手首を太くする方法はコレ!腕時計が似合うようになる筋トレ&やり方を解説!

手首が細いとコンプレックスを持っていませんか?今回は、手首を太くするメリット〜手首を太くする方法、手首を太くするための筋トレメニュー&やり方を詳しく解説していきます。腕時計が似合う様な手首を手に入れたいといった方は必見です。

監修 |パーソナルトレーナー 高津 諭
トレーニング指導歴年 大阪・兵庫を中心に活動する「食べて、鍛えて、整えて」豊かな人生を創造するパーソナルトレーニングを提供しています。 業界のパイオニアとして専門誌にも取り上げられたこともあり、...
トレーニング指導歴22年 大阪・兵庫を中心に活動する「食べて、鍛えて、整えて」豊かな人生を創造するパーソナルトレーニングを提供しています。 業界のパイオニアとして専門誌にも取り上げられたこともあり、現在、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会のマスタートレーナーとして、またJOTスポーツトレーナー学院の校長として後進の育成、指導にも尽力している■HPブログTwitter

目次

  1. 手首を太くするメリットは?
  2. 手首を太くする方法
  3. ①手首に脂肪をつける
  4. ②前腕を鍛える
  5. 手首を太くする筋トレメニュー
  6. 手首を太くする筋トレ①バーベルリストカール
  7. 手首を太くする筋トレ②ダンベルリストカール
  8. 手首を太くする筋トレ③ビハインドリストカール
  9. 手首を太くする筋トレ④ラジアルフレクション
  10. 手首を太くする筋トレ⑤ハンドグリップ
  11. 手首を太くする筋トレ⑥リストローラー
  12. 手首を太くする筋トレ⑦ブレードピンチ
  13. 手首を太くする筋トレ⑧パワーボール(ローラーリストボール)
  14. 手首を太くする方法を覚えて腕時計が似合う男に

手首を太くするメリットは?

男性の方で手首が細いのがコンプレックスという方も少なくないでしょう。

手首を太くするメリットは、腕時計が映えるようになったり、腕が太く見えたりと男らしさに繋がる点です。しかし、後述しますが腕時計が似合うようになったり、腕を太く見せたい場合でも、実は手首を太くする必要はありません。

この点も踏まえて、次に手首を太くする方法を詳しく解説していきます。

(腕そのものを太くする筋トレについては以下の記事も参考にしてみてください)

プリチャーカールのやり方!二頭筋に効かせるコツ!ダンベル・EZバーなど種類別の違いも

手首を太くする方法

そもそも手首は太くすることができるの?と疑問を抱いている方も少なくないでしょう。結論から言うと手首自体をピンポイントで太くするのは難しいです。手首は骨・脂肪・皮・腱で形成されている為、筋肉がかなりついてデカくなるといったことはありません。

その様な中、どうすれば手首を太くすることができるのか確認していきましょう。

①手首に脂肪をつける

先ほどもお伝えした通り、手首には筋肉はあまりありませんが脂肪は付きます。したがって、太って脂肪を付ければ手首も比例して太くなっていくのです。しかし、当たり前ですが太って手首を太くすると体全体にも脂肪がついてしまいます。とにかく手首を太くするならなんでもいいといった方は太って脂肪を付けるのが一番の近道でしょう。

②前腕を鍛える

基本的に手首が動く際に前腕も連動して動きます。したがって、前腕のトレーニングを行えば手首も鍛えることができるのです。手首は筋肉が少ないながらも継続すれば、何もしないより太くなるでしょう。

さらに、手首自体は大きな変化を出せなくても前腕を鍛えて太くすれば、手首を太く見せることは可能です。手首が細いと悩んでいる方もいますが、実は手首が細くて前腕が太いという状態が理想と言われています。したがって、手首を太くするというよりは前腕を太くするという考えにシフトした方がいいでしょう。

(ダンベルを使った前腕筋トレについては以下の記事も参考にしてみてください)

【ダンベルの前腕筋トレメニュー】短期間で効率よく太くする種目を紹介!

手首を太くする筋トレメニュー

前途した通り手首自体に筋肉が少ないので、筋トレをしても目に見えるほど太くなることはありません。しかし、筋トレでも手首を構成している骨や腱を鍛えることはできるので、効果的です。さらに、手首を鍛えるトレーニングメニューはほとんど前腕も鍛えられるので、手首を太く見せる効果も同時に期待できるでしょう。

それでは、手首を太くするためのトレーニングメニューを紹介していきます。

手首を太くする筋トレ①バーベルリストカール

▼バーベルリストカールの正しいやり方

①座った状態でベーベルを持つ
②手首を膝の前に出して前腕部を足に置く
③手首の力を抜いてバーベルを下ろしてセット
④そのまま手前側に手首を巻き上げる
⑤手首を下ろす
⑥動作を繰り返す

▼バーベルリストカールのコツ&注意点

①バーベルを指先で持たず、しっかり握ること
②腕は足に置くだけで力を抜くこと
③反動で持ち上げると上腕や肩に負荷が逃げるので注意
④肘の位置は固定すること

(バーベルリストカールのやり方を詳しく確認したい方は、下記記事を参考にしてください。)

リストカールで前腕を強化!手首を痛めないコツ〜回数・重さ、器具のおすすめまで解説

手首を太くする筋トレ②ダンベルリストカール