フロントラットスプレッドとは?見せる筋肉は?ポーズのやり方&コツ〜画像集まで紹介!

フロントラットスプレッドは、前方向から背中の筋肉の広がりアピールするボディビルポーズです。今記事では、フロントラットスプレッドで見せる筋肉部位、やり方&綺麗に見せるコツなど徹底解説します。その他、最強ボディビルダー達の画像集まで紹介するので、是非ご覧になってください。

監修 |パーソナルトレーナー Riku
instagramTwitterHPTRIGGER POINT Performance Therapy 認定トレーナー2ndpass認定トレーナーBODYBOSS認定トレーナー 法政大学スポーツ健康学部出身。パーソナルトレーナー兼ミラーフイットコンテンツディレクター。2021年6月にパーソナルトレーニングジム『SPICE GYM』を中目黒・恵比寿エリアにて開業予定。王様のブランチなどメディアにも複数出演。お客様のパートナーとして食事管理やトレーニングの指導はもちろんのこと日常生活や仕事での悩みなど身体&精神的な不調に関わることに対してサポート致します。

目次

  1. ボディビルポーズ『フロントラットスプレッド』とは?
  2. フロントラットスプレッドで見せる筋肉
  3. フロントラットスプレッドのやり方&綺麗に見せるコツ
  4. 脚を固めて土台を作る
  5. 上半身を定める
  6. よくあるNG例&注意点
  7. 最強ボディビルダーのフロントラットスプレッド画像集
  8. ショーンローデン(左)とフィルヒース(右)のラットスプレッド
  9. フィルヒース(左)とカイグリーン(右)のフロントラットスプレット
  10. ドリアンイェーツのフロントラットスプレット
  11. フロントラットスプレッドに必要な筋肉を鍛える筋トレ
  12. 広背筋の筋トレメニュー
  13. 大円筋の筋トレメニュー
  14. ボディビルポーズ『フロントラットスプレッド』をマスターしよう

ボディビルポーズ『フロントラットスプレッド』とは?

出典:http://andreascahling.blogspot.com/2011/03/barn-door-lat-spread.html

フロントラットスプレッドは、前方向を向いた状態で背中(ラット)を広げて(スプレッド)広背筋の大きさをアピールするボディビルポーズです。ラットスプレッドには、フロントラットスプレットとは反対に後ろからアピールするバックラットスプレッドというポージングがありますが、ただ方向が異なるだけでなく細かなポージングの違いがあるので理解が必要です。

それでは、フロントラットスプレッドで見せることのできる筋肉部位から確認して行きましょう。

フロントラットスプレッドで見せる筋肉

出典:https://www.pinterest.jp/pin/600738037764392578/

フロントスプレットで見せる筋肉部位は、主に広背筋です。前側から体の後ろ側にある広背筋をどれだけ広げてアピールできるかが高評価を得る鍵となります。

その他にも前側を向いているポージングなので、肩・腕・胸・腹・脚まで見られます。背中だけでなく体の前側の筋肉をしっかりと力をいれてアピールする必要があるため練習が必要です。

早速、フロントラットスプレッドのやり方や綺麗に見せるコツを見ていきましょう。

(広背筋の筋トレ11選については以下の記事も参考にしてみてください)

