【画像集】筋トレ部屋を作る人が急増!おしゃれなレイアウト〜必要なものまで解説!

自宅に筋トレ部屋を作る方が増えているのをご存知でしょうか?今回は、筋トレ部屋の作り方からおしゃれなレイアウト画像まで詳しく紹介します。一人暮らしの狭いアパートやマンションの方でも作れるポイントも紹介するので、是非参考にしてみてください。

目次

  1. 筋トレ部屋を作る方達が急増中!
  2. まずは筋トレ部屋のアイデア画像集を確認!
  3. モノトーンでまとめたホームジム
  4. 寝室の一角を使ったお部屋
  5. キッズルーム兼筋トレ部屋
  6. リビング兼筋トレ部屋
  7. ひとり暮らしの筋トレ部屋
  8. アメリカンな筋トレ部屋
  9. 1LDKの筋トレ部屋
  10. 収納上手な筋トレ部屋
  11. 天井に筋トレマシンを設置したお部屋
  12. 趣味部屋と合わせて使う
  13. 筋トレ部屋を作る際のポイント
  14. ①筋トレ内容を考える
  15. ②ホームジム作成場所を決める
  16. ③床を傷つけないように補強する
  17. ④器具は収納可能なものを選ぶ
  18. ⑤インテリアを追加する
  19. 筋トレ部屋は作って後悔しない?
  20. 自分の好きな時間にトレーニングできる
  21. 周りの視線を気にしなくても良い
  22. 病原菌の感染予防になる
  23. 寝る場所がなくなる
  24. 引っ越しや処分が面倒
  25. 部屋を片付ける前に置いてしまった
  26. 物で溢れかえってしまう
  27. 洗濯するスペースがなくなる
  28. 筋トレ部屋を作る為に必要なアイテム
  29. ジョイントマット
  30. ベニヤ板
  31. クッションフロア
  32. トレーニングベンチ
  33. ダンベル
  34. バーベル
  35. パワーラック
  36. 壁掛けテレビ設置器具
  37. 壁掛け時計
  38. 全身鏡
  39. 筋トレローラー
  40. 筋トレ部屋を作って継続できる環境に!

バーベル

出典:https://item.rakuten.co.jp/goldsgym/0885652011778/?iasid=07rpp_10095___eg-khh59tb2-8i-20c8ee17-5c6b-496d-817e-b43e15eecb32

筋トレ部屋をさらに豪華にしたい方はバーベルを設置すると良いでしょう。バーベルはダンベルよりも負荷をかけてトレーニングしたい方におすすめです。

バーベル
バーベル

(ダンベルとバーベルの違いについては以下の記事も参考にしてみてください)

ダンベル・バーベルの違いは?どっちを使うべき?各特徴〜メリデメを解説!

パワーラック

出典:https://item.rakuten.co.jp/wasai/mk780/?iasid=07rpp_10095___ex-khh5ai3i-9p-755c5e06-7732-41f1-9391-3753d6687eb2

購入したいバーベルが決まったら、バーベルを置くための専用スタンドが必要になります。ハーフタイプやボックスタイプなどさまざま種類が販売されていますが、自分の筋トレ部屋のレイアウトや間取りを計算して合うものを購入しましょう。

パワーラック
パワーラック

壁掛けテレビ設置器具

出典:https://item.rakuten.co.jp/ace-of-parts/plb-117m/?iasid=07rpp_10095___ef-khh5bbuk-1ua6-9d50e8b5-afb8-4ced-b85f-a13effb025d6

トレーニングマシンの設置が終わったら、次は家具のレイアウトです。テレビを壁掛けタイプにすることで、スペースの節約が可能になります。筋トレ部屋にテレビを置くメリットとして、正しいトレーニングフォームを動画で見ることができたり、テレビを視聴しながら筋トレを行うことでモチベーションを維持することに繋がります。

壁掛けテレビ設置器具
壁掛けテレビ設置器具

壁掛け時計

出典:https://item.rakuten.co.jp/mystyleshop88/jd08-1/?iasid=07rpp_10095___eh-khh5d3tg-94-df93cc48-f359-4620-b494-130504fb6d1f

時計も壁掛けタイプにすることで、狭い部屋でもすっきりとした筋トレ部屋をつくることができます。筋トレの時間を計測する上でも時計は非常に重要なアイテムですが、レイアウトとしても部屋をおしゃれに見せることもできます。

おすすめは温度や湿度を表示してくれるデジタル壁時計です。適切な温度で筋トレを行うことによって筋肉の保護にも繋がります。壁を傷つけずに置くことができる壁掛け時計も販売されているので、是非チェックしてみてください。