【ソイプロテイン・ホエイプロテインの併用】効果の違い〜使い分け方まで解説!

多くの人は、ソイプロテインまたはホエイプロテインのどちらかを単独で飲んでいることでしょう。しかし併用も間違いではありません。それぞれのメリットやデメリット、効果の違いを学び、男性女性別に合うプロテインや、ダイエットなどの目的に適したものを使い分けましょう。

監修 |パーソナルトレーナー Riku
instagramTwitterHPTRIGGER POINT Performance Therapy 認定トレーナー2ndpass認定トレーナーBODYBOSS認定トレーナー 法政大学スポーツ健康学部出身。パーソナルトレーナー兼ミラーフイットコンテンツディレクター。2021年6月にパーソナルトレーニングジム『SPICE GYM』を中目黒・恵比寿エリアにて開業予定。王様のブランチなどメディアにも複数出演。お客様のパートナーとして食事管理やトレーニングの指導はもちろんのこと日常生活や仕事での悩みなど身体&精神的な不調に関わることに対してサポート致します。

目次

  1. ソイプロテイン・ホエイプロテインの併用は意味ある?
  2. ソイプロテイン・ホエイプロテインの違い
  3. ソイプロテインの特徴
  4. メリット
  5. デメリット
  6. 向いている人
  7. ホエイプロテインの特徴
  8. メリット
  9. デメリット
  10. 向いている人
  11. ソイプロテイン・ホエイプロテインの併用方法
  12. ソイプロテインとホエイプロテインを混ぜるのはあり?
  13. ソイプロテイン・ホエイプロテインを併用している人の体験談
  14. ソイプロテイン・ホエイプロテインを併用【目的に合わせた使い分け】
  15. ソイプロテイン・ホエイプロテインを併用【自分の体に合わせた使い分け】
  16. ソイプロテイン・ホエイプロテインを併用【朝と夜の使い分け】
  17. ソイプロテイン・ホエイプロテインを併用【混ぜて飲む】
  18. ソイプロテイン・ホエイプロテインをうまく使い分けてみよう

ソイプロテイン・ホエイプロテインの併用は意味ある?

プロテインは近年、日常的に自己の栄養管理に努めている人や、トレーニングをしている人、美容目的などで積極的に摂られるようになりました。これからプロテインを飲み始める人は、まずはプロテインの種類や効果の違いを知り、自分にあったプロテインを選びましょう。

プロテインには、大豆からできるソイプロテインと牛乳からできるホエイプロテインカゼイプロテインの3種類あります。これらのタンパク質は、体に必要な三大栄養素の一つです。主に、皮膚、筋肉、骨をつくる大事な栄養素で、植物性、動物性のものがあります。

動物性タンパク質は植物性タンパク質より、栄養価や利用効率が高いといわれています。しかし、植物性の中でも動物性タンパク質に劣らないものが、大豆タンパク質(ソイプロテイン)です。植物性(ソイプロテイン)と動物性(ホエイプロテイン)の違い、併用したときの効果について解説していきます。

ソイプロテイン・ホエイプロテインの違い

ソイプロテインとホエイプロテインのそれぞれの特徴を見ていきましょう。メリットデメリットを知り、違いを理解することで目的に合った使い分けができるようになります。

(プロテインと食事の併用のコツについては以下の記事も参考にしてみてください)

プロテインは食事代わりOK?摂取タイミングなど併用のコツを解説!

ソイプロテインの特徴

ソイプロテインは大豆から油分の大半を除いてできるタンパク質で、ヘルシーで栄養豊富です。以下、ソイプロテインのメリットとデメリットを紹介しますので、参考にしてください。

メリット

ソイプロテインは脂肪分が少なくヘルシーなうえ、ゆっくりと消化吸収されるため比較的腹持ちが良いです。植物性のタンパク質の中でも、動物性に劣らないアミノ酸スコアと利用効率の高さから、支持されるプロテインです。また、大豆にはイソフラボンが豊富で、女性特有の不調を改善するメリットがあります。

女性は年を重なると年々エストロゲン(女性ホルモン)が減少します。しかし、ソイプロテインにはエストロゲンに似た整肌作用や、更年期の不快な症状を緩和することから、特に女性に適したプロテインです。また、カルシウムが溶けるのを抑え骨を丈夫に保つ効果は、女性に多い骨粗鬆症の予防に期待ができるでしょう。

コレステロール値を低下させる効果もあり、動脈硬化の予防、他の生活習慣病に繋がるリスクも減らせます。血液循環を改善するので、基礎代謝が上がりダイエット効果にも期待ができるでしょう。頭の働きも良くなり、思考も前向きになります。ソイプロテインは、ホエイプロテインより値段も安い傾向にあるため、継続しやすいこともメリットといえます。

デメリット

ソイプロテインは水に溶けにくい特徴があり、ダマになってしまうことが多いようです。シェイカーの利用やお湯で溶かす方法を試してみましょう。ソイプロテインはアミノ酸の結合が多いため、消化吸収に時間が必要で胃に負担が掛かるデメリットもあります。胃の調子が悪い場合は、飲むのを控えてください。

消化吸収がゆっくりなため、トレーニング後の筋肉を回復する即効性はホエイプロテインより劣るでしょう。味が苦手という人が多いので、口コミなどを参考に購入することをおすすめします。

向いている人

ソイプロテインは腹持ちの良さ、基礎代謝アップの点から、ダイエット中の人に向いたタンパク質といえます。ダイエット時の間食にも最適です。牛乳アレルギーの人は、牛乳を原料とするプロテインではなく、ソイプロテインでタンパク質を補うことができます。女性特有の不調を改善したい人にもおすすめです。

(男性がソイプロテインを摂ることについては以下の記事も参考にしてみてください)

男にソイプロテインは危険?女性化する? メリット・デメリットを解説!

ホエイプロテインの特徴