広背筋の筋トレ11選!逆三角形ボディに爆速で近づく鍛え方のコツを解説

フロントラットスプレッドのやり方&綺麗に見せるコツ

出典:https://bodybuildingcourse.com/free-posing-tips/

その他全てのボディビルポーズにも共通していますが、フロントラットスプレッドも脚から固めて土台を作り上半身の筋肉を定めていくことがポイントです。

それでは、フロントラットスプレッドのやり方を脚の決め方から解説していきます。

脚を固めて土台を作る

①かかとの間を空けて、つま先を両足合わせて90度ほど開く

②膝を少し曲げて太もも前に負荷が入っている状態にする

③そのまま固定し完了

上半身を定める

①息を吸い込みお腹を凹ませる

②両手を握り親指だけ立てて、脇腹に引っ掛けるようにして押し込む

③胸を張りながら大円筋から力を入れて広背筋を広げていく

④腹筋を前側に折るように力を入れる

⑤全身を固定し完了

よくあるNG例&注意点

・広背筋から広げようとすると広げにくい為、大円筋から力を入れていくイメージを持ちましょう

・肘を前に出すと広背筋に力が入りやすいですが、出し過ぎてしまうと小さく見えてしまうので、自分の適切な範囲を見つけましょう

・無駄な力が入り過ぎて肩や僧帽筋が上がらないようにしましょう

・上半身を定める際に脚の意識が抜けてしまいやすいので注意しましょう

最強ボディビルダーのフロントラットスプレッド画像集

ショーンローデン(左)とフィルヒース(右)のラットスプレッド

出典:https://zuna-lab.com/archives/928/

これはミスターオリンピア7連覇中であったフィルヒースをショーンローデンが倒した大会でのラットスプレッドです。偉大な記録を更新し続けていたフィルヒース、それを倒したショーンローデンともにかなり迫力のあるラットスプレッドを披露していますね。素人目線では「どちらも凄い」の一言かと思いますが、ショーンローデンの方が腹筋など細かな仕上がりが良かったのが勝因の一つと言われています。

(ショーンローデンについては以下の記事も参考にしてみてください)

ショーンローデンが逮捕?生い立ち〜筋トレ・食事・私生活〜画像集まで紹介!

フィルヒース(左)とカイグリーン(右)のフロントラットスプレット

出典:https://mr-gorilla.com/phil-kai-olympia

これは2014年のミスターオリンピアでフィルヒースがカイグリーンに勝った際のフロントラットスプレットです。上半身と下半身全ての筋肉のデカさでフォルヒースが上回っているのがわかりますね。しかし、カイグリーンの脚の血管もかなり出ており素人目線から見ると全く負けていません。

(フィルヒースについては以下の記事も参考にしてみてください)

フィルヒースとは?生い立ち・成績〜筋トレ・食事・私生活〜画像集まで紹介!

ドリアンイェーツのフロントラットスプレット

出典:https://www.reddit.com/r/bodybuilding/comments/d8ltcu/dorians_front_lat_spread_8_weeks_out_from_93/

これは、背中のデカさが特徴のボディビルダーであるドリアンイェーツのフロントラットスプレッドです。脇腹についている玉のような広背筋はさすがの一言ですね。ただ、背中がデカいだけでなくポージングの上手さも兼ね備えており自慢の広背筋を十分にいかせています。

(ドリアンイェーツについては以下の記事も参考にしてみてください)

ドリアンイェーツとは?生い立ち・成績〜筋トレ・食事・私生活〜画像集まで紹介!

フロントラットスプレッドに必要な筋肉を鍛える筋トレ

広背筋の筋トレメニュー

ラットプルダウンのフォーム!腕が疲れず背中に効くコツ!重量・自宅版についても!
ベントオーバーローイングやり方!広背筋に確実に効くコツをダンベル・バーベル別に解説
広背筋の筋トレ11選!逆三角形ボディに爆速で近づく鍛え方のコツを解説

大円筋の筋トレメニュー

ワイドグリップチンニングのやり方!大円筋に効く?できない初心者向けメニューも!
大円筋の筋トレ&ストレッチメニュー!構造・作用〜鍛え方のコツまで徹底解説

ボディビルポーズ『フロントラットスプレッド』をマスターしよう

フロントラットスプレッドで見せる筋肉部位や、やり方と綺麗に見せるコツ、最強ボディビルダー達のフロントラットスプレッドポーズ集を紹介してきました。

フロントラットスプレッドは背中の広がりはもちろんですが体前側の筋肉をアピールできるポージングです。規定ポーズの一つとしても設定されているのでボディビル大会に出る方は習得必須ですし、筋肉の成長確認にもおすすめなので、ぜひ練習してみてください。