【画像集】筋トレ部屋を作る人が急増!おしゃれなレイアウト〜必要なものまで解説!

自宅に筋トレ部屋を作る方が増えているのをご存知でしょうか?今回は、筋トレ部屋の作り方からおしゃれなレイアウト画像まで詳しく紹介します。一人暮らしの狭いアパートやマンションの方でも作れるポイントも紹介するので、是非参考にしてみてください。

目次

  1. 筋トレ部屋を作る方達が急増中!
  2. まずは筋トレ部屋のアイデア画像集を確認!
  3. モノトーンでまとめたホームジム
  4. 寝室の一角を使ったお部屋
  5. キッズルーム兼筋トレ部屋
  6. リビング兼筋トレ部屋
  7. ひとり暮らしの筋トレ部屋
  8. アメリカンな筋トレ部屋
  9. 1LDKの筋トレ部屋
  10. 収納上手な筋トレ部屋
  11. 天井に筋トレマシンを設置したお部屋
  12. 趣味部屋と合わせて使う
  13. 筋トレ部屋を作る際のポイント
  14. ①筋トレ内容を考える
  15. ②ホームジム作成場所を決める
  16. ③床を傷つけないように補強する
  17. ④器具は収納可能なものを選ぶ
  18. ⑤インテリアを追加する
  19. 筋トレ部屋は作って後悔しない?
  20. 自分の好きな時間にトレーニングできる
  21. 周りの視線を気にしなくても良い
  22. 病原菌の感染予防になる
  23. 寝る場所がなくなる
  24. 引っ越しや処分が面倒
  25. 部屋を片付ける前に置いてしまった
  26. 物で溢れかえってしまう
  27. 洗濯するスペースがなくなる
  28. 筋トレ部屋を作る為に必要なアイテム
  29. ジョイントマット
  30. ベニヤ板
  31. クッションフロア
  32. トレーニングベンチ
  33. ダンベル
  34. バーベル
  35. パワーラック
  36. 壁掛けテレビ設置器具
  37. 壁掛け時計
  38. 全身鏡
  39. 筋トレローラー
  40. 筋トレ部屋を作って継続できる環境に!

⑤インテリアを追加する

筋トレ部屋を作るときに最も注意しなければいけないポイントがテレビや鏡といった家具は最後にレイアウトすることです。筋トレのモチベーションをアップするために、テレビやスピーカーなどを筋トレ部屋に置く方は多いですが、家具を先に置いてしまうと、トレーニンググッズの組み立て時に家具にぶつかり傷をつける危険性があります。

もし、どうしても先に家具を置く必要がある場合は、タオルや梱包材などで家具を保護しましょう。

筋トレ部屋は作って後悔しない?

こちらでは、実際に筋トレ部屋をつくってみた方の口コミを紹介します。筋トレ部屋に対してポジティブに感じている方が多いですが、失敗して後悔している方もいます。後者の方がどのように失敗したのかを把握して、同じことが起こらないようにしましょう。

自分の好きな時間にトレーニングできる

筋トレ部屋を作ることのメリットとして自分が好きな時間にいつでもできるという点があります。特にジムが近くになかったり、朝の通勤や通学前に少し筋トレがしたい時などはジムに通うよりも自宅でトレーニングをしたほうが時間を有効活用できます。

周りの視線を気にしなくても良い

筋トレ部屋の作成は、ジムで周りの視線を気にしてしまう人におすすめです。トレーニング器具の重量や、トレーニングの時間を気にすることなく自分のペースで進めることができます。とりわけ筋トレ初心者の方は、ジムに通う前に家で少し練習しておくと、ジムでもスムーズにトレーニングができるでしょう。

病原菌の感染予防になる

新型コロナウイルスの影響でジムに通うのに抵抗がある方にもホームジムはおすすめです。小さな子供がいたり、妊娠しているパートナーがいる場合は感染対策としても自宅で筋トレをすることを推奨します。また、自宅に筋トレ部屋を作ることでトレーニングマシンを使用するための待ち時間などがなくなることもメリットとしてあげられます。

寝る場所がなくなる

こちらは、筋トレ部屋とソファーベッドを同じ部屋に置いている方の口コミです。ソファーベッドは便利なアイテムですが、大きいのが難点です。筋トレ部屋を作るときは、トレーニングマシンの設置場所を決めたから、家具のレイアウトを考えるとスムーズに作ることができます。

引っ越しや処分が面倒

こちらの口コミは、自宅に筋トレ部屋を作ったものの引っ越しや処分が面倒だったというものです。一軒家に住んでいて引っ越しをすることがしばらくない方は好きなトレーニング器具を用意できますが、引っ越しが多い方は大きなトレーニングマシンではなく、持ち運びしやすいコンパクトで軽量なものを購入しましょう。

とりわけ、おしゃれなインテリアが好きな方はそれだけ荷物も増えてしまいますよね。その場合は、壁に設置できる懸垂バーがおすすめです。賃貸の方でも、ネジを使うことなく設置できるアイテムがあるので、是非チェックしてみてください。

(インクラインベンチを使った筋トレについては以下の記事も参考にしてみてください)