12時間ダイエットの効果&やり方!NG例〜1ヶ月で痩せた人の体験談まで紹介!

夕食から12時間あけて朝食をとるダイエットが12時間ダイエットです。12時間ダイエットを1週間から1ヶ月行った場合どのくらい痩せることができるのでしょうか。やり方や効果、ビフォーアフターや体験談、挑戦している芸能人などを詳しく紹介します。

目次

  1. 12時間ダイエットとは?
  2. 12時間ダイエットの効果
  3. 余分なエネルギー・貯蓄を作らない
  4. 消化器官・機能を正常化にすることができる
  5. 便秘が改善されやすい
  6. 継続しやすい
  7. 12時間ダイエットのやり方
  8. 夕食から朝食までは時間をあける
  9. 朝食から夕食まで12時間あける方法もあり
  10. 飲み物はお茶やお水をメインにする
  11. 12時間ダイエットのコツ&注意点
  12. 摂取カロリーを意識する
  13. 食事回数はこまめに分ける
  14. お菓子などの間食OK
  15. 有酸素運動と一緒に行う
  16. 12時間ダイエットはリバウンドも多い?
  17. リバウンドをしてしまう原因・理由は?
  18. リバウンドしないための対策
  19. 12時間ダイエットが向いている人の特徴
  20. 8時間・12時間・16時間ダイエットはどれがいいの?
  21. 8時間ダイエットの魅力&注意点
  22. 16時間ダイエットの魅力&注意点
  23. 12時間ダイエットで痩せた人の体験談
  24. 朝食を食べる習慣ができた
  25. 数日で効果が出たという声もあり
  26. ストレスがない
  27. 体重が増えがちな時期でも効果が出る場合も
  28. 芸能人:西野カナさんも成功している
  29. 12時間ダイエットは簡単で効果が出やすい!

12時間ダイエットとは?

12時間ダイエットは皆さんご存じでしょうか?12時間ダイエットはわかりやすく言えば「夕食から12時間あけて朝食をとる」という比較的簡単に挑戦しやすいダイエット法になります。

12時間あけたぐらいでは痩せないのではないかと不安になって調べる人も多いので、こちらの記事では12時間ダイエットのやり方や注意点・体験談などを解説します。

12時間ダイエットの効果

多くの人が12時間ダイエットの効果について気になるのではないでしょうか。12時間ダイエットは単純に痩せるだけでなく、体にいい影響も与えてくれる可能性が高くなります。

12時間ダイエットから生み出すことができる効果について詳しく解説しますので、12時間ダイエットが気になる人は必見です。

余分なエネルギー・貯蓄を作らない

ダイエットしているのにも関わらず成功しないという人で多い例が、次のようなケースです。

・必要な運動をしていない
・朝食抜き状態を作る
・必要以上に食事をとる

上記のケースが挙げられ、特に気をつけないといけないのがエネルギーをとり過ぎて脂肪に変換されるケースです。必要なエネルギー以上に食事をとってしまうと当然エネルギーを蓄える脂肪に変換されます。

消化器官・機能を正常化にすることができる

12時間ダイエットは消化器官に優しいダイエットでもあります。夕食は1日の食事の中で最もカロリーの摂取量が多い食事である場合が多いですが、食事の量・カロリー数が多いとどうしても消化器官に負担をかけます。

12時間ダイエットを行うことで消化機能を活発化させ、内臓や腸などの消化器官を休ませてあげる時間を作ることができるのです。暴飲暴食をしてしまう人は太りやすくなりがちですが、12時間ダイエットは逆で痩せやすい体づくりを行うことができます。

便秘が改善されやすい

消化器官などを正常化させることができる12時間ダイエットは、便秘改善効果も期待できます。前述でも少し触れましたが12時間ダイエットは食事の時間をあけるため、脂肪が燃焼に力を入れる時間と腸などの消化器官を休ませる時間を確保することも可能です。

空腹状態の時間が腸内環境を整えてくれるため、休みを取ることができた腸がしっかりと働いてくれて脂肪燃焼や便秘改善効果が期待できるでしょう。

継続しやすい

12時間ダイエットの効果として継続効果も期待できます。空腹ダイエット・断食ダイエットなどを行う人もいますが、断食は空腹期間が長すぎて逆に消化器官などを壊してしまう場合が多いです。

一方、断食などとは違って12時間ダイエットは炭水化物やお酒を抜いたらいけないというわけではないので、我慢する必要がありません。カロリー計算などは必要ですが、断食と比べて無理のない状態を作ることができるため、ダイエット効果が期待できるでしょう。

12時間ダイエットのやり方

関連する記事