腕立て伏せで手首が痛い原因&対策!初心者向けに正しいフォームまで解説!

腕立て伏せは大胸筋・上腕三頭筋・三角筋前部を鍛えるのに人気の自重筋トレですが、中には行っている最中に手首が痛くなる方もいるようです。なぜ痛みが出てしまうのか、手首が痛くなる主な原因と対策、併せて腕立て伏せの正しいやり方・フォーム・注意点を解説します。

撮影 |パーソナルトレーナー ずーみー(泉風雅)
YouTube 【所属】早稲田大学スポーツ科学部、早稲田大学バーベルクラブ 【経歴】2017全日本学生ボディビル優勝、JOC日本ジュニアボディビル優勝、2018全日本学生ボディビル準優勝、...
YouTube 【所属】早稲田大学スポーツ科学部、早稲田大学バーベルクラブ 【経歴】2017全日本学生ボディビル🥇優勝、JOC日本ジュニアボディビル🥇優勝、2018全日本学生ボディビル🥈準優勝、関東学生ボディビル🥇優勝(2年生時での優勝は30年ぶりの快挙) Twitter

目次

  1. 腕立て伏せで手首が痛い…
  2. 間違ったやり方を身につけている人が多い
  3. 腕立て伏せをすると手首が痛い原因
  4. 腕立て伏せをすると手首が痛い対策
  5. 腕立て伏せの重心は手首の付け根
  6. 腕立て伏せのサポート器具・プッシュアップバーとは
  7. それでも手首が痛い場合は…
  8. 腕立て伏せの正しいフォームを見直してみよう
  9. 腕立て伏せの正しいフォーム
  10. 筋トレ初心者は、膝つき腕立て伏せから始めよう
  11. 腕立て伏せで手首が痛い原因はフォームにある!

膝つき腕立て伏せは通常の腕立て伏せよりも負荷が軽いので、初心者でも楽にできる人が多いようです。回数・頻度よりも、まずは正しいフォームで行うよう意識しましょう。

ずーみー

(泉風雅)

膝から頭までを一直線にするのがポイントです。正しいフォームで限界の回数を行うことをおすすめします。

(膝つき腕立て伏せについては以下の記事も参考にしてみてください)

膝つき腕立て伏せの効果&やり方!筋トレ初心者もできるフォームのコツを解説

腕立て伏せで手首が痛い原因はフォームにある!

腕立て伏せは、正しいフォームで行えば手首に痛みを感じることはありません。腕立て伏せで手首が痛くなる人は、重心が間違っている可能性が考えられますので、いま一度自分のフォームを確かめ、体重がどこにかかっているか確かめてみましょう。

腕立て伏せの正しいフォームが身に付き、効率よく筋肉が鍛えられるプッシュアップバーを取り入れるのもおすすめです。たくましい大胸筋・上腕三頭筋・三角筋前部を作るためにも、まずは正しいフォームを身につけ、効率の良い筋トレを行いましょう。

腕立て伏せには、上級者向けの「ワイドプッシュアップ」「ヒンズープッシュアップ」など様々な種類があります。手首の痛みが取れたら膝付き腕立て伏せから始め、徐々に上級者向けへとステップアップしていってください。

関連する記事