまでに成長した昨今、それぞれの活躍、また夢の親子共演に向けて注目していきましょう。

ダイエット診断