【画像】井上尚弥の筋肉はヤバイ!背筋に鬼?筋トレ&食事など詳しく解説!

今回は【2021最新】のプロボクサー・井上尚弥の筋肉について解説します。身長・体重・体脂肪率に加え、バキバキな腹筋や背筋がかっこいい井上尚弥はどのようなトレーニングをしているのでしょうか。気になる井上尚弥の筋トレ方法や食事内容についても紹介していきます。

目次

  1. 井上尚弥の筋肉がヤバすぎる!背筋に鬼?
  2. 井上尚弥の筋肉が凄い理由は?
  3. パンチ力を強化するため
  4. 持久力を向上させるため
  5. 瞬発力をアップさせるため
  6. 井上尚弥の筋肉を作るトレーニングについて
  7. 懸垂
  8. ハンマートレーニング
  9. バトルロープ
  10. 井上尚弥の筋肉を作る食事・栄養摂取
  11. 食事は栄養士からアドバイスを受けている
  12. 通常時の食事例
  13. 減量時の食事例
  14. 井上尚弥の筋肉を作る生活習慣
  15. 井上尚弥のが愛用するプロテイン・サプリ
  16. 1.ザバス(SAVAS) アクアホエイプロテイン100
  17. 2.ザバス(SAVAS) PRO ホエイプロテインGP
  18. 3.ザバス(SAVAS) ソイプロテイン100
  19. 井上尚弥の美しい筋肉が見れる画像集
  20. プロデビュー時の井上尚弥の筋肉
  21. スーパーフライ級時の筋肉
  22. バンタム級時の筋肉
  23. 井上尚弥のかっこいい筋肉を目指そう

井上尚弥の筋肉がヤバすぎる!背筋に鬼?

出典:https://boxingnews.jp/news/77953/

井上尚弥(いのうえなおや)は日本人ボクシング選手です。彼のパーソナルデータは以下の通りです。

生年月日1993年4月10日
出身地神奈川県座間市
身長164cm
体重60kg
体脂肪率不明
SNSInstagramTwitter

出典:https://the-ans.jp/news/133708/

井上尚弥は小学校1年生からボクシングを始めましたが、中学校3年生の時には全国U-15大会で優秀選手賞を受賞するなど早くから突出した実力の持ち主として注目されていました。2012年にプロ転向後、プロ6戦目でWBC世界ライトフライ級王座に輝くなど、日本ボクシング史上最高傑作と称される実力とスキルは日々進化しています。

今回はそんな井上尚弥の筋肉について解説していきます。記事の中では気になる筋トレやトレーニングのメニューや、かっこいい筋肉の画像も紹介します。バキバキに割れた腹筋やファンの間で「鬼の顔のようだ」と称されるほどに鍛え上げられたかっこいい背筋のように、井上尚弥のような筋肉質な体型になりたい人は、ぜひ参考にしてボディメイクに役立てましょう。

(井上尚弥の髪型については以下の記事も参考にしてみてください)

井上尚弥の髪型【ツーブロックショート&パーマ】のオーダー&セットを解説!

井上尚弥の筋肉が凄い理由は?

出典:https://spread-sports.jp/archives/61344

まずは井上尚弥の筋肉が凄い理由を確認していきます。ボクシング選手として筋肉を鍛えることは大切なことですが、強さを求める以外に筋肉を鍛える理由はあるのでしょうか。

パンチ力を強化するため

井上尚弥が筋肉を鍛える理由としてまず挙げられるのがパンチ力の強化のためです。ボクシングはパンチによって相手選手の頭部や腹部にダメージを与えることによって相手を倒す格闘技です。そのためパンチ力が弱いと、相手をノックアウトして試合に勝つことができません。

パンチ力を強化するというと肩や腕の筋肉だけを鍛えることが重要と考えがちですが、意外なことに下半身の筋肉を鍛えることが必要です。パンチは腕だけでなく全身の筋肉を連動させた動作ですので、バランスよく全身の筋肉を鍛えることでパンチ力が強化されるのです。

持久力を向上させるため

ボクシングは持久力が求められる競技です。1ラウンド3分の時間の中で、試合運びによっては連続でパンチを繰り出す必要があります。この時に筋持久力が高ければ高いほど、相手に大きなダメージを与えるパンチを連続で繰り出すことができるのです。

筋持久力とはその名の通り、筋肉の持久力のことです。ボクシングで言うと筋持久力が低いと徐々にパンチ力が下がっていきますが、高い場合は均一した力でパンチを連続で打てるようになります。

筋持久力を向上させるためには、早い動作に作用する速筋と、遅い動作に作用する遅筋をバランスよく鍛えなければなりません。パンチを繰り出す際に作用する速筋は腕の筋肉、遅筋は大胸筋が該当しますが、筋持久力を向上させるためにも、筋トレやトレーニングによってこれらの筋肉を鍛える必要があるのです。

瞬発力をアップさせるため

ボクシングの試合では一瞬の隙を狙って放ったパンチが見事に相手の急所をとらえて、ノックアウト勝利を収めることが多くあります。このようなパンチを繰り出すためには、素早い動作を可能にする瞬発力がなければなりません。

ボクシングにおいて瞬発力を付けるためには、下半身の筋肉をトレーニングしておく必要があります。瞬間的に相手との間合いを詰めて、最短距離でパンチを打てるようにするために、井上尚弥は日頃から上半身と同様に下半身の筋肉を鍛えています。

井上尚弥の筋肉を作るトレーニングについて

出典:https://spaia.jp/column/boxing/7942

ここからは井上尚弥が実際に行っているトレーニングメニューについて解説していきます。ジムで行うベンチプレスなどではなく、ユニークな筋トレやトレーニング方法を井上尚弥は自身のSNSにアップしています。果たして井上尚弥のようなかっこいい筋肉を作るためには、どのような筋トレやトレーニングが有効なのか確認していきましょう。

懸垂