坊主するメリット&デメリット15選!成功・後悔の体験談も!決意ができる!

坊主のメリットやデメリットについて紹介します。坊主は怖いと思われる一方で美容院に行かなくていいなどのメリットがあります。坊主に興味を持ちながら勇気が出ない人や、これから坊主にしたいけど後悔しないか心配な人に向けて坊主にした人の体験談についても紹介します。

目次

  1. 坊主にするのはメリットしかない!
  2. 坊主にするメリット15選!
  3. ①坊主は夏が涼しい
  4. ②坊主は濡れてもすぐ乾く
  5. ③坊主は節約ができる
  6. ④坊主は清潔で爽やかさがある
  7. ⑤坊主は朝が楽
  8. ⑥坊主はハゲをごまかすことができる
  9. ⑦坊主は若く見られる
  10. ⑧坊主は帽子がズレない
  11. ⑨坊主は男らしさがある
  12. ⑩坊主はセルフで手軽にできる
  13. ⑪坊主は意外とモテる
  14. ⑫坊主はイケメン度が目立つ
  15. ⑬坊主は帽子が被りやすい
  16. ⑭坊主は白髪が目立たない
  17. ⑮坊主は髪型に悩む必要なし
  18. こういった人は坊主にすべき!
  19. 薄毛をごまかしたい人
  20. 朝の時間を短縮したい人
  21. 節約したい人
  22. 暑がりな人
  23. 白髪に悩む人
  24. 坊主にするデメリット15選!
  25. ①坊主は日焼けしやすい
  26. ②坊主はすぐ伸びる
  27. ③坊主は怖いと思われる
  28. ④坊主は頭から汗が流れる
  29. ⑤坊主はハゲと思われる
  30. ⑥坊主は悪いことをしたと思われる
  31. ⑦坊主は怪我しやすい
  32. ⑧坊主は頭の形が目立つ
  33. ⑨坊主は必要以上に触られる
  34. ⑩坊主は洋服がひっかかる
  35. ⑪坊主は冬が寒い
  36. ⑫坊主はアレンジしにくい
  37. ⑬坊主は面接で不利になることがある
  38. ⑭坊主は皮脂が臭い
  39. ⑮坊主は伸びるまで大変
  40. こういった人は坊主にするのを止めるべき!
  41. 頭の形が悪い人
  42. ヘアアレンジしたい人
  43. 頭皮が弱い人
  44. 薄毛と思われたくない人
  45. 怖いと思われたくない人
  46. 坊主にして良かった人の体験談
  47. 楽すぎて髪の毛伸ばせない
  48. 色々な人から話しかけられる
  49. ストレスから解放される
  50. 坊主にして後悔した人の体験談
  51. 髪の毛を染めることができない
  52. 坊主にしたら失敗した
  53. 寒くて後悔
  54. 坊主はメリットの多い万能ヘアスタイル

坊主のデメリットは、地肌が近いため日焼けしやすいところにあります。日差しが強い夏は、海やプール、アウトドアレジャーを楽しむと、あっという間に頭皮まで日焼けすることがあるでしょう。炎天下の中歩くだけで日焼けする可能性もあります。

日焼けすると、頭皮が剥けてしまうため、フケが出ている印象を持たれることもあるでしょう。また、日焼けによる頭皮のダメージが強く痛みを感じる可能性もあります。

(坊主のフケの悩みについては以下の記事も参考にしてみてください)

坊主なのにフケが…。髪が無くても出る?原因〜絶対に治る対策まで解説

②坊主はすぐ伸びる

坊主のデメリットにはすぐ伸びるというものがあります。失敗した時や後悔した時には、すぐ伸びるのがメリットにもなりますが、坊主がお気に入りになった場合にはデメリットになるでしょう。

普段のヘアセットなどでの手入れはいらないですが、伸びるのが早い分、すぐ切る必要もあります。また、伸びっぱなしの坊主はダサいと思われることもあるため、不便さを感じやすいのも事実です。

③坊主は怖いと思われる

坊主は3mmや5mmなどの長さが短くなるほど怖いと思われることが多いでしょう。坊主であるだけで、悪いことをしている人という印象を抱かれがちです。ただ坊主が好きで坊主にしているだけなのに怖いと思われるのはデメリットになります。

坊主というだけで印象が悪くなることで、外見だけで判断されることもあります。例えば、面接などでは不利になることも多いでしょう。怖いと思っていたら優しかったといういいギャップを与えることもできますが、第一印象ではデメリットになることが多くなります。

④坊主は頭から汗が流れる

坊主は、汗を受け止めてくれる髪の毛が短いのが特徴です。そのため、顔まで汗が流れてきたり、首まで汗まみれになることがあるでしょう。タオルで拭いてもすぐに汗をかいてしまいます。

汗が流れるため、常に汗を気にする必要があるというのもデメリットになるでしょう。日差しも直で当たるため、余計に汗が出てきます。坊主になってから前よりも汗かきになったという人もいるでしょう。

⑤坊主はハゲと思われる

坊主にしただけでハゲや薄毛と思われるのはデメリットです。ハゲていないのに坊主にすると、あだ名がハゲになるという人もいます。ある日突然、坊主にしたら「薄毛が気になるのかな?」と思われることもあるでしょう。

好きで坊主にしているのに薄毛の印象を持たれるのは嫌なことです。坊主に薄毛のイメージがついているため、仕方がないにしても周囲の目が気になるでしょう。

⑥坊主は悪いことをしたと思われる

坊主にすると、「何か悪いことでもしたから反省のための坊主?」と思われがちです。学生時代に校則違反をして坊主にした、遅刻ばかりして反省しないために坊主にしたという経験がある人もいるでしょう。また、何かをしたために罰を受ける意味を込めて坊主にするという人もいます。

出家などのイメージを持たれることもありますが、やはり反省が必要だから坊主にしたと思われることのほうが多いでしょう。好きで坊主にしただけの場合は、変なイメージを持たれて嫌な気持ちにもなるでしょう。

⑦坊主は怪我しやすい

転んで頭をぶつけた時、坊主は頭を守ってくれたりクッションになってくれる髪の毛が短いため、怪我しやすいというデメリットがあります。髪の毛が長ければ、そこまで大きな怪我にはなっていなかったということもあるでしょう。

また、怪我をした時に傷の部分が目立つというデメリットもあります。痛々しい傷が丸見えになるので、周りに気を遣ってしまうこともあるでしょう